2021注目の内野手

藤原夏暉(大阪桐蔭)は次世代の主軸|中学日本代表の強打に大注目

黄金世代の再来とも呼ばれる大阪桐蔭の2019新入生で、中心打者への成長に期待がかかる藤原夏暉(ふじわら なつき)選手。

2019秋の公式戦でのベンチ入りはならなかったものの、その秋の招待試合にスタメン出場を果たすなどこれからが楽しみな逸材です。

中学時代には出身の和泉ボーイズで中学日本代表にも選出されており、豪快なバッティングは高校でも注目ですね…!

大阪桐蔭で次世代の主軸として期待の、藤原夏暉選手を特集してみました。

参考:大阪桐蔭の2019新入生は?メンバーはドラフト候補ズラリの豪華布陣

藤原夏暉は出身の和泉ボーイズで中学日本代表

藤原夏暉選手は和泉市立南池田中学の出身で、野球では大阪和泉ボーイズに所属していました。

豪快なバッティングが持ち味の強打者で、中学時代には柳田悠岐選手の名前を引き合いに出して紹介されたこともあります。

U15日本代表トライアウトの動画を見てもスイングの鋭さが伝わってきますね…!

※1分8秒からが藤原夏暉選手の打席です

2018世界少年野球大会で国際試合も経験するなど、中学から世代トップクラスの選手であったことは間違いありません。

ちなみに藤原夏暉選手は、南池田小学時代にも日本小学生ソフトボール連盟国際親善大会に出場しているんですよね…!

このあたりの経歴を見ても、幼い頃から打力に長けたプレイヤーであったことが伺えます。

日大三・星憂芽選手や報徳学園・南條碧斗選手ら、中学日本代表のチームメイトもすでに高校で主力として活躍していますし、藤原夏暉選手の今後には期待感しかありません。

参考:星憂芽(日大三)の身体能力が凄すぎる|中学日本代表の俊足強打

Sponsored Link

大阪桐蔭・藤原夏暉は打撃センスに注目

2019年11月に行われた「大牟田高校100周年記念招待試合」でベンチ入りメンバーに名を連ねた藤原夏暉選手。

大牟田戦では七番セカンド、福岡大大濠戦では八番ショートでスタメン出場を果たしました。

福岡大大濠戦では初回に回ってきた打席でタイムリーヒットを放つなど、早速実力の片鱗を見せていますね!


またスイッチヒッターとしての顔も見せてくれるなど、この選手は本当にバッティングが楽しみです…!

同世代の左スラッガー・前田健伸選手も非凡な打撃センスを見せていますが、ともに2019冬のトレーニングでどこまで伸びるかは見ものです。

参考:前田健伸(大阪桐蔭)は中学通算30発|スポーツ大将も出演の大砲に注目

Sponsored Link

大阪桐蔭・藤原夏暉はバッティングだけじゃない

鋭いスイングを見せる打撃に注目が集まる一方で、藤原夏暉選手の強みはそれだけではありません。

中学時代には和泉ボーイズで一番打者を務めていましたが、打力だけでなく俊足も兼ね備えたプレイヤーなんですよね!

走塁が大阪桐蔭の大きな武器になっていることは周知の事実ですし、機動力の面でも注目したいところです。


加えて、新チームで不動のショートとして出場していたキーマン・伊東光亮選手が2019秋の招待試合で捕手を務めたことにも驚きましたが、藤原夏暉選手は二遊間をこなす守備力の高さも見せました。

センターのポジションに就く池田陵真選手らと共に、攻守で大阪桐蔭に欠かせない選手になっていきそうですね…!

大阪桐蔭の「藤原」と言えばやはり2018ドラフトで1位指名を受けた藤原恭大選手(ロッテ)のイメージが強いものの、これから先は新しい藤原の台頭に期待しましょう。

高校野球ファンからもベンチ入りを熱望されるなど人気も高い選手ですし、中心選手への成長にも期待して、藤原夏暉選手のこれからを追い掛けていきたいと思います。

参考:大阪桐蔭・池田陵真は右の森友哉|中学日本代表の四番は主軸に座るか

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック