2020注目の内野手

島野圭太(履正社)はバッティングに注目|イケメン野手は兄妹も話題

大阪の強豪・履正社で2年の2019秋からレギュラーとして出場を果たしている島野圭太選手。

中学時代には大淀ボーイズに所属し、チームの主軸として全国大会も経験しました。

履正社でも持ち前の打撃センスを活かして、2019秋の大阪大会からは上位打線で活躍を見せていますね。

野球一家で兄妹も話題になっている、履正社の島野圭太選手を特集していきましょう。

島野圭太の中学時代は大淀ボーイズ出身

右投げ左打ちの島野圭太選手は大阪府大阪市の出身で、中学時代は大淀ボーイズに所属していました。

中学3年時にはチームの主軸として全国大会も経験し、センスの光る打撃で注目を集めていましたね!

ちなみに大淀ボーイズでは、履正社で共に戦っている岩崎峻典投手とチームメイトでした。


2019夏の甲子園で優勝投手としてマウンドを経験した中学からのチーメイトを見て、ベンチ外だった島野圭太選手も胸に期するものがあったでしょうね…!

高校野球ではこういった原動力が選手を大きくしますから、より一層の成長を期待しています。

参考:岩崎峻典(履正社)の奪三振に注目|ドラフト注目右腕は球速だけじゃない

Sponsored Link

履正社・島野圭太は打撃センスに注目

2019秋からファーストのレギュラーを掴んでいる島野圭太選手は、強打の履正社打線で二番を任されるのも納得の打撃センスの持ち主です。

力みのない構えからコンパクトなスイングで、繋ぎ役として良い働きをみせているんですよね。

2019秋の大阪大会・東海大仰星戦でも、貴重な追加点となるセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ちました…!


巧みなバットコントロールで、ヒットゾーンに打球を運ぶ技術にも長けています。

また2019秋の近畿大会・京都翔英戦でも、先制点の起点となる右中間への二塁打を放っていますし、強打の二番打者として相手チームも警戒を強めるでしょうね。

2020ドラフト注目の小深田大地選手をはじめ強打者が揃う打線だけに、島野圭太選手の出塁は攻撃の鍵を握ってきそうです!

参考:履正社・小深田大地は中学で野茂ジャパン|ドラフト期待の大砲に注目

Sponsored Link

島野圭太はイケメンとしても履正社の顔に

島野圭太選手はプレーに注目が集まる一方で、その端正な顔立ちから「イケメン」という声も多く上がっています。


真剣にプレーしている姿もカッコイイと評判ですが、率先してチームメイトに声掛けをするなど、野球への姿勢も人気を集めている要因の1つになっていますね…!

四番で勝負強い打撃を見せる関本勇輔主将もイケメンとして話題になっていますし、履正社は今後も高校野球ファンの注目の的になっていきそうです。

参考:関本勇輔(履正社)は中学での強肩が凄い|イケメン捕手は強打にも注目

Sponsored Link

履正社・島野圭太は野球一家で兄妹も話題

兄は大阪桐蔭で甲子園を経験

2019秋から履正社のレギュラーとして活躍している島野圭太選手は野球一家で育ち、兄妹も凄いと話題になっています。

それぞれが中学時代を大淀ボーイズでプレーしたわけですが、4つ上の兄・凌多さんは大阪の名門・大阪桐蔭に進学をして甲子園の舞台を経験しました。

2019秋の時点では関西六大学の龍谷大学でプレーをしていますね!

妹・愛友利は全国優勝投手

また1つ下の妹・愛友利(あゆり)さんも中学時代を大淀ボーイズでプレーした野球女子で、兄たち同様に素晴らしい才能の持ち主です。

最速119キロのストレートと切れ味鋭いスライダー・チェンジアップを武器に、二人の兄が果たせなかった全国大会優勝を果たし、女子選手としては初のジャイアンツカップ優勝投手となりました。


高校では女子硬式野球部の名門・神戸弘陵でレギュラーとして活躍していますが、ひと足先に愛友利さんの方が全国区になりましたね!

ただ島野圭太選手もファーストのほかノックでは外野の守備に就くなど、攻守にポテンシャルの高さを見せていますし、甲子園で人気選手の仲間入りをする可能性は十分です。

履正社の主力として今後の活躍にも期待して、島野圭太選手を応援していきましょう!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック