2020世代で強豪校の注目選手

履正社の2020注目選手|優勝メンバーに加えてドラフト候補も

2019夏の甲子園で優勝を果たした履正社は、持ち前の攻撃力が健在で2020世代も楽しみなチームです。

前チームから主力のメンバーも残りますし、否が応でも優勝候補として二連覇には期待がかかるでしょうね!

この記事では、戦力が充実した履正社の注目選手を特集していきたいと思います。

参考:履正社の2020新入生を特集!注目選手が集結の豪華メンバーに期待

履正社の注目選手|優勝メンバーが圧倒的

前チームに続く躍進に期待の履正社ですが、2019夏の甲子園でも主力として活躍したメンバーが残ります。

まずリードオフマンとしてチームを牽引する池田凛選手

とにかくミート力に長けた左打者で、前チームでも二番打者として活躍を見せていましたね!

2019夏の甲子園決勝では星稜の奥川恭伸投手とも互角に渡り合っていましたし、対応力の高さも群を抜いています。

加えてセカンドの守備も申し分ない安定感がありますから、攻守の要になることは間違いありません。

また、クリーンナップを務める小深田大地選手は、左の大砲としてドラフト注目の逸材。

パンチ力は目を見張るものがあり、捕らえた打球の飛距離は超高校級といっても過言ではないでしょう。

前チームから中軸に座るだけに警戒も強まると思いますが、特大のホームランには大いに期待したいですね。

Sponsored Link

2020世代の履正社はバッテリーにも注目

優勝候補としても期待が高まる履正社は、バッテリーも高校トップクラスです。

エース右腕の岩崎峻典投手は、140キロ台中盤のストレートを武器に急成長。

打者の手元で鋭く変化するスライダーも一級品ですから、ドラフトに期待する声が多くなるのも納得です。

甲子園優勝投手を経験した数少ない一人として、これからの進化からも目が離せません。

そして岩崎投手とバッテリーを組むのが、強肩強打の関本勇輔捕手です。

2019秋の大阪大会決勝・大阪桐蔭戦でも豪快なホームランを叩き込みましたが、スイングスピードが速くスケールの大きさを感じさせます。

履正社の四番に座るのも納得で、打席での期待感がものすごい右打者なんですよね…!

遠投125メートルの強肩で捕手としても存在感を示していますし、攻守に頼れる主将はこれから全国的に知名度を上げていくでしょう。

Sponsored Link

履正社の外野は好打者揃いで熾烈な争い

ここまででも相当にハイレベルなチームであることがわかりますが、外野のレギュラー争いも熾烈です。

まず個人的に注目なのが大西蓮選手で、2019秋にはクリーンナップの一角を担っていました。

身長184cm・体重91kgの体格はユニフォームの上からでもわかる厚みがあり、打席での威圧感も高校生離れしたものを感じます。

ドラフト候補の小深田選手・関本選手と共に大西選手がクリーンナップで覚醒すると、履正社打線はさらに驚異になっていくでしょうね。

また両井大貴選手も、抜群の打撃センスを誇る左打者。

新チームでの激突となった大阪大会決勝・大阪桐蔭戦では5打数5安打と、ポテンシャルの高さを見せつけました。

広角に打てる選手だけに、甲子園でも暴れる姿が観たいです。

そして最後に、田上奏大選手も攻守に期待できる外野手です。

2019夏にもベンチ入りして甲子園優勝を経験していますし、センターのポジションでの守備力も素晴らしいものがあるんですよね。

また打球の速さに球場の観客が驚嘆するなど、左打者としてのバッティングも見逃せません。

熾烈な外野のメンバー争いにも、ぜひ注目していきましょう!

Sponsored Link

履正社の2020メンバーは頂点を狙える

イケメン選手としても人気の島野圭太選手をはじめ、他にも力のあるメンバーが多数控えている履正社。

内星龍投手衣笠遼投手らポテンシャルの高い投手も控えていますし、投手層の厚さも見逃せません。

2020世代も甲子園優勝を狙える顔触れだけに、その戦いぶりには注目していきたいですね。

ライバルである大阪桐蔭との激突も楽しみですし、履正社史上初の二連覇にも大いに期待していきましょう!

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック