2020世代で強豪校の注目選手

大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

言わずと知れた強豪・大阪桐蔭ですが、藪井駿之裕選手が主将を務める2020年の世代も戦力が充実しています。

2019夏には大阪大会で敗れ、甲子園出場を逃したこともあり、全国の高校野球ファンも新チームへの期待が高まっていますね!

2019秋の近畿大会では準決勝で敗れたものの大阪大会を制しており、2020春のセンバツ甲子園出場は濃厚な大阪桐蔭の、注目選手を特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020新入生は?メンバーは逸材揃いで過去最強との声も!

2020大阪桐蔭はドラフト候補の注目選手がズラリ

はじめに攻撃面から触れていきますが、前チームから主力として活躍していたメンバーが残っているのは大きな強みと言えるでしょう。

まず注目すべきは、ドラフト候補としても名前が挙がる右の強打者・西野力矢選手

豪快なバッティングが話題になっている一方で、抜群のミート力も兼ね備えており、大阪桐蔭の強力打線においてもひと際目立つ存在です。

2019秋の公式戦でも42打数20安打で打率4割7分6厘をマークしていますし、全国区の強打者として注目を集めることは間違いありません。

また、その西野力矢選手と並んで相手バッテリーの脅威になるのが、仲三河優太選手ですね。

左打席でのスイングスピードは目を見張るものがありますし、身長180cm・体重90kgのどっしりとした体格は打席での威圧感も満点。

鋭い打球を連発する左の強打者は選球眼も素晴らしいだけに、2020ドラフトにも期待がかかります。

さらに前チームで四番に座ったこともある船曳烈士選手もホームランが期待できる右のスラッガー。

西谷浩一監督からは「飛距離よりも確実性を」との言葉もありますが、2019秋の公式戦では4割7分4厘のアベレージを残し成長を見せています。

中軸を担うメンバーの破壊力も全国トップクラスですし、大阪桐蔭の強力打線は2020世代でも健在ですね…!

Sponsored Link

2020大阪桐蔭のキーマンと見ている3人の注目選手

前述の通り、強打者が並ぶ打線において、個人的にキーマンだと見ている3人のメンバーも紹介させてください。

まずショートを務める俊足巧打の伊東光亮選手

優れた打撃センスを誇る左打者で、2019秋の近畿大会準決勝・智弁学園戦でもサヨナラのタイムリーヒットを放ちました。

試合によっては下位打線に入ることもありますが、どの打順においても仕事ができる器用さは見事と言うほかありません。

俊足を活かして内野の要としても安定感のある守備を見せていますし、大阪桐蔭に欠かせない選手の一人でしょう。

その伊東光亮選手と二遊間を務めるのが加藤巧也選手で、右打者ながら一塁到達タイムが4秒1を誇る俊足の持ち主です。

2019秋の大会でも4割5分9厘の打率を残した上に、チームトップの4盗塁と、チャンスメーカーとしても大いに期待したいところ。

左右に打ち分けるバッティングは厳しいコースへの反応も良く、打席に入るのが楽しみな選手ですね…!

またもう一人、大阪桐蔭に欠かせない存在が吉安遼哉選手です。

2019秋からは捕手のポジションに就いており、守備でも持ち前の強肩を見せつけているほか、やはり左打席での存在感が尋常じゃないんですよね。

クリーンナップを打てる打力を持ちながら二番に入ったりもしますし、前チームでもスタメンで活躍していた強打者だけに目が離せない存在です。

近畿大会では怪我のため欠場となったものの、2020世代の中心選手の一人であることは間違いありません。

Sponsored Link

大阪桐蔭の注目選手は2019新入生のメンバーにも

大阪桐蔭の2019新入生は黄金世代と呼ばれるほどハイレベルな選手たちが揃っていますが、2019秋の時点ですでに頭角を現しているメンバーもいます。

まず今後の大阪桐蔭で中心選手となるであろう右の強打者・池田陵真選手

思いきりの良いバッティングで毎試合ヒットを放っており、2019秋の戦いでは主に一番・センターの定位置を掴んでいました。

力強いスイングに加えてミート力の高さも兼ね備えており、この選手の活躍からは目が離せません。

2019秋の公式戦でデビューを果たし、10試合で打率4割7分2厘。間違いなく全国区になる逸材でしょう。

さらに、大阪桐蔭の同世代で唯一、2019秋の大阪大会初戦でスタメンを勝ち取ったのが前田健伸選手です。

近畿大会では代打で出場してライトスタンドにホームランを叩き込んでいますし、甲子園でも活躍が楽しみな左のスラッガーですね!

身長176cm・体重85kgのどっしりとした体格から繰り出す、豪快なスイングは見ものです。

そしてもう一人、秋の近畿大会のあとで出場機会を得た藤原夏暉選手

2019年11月に福岡で行われた招待試合ではスタメンに名を連ねており、スイッチヒッターとして活躍を見せました。

走攻守三拍子揃った選手だけに、レギュラー争いに食い込んでくることを期待しています!

Sponsored Link

2020世代の大阪桐蔭は投手陣のメンバーにも注目

強力打線に加えて、2020世代の大阪桐蔭は投手陣の充実ぶりも見逃せません。

まず2019秋にエースを務めたドラフト候補の左腕・藤江星河投手は、キレのあるボールを武器に今後も投手陣を引っ張る存在になることは間違いないでしょう。

ストレートと変化球のコンビネーションで相手打線を翻弄できるピッチャーで、最速141キロの真っ直ぐは球速以上のスピードを感じます。

「野手でもイケるんじゃない?」と思わせるほどバッティングも良く、投打に期待できるポテンシャルの高さにはぜひ注目してみてください。

また藤江星河投手と並んで最上級生として大阪桐蔭投手陣を引っ張るのが、右の本格派・申原理来投手です。

身長183cm・体重90kgの恵まれた体格を活かし、140キロ台中盤の真っ直ぐを連発するパワフルなピッチングが魅力。

2019秋には練習試合を含め37イニングを投げていますが、奪三振が35と、ここぞという場面で三振を狙えるのも申原理来投手の強みでしょうね…!

2020春のセンバツ甲子園でベンチ入りする予定だった大型左腕の岩本賢志投手も急成長を遂げていますし、この世代は投手力も見逃せません!

Sponsored Link

2019秋に台頭した大阪桐蔭の次世代を担う注目選手

また、その藤江投手と並んでマウンドを任された下級生トリオも逸材揃いなんですよね…!

北海道出身の松浦慶斗投手は最速146キロのストレートが武器で、身長184cmのどっしりとした体格には風格が漂っています。

すでに2021ドラフトに期待の声も上がっている逸材ですから、甲子園でのピッチングにも大いに期待したい大型左腕です。

高めに甘く入ったボールを痛打される場面もありましたが、球威で押せる投手だけに甲子園でもぜひ観てみたいところ。

また2021世代で最初に公式戦のマウンドを踏んだのは竹中勇登投手でした。

中学時代に最速142キロをマークした真っ直ぐには力がありますし、マウンド上での落ち着きからも精神的な強さを感じさせる投手ですね。

リリーフでの登板にも動じないメンタルは、継投が鍵になる現代の高校野球においても欠かせないものだと思います。

そして、世代トップクラスの逸材として入学前から注目を集めていた関戸康介投手

明徳義塾中学から大阪桐蔭に進学したことでも話題になりましたが、やはりマウンドでの期待感は突出したものがあります。

中学で146キロをマークした真っ直ぐはもちろん、変化球の精度も含め完成度が高く、今後のピッチングからも目が離せません!

Sponsored Link

大阪桐蔭は2020甲子園の優勝候補予想も納得

2019秋から頭角を現した上野海斗選手坂玲哉選手をはじめ、ここでは書き切れない選手も多数いますが、大阪桐蔭の躍進は本当に楽しみですね。

捕手のポジションで熾烈なレギュラー争いを繰り広げる清水大晟選手も高い守備力でファンが多い選手ですし、2020世代のメンバーも層の厚さは群を抜いています。

今後も全国的にマークされることは間違いなく、常に優勝候補としてのプレッシャーと戦う側面は避けられないでしょう。

ただそれを跳ね返すことができるのもまた大阪桐蔭の強さだと思いますし、大いに期待してこれからも追い掛けていきたいと思います。

2020新入生も海老根優大選手をはじめ多くの逸材が加入しますから、大阪桐蔭の戦いは非常に楽しみです!

参考:履正社の2020注目選手|優勝メンバーに加えてドラフト候補も