2020注目の外野手

両井大貴(履正社)は中学日本代表|左の大器は悔しさを糧に伸びる

大阪の強豪・履正社で2年の2019秋から外野のレギュラーを獲得している両井大貴(りょうい だいき)選手。

小学時代からオリックスジュニアに選ばれたほか、中学では日本代表も経験している選手です。

優れた打撃センスを持つ左打者だけに、履正社でも存在感を示してくれることに期待ですね…!

これから一層の活躍に期待がかかる、両井大貴選手を特集していきましょう。

両井大貴は小中学時代から話題のプレイヤー

小学時代にはオリックスジュニア選出

右投げ左打ちの両井大貴選手は大阪府堺市の出身で、小学2年から西陶器ジュニアファイターズで野球を始めました。

青学野球部出身でプロのスカウトが視察に来るほどの選手だった父・伸博さんとは、家の前のスペースでティーバッティングをしていたんだとか。

その練習の甲斐もあって小学6年時には見事にセレクションを通過し、オリックスバファローズジュニアに選出されています。

背番号3を背負い、主将も任されていましたから、当時から優れた実力を持ち合わせていたことがわかりますね!

当時のチームメイトには2020ドラフト候補として名前が上がっている来田涼斗選手もいましたし、甲子園での対決なども楽しみです。

参考:来田涼斗がドラフト上位の理由|大阪桐蔭より明石商を選んだ強さとは

出身の松原ボーイズで日本代表を経験

泉ケ丘東中学への進学後、松原ボーイズに所属していた両井大貴選手ですが、中学3年時には実力の高さが認められてU15日本代表に選出されています。

アジアチャレンジマッチ2017では2試合にスタメンとして出場。

タイムリーヒットを含む5打数3安打と結果を残し、日本の優勝に貢献しました。


大阪大会でもしのぎを削る大阪桐蔭の仲三河優太選手とは日本代表でチームメイトでしたから、このライバル対決は今後も見逃せませんね!

出身の松原ボーイズでも主力として活躍していましたし、履正社での活躍も非常に楽しみです。

参考:仲三河優太(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学日本代表は怪我で野手転向?

Sponsored Link

履正社・両井大貴はバッティングに期待

履正社でもレギュラーを掴んでいる両井大貴選手ですが、一番の武器はやはりセンス溢れるバッティングでしょう。

身長173cm・体重80kgのどっしりとした体格から、鋭いスイングで広角に強い打球を量産しています。

2019秋の大阪大会・大阪桐蔭との決勝戦で見せた、5打数5安打の固め打ちは圧巻でしたね…!


左右の好投手からそれぞれヒットを記録していますし、難しいコースの変化球もヒットゾーンに運べる技術の高さを感じます。

池田凛選手小深田大地選手ら、前チームから主力だった左打者が並ぶ履正社打線においても、主役になれるポテンシャルは十分に秘めている選手と言えるでしょう。

参考:池田凛(履正社)は中学で関西選抜|抜群の野球センスで攻守の要に成長

Sponsored Link

両井大貴は履正社で大きく成長できる

中学時代に日本代表を経験するなど、世代トップクラスの選手として活躍してきた両井大貴選手ですが、履正社では悔しい思いも経験しました。

2年の2019春にようやくベンチ入りを果たしたものの、2019夏には再びベンチ外に。

自分がベンチ入りできない中でチームは甲子園優勝を果たしており、その輪の中に自分が入れなかった悔しさは想像に難くありません。


ただその悔しさがこれからの原動力になってくると思いますし、実際に2019秋の大阪大会、そして近畿大会でもレギュラーとして活躍を見せています。

冬のトレーニングでの成長次第ではさらに面白い選手になってくるでしょうから、甲子園での活躍もぜひ見てみたいですね!

ドラフト期待の関本勇輔選手大西蓮選手らとクリーンナップを争うようなバッターになっていってほしいものです。

これからも両井大貴選手の活躍に期待しつつ、引き続き応援していきたいと思います!

参考:関本勇輔(履正社)は中学での強肩が凄い|イケメン捕手は強打にも注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック