2019夏の甲子園見どころ

甲子園3日目の見どころと注目選手【2019夏】大島正樹はスーパー1年生

この記事では2019夏の甲子園、大会3日目の見どころと注目選手を紹介する。

好カードが続く3日目のスケジュールは以下の通り。

08:00~第1試合 米子東×智弁和歌山
10:30~第2試合 明徳義塾×藤蔭
13:00~第3試合 前橋育英×国学院久我山
15:30~第4試合 敦賀気比×富島

総合力に定評のある前橋育英と、激戦の西東京を制した国学院久我山の一戦は好ゲームになる予感しかしない。

各ゲームの見どころについて、ぜひ参考にしていただきたい。

日程ごとの注目選手と見どころに関しては以下にまとめているので、こちらもご確認を。

参考:甲子園4日目の見どころと注目選手【2019夏】習志野・飯塚が注目の初戦
参考:夏の甲子園2019【組み合わせ】日程ごとの見どころも紹介します

 

第1試合:米子東×智弁和歌山の見どころと注目選手

智弁和歌山の強力投手陣に対し、米子東打線がどんなバッティングを見せるか。

米子東の注目ポイント

米子東打線を引っ張るのは鳥取大会で打率6割を記録した四番の2年生・岡本大翔遊撃手。

身長189cm・体重88kgと恵まれた体格から豪快なバッティングを見せ、チームトップの9安打に加え2本のホームランを放った。


五番を打つ福島悠高一塁手もバックスクリーンを越える一発を放り込むなど、クリーンナップには力がある。

個人的には柔らかいバットコントロールを見せる左の好打者・山内陽太郎中堅手に期待。

ヒットメーカーの山内選手が智弁和歌山投手陣のボールを軽々とセンター前に運ぶようなバッティングを見せれば、この試合は非常に面白くなる。

個々のポテンシャルは高いだけに、エース左腕・森下祐樹投手の立ち上がりにも注目したいところだ。

参考: 米子東の注目選手【2019夏】左の好打者と右の強打者が存在感

智弁和歌山の注目ポイント

今年の智弁和歌山はとにかく投手陣の層が厚い。

149キロ右腕のエース・池田陽佑投手に、147キロを投げる2年生右腕・小林樹斗投手

抜群の制球力を誇るサウスポーの矢田真那斗投手と、1年生で140キロ超えの中西聖輝投手

伝統の強力打線に注目が集まる一方で、5試合でわずか1失点の堅守は見逃せない。

打線もドラフト注目の黒川史陽主将をはじめ、東妻純平捕手西川晋太郎遊撃手も5割を超える打率を残した。

四番に座る1年生・徳丸天晴選手は長打力と巧さを兼ね備える打者だけに、甲子園でブレイクするだろう。

50メートル5秒8の俊足を誇る細川凌平中堅手、天才的なバットコントロールを見せる根来塁左翼手にもぜひ注目したい。

参考:根来塁(智弁和歌山)が突然ドラフトで指名されても驚かないと思う

Sponsored Link

第2試合:明徳義塾×藤蔭の見どころと注目選手

試合巧者の明徳義塾と強打の藤蔭が対戦する3日目の第2試合は、打ち合いが予想される。

明徳義塾の名将・馬淵史郎監督と26歳の藤蔭・竹下大雅監督の采配にも注目。

明徳義塾の注目ポイント

そつのない攻撃で怪物・森木大智投手を擁する高知高校に勝利した明徳義塾。

打線はリードオフマン・古澤怜大中堅手の出来が大きく攻撃に影響するだろう。

俊足巧打の右打者だけに、藤蔭としてはこの打者をしっかりと抑えられるかが鍵になる。

また三番に入る2年生・鈴木大照一塁手は5割の打率を残しており、元々センスのあるバッティングを見せていただけに甲子園でも楽しみな右打者だ。


継投で勝ち上がってきた投手陣は4人のピッチャーが控えるが、軸になるのはエース左腕の林田大成投手と背番号10の右腕・山田圭祐投手。

ストレートとスライダーのコンビネーションが光る林田大成投手は安定感があり、藤蔭打線に対しても丁寧なピッチングが出来るか。

山田圭祐投手は10回で16個と投球回を上回る奪三振を見せており、キレのある縦のスライダーに注目だ。

藤蔭の注目ポイント

打線を引っ張るのは四番の塚本修平一塁手。大分大会では2本のホームランを放ったうえに、打率も5割2分6厘の成績を残した。

チームトップの10打点を挙げるなど勝負強さもあり、藤蔭としてはランナーを置いた状態で四番に回したい。

そのうえで注目したいのが俊足の樋口昇樹中堅手。4割超えの打率に加え4つの盗塁を決めるなど、非常に良い働きを見せている。

ほとんどの選手が3割以上の打率を残しているため、繋がりを見せる打線にも期待したいところ。


一方の投手陣は継投が鍵。片平真投手・小宮大明投手の両右腕にサウスポーの高田大樹投手と、ほとんどの試合を継投で勝ち上がってきた。

馬淵監督が率いる明徳義塾が相手だけに、継投のタイミングも試合の焦点になるだろう。

Sponsored Link

第3試合:前橋育英×国学院久我山の見どころと注目選手

関東勢同士の対決は、3日目屈指の好カード。

前橋育英のエース右腕・梶塚彪雅投手を相手に国学院久我山打線がどんな攻撃を見せるか。

前橋育英の注目ポイント

攻守に堅実な野球で勝ち上がってきた前橋育英は総合力が高い。

梶塚彪雅投手は群馬大会で与えた四球がゼロ(死球は5)。内角をこれだけ強気で突けるピッチャーもなかなかいないため、国学院久我山打線も手を焼くだろう。

その梶塚投手を引っ張る2年生キャッチャー・須永武志捕手も攻守に素晴らしく、梶塚投手をはじめとした投手陣のリードにも注目したい。


また、三番を打つ剣持京右二塁手やリードオフマンの丸山大河主将はいずれも左の好打者。

爆発的な長打力こそないものの、勝負強い打線を相手に藤蔭投手陣はしっかり粘れるかも見どころになる。

参考:前橋育英の注目選手【2019甲子園】イケメン主将と強気のバッテリー

国学院久我山の注目ポイント

早稲田実業との準々決勝でサヨナラ満塁ホームランを放った、四番の宮崎恭輔捕手には期待がかかる。

2018冬には東京都選抜にも選出された強打者で、チームトップの11打点を叩き出した。

また二番を打つ、右投げ左打ちの岡田和也右翼手は優れた打撃センスを持つバッター。

西東京予選ではチームトップの12安打をマークして打率は4割6分2厘と当たっており、甲子園でもチャンスメイクできるか。

伊藤佑馬二塁手や青木友宏三塁手も打率4割超えと好調だけに、下位打線からの得点も十分に期待できる。

全試合に先発したエース・右腕の高下耀介投手は、188cmの長身から投げ込むストレートに角度がある投手。

ピンチの場面で投げ込んでくるスプリットにも注目したい。

Sponsored Link

第4試合:敦賀気比×富島の見どころと注目選手

富島の黒木拓馬投手が素晴らしいピッチャーだけに、敦賀気比打線がどんな攻撃を見せるか。

敦賀気比の注目ポイント

敦賀気比打線の中心は四番の木下元秀左翼手。

身長182cm・体重86kgのどっしりとした体格の左打者で、2019春の北信越大会でも星稜・奥川恭伸投手が木下選手の打席では明らかにギアを上げて投げていた。

福井大会では打率が2割台とやや苦しんだものの、ポテンシャルは申し分ない強打者だ。

打線でもう一人キーマンとなるのが、先頭打者の1年生・大島正樹中堅手

小柄ながらパンチ力とスピードを兼ね備えた左の好打者で、実力通りのものが発揮できればスーパー1年生としてブレイクする可能性も十分にある。


また三番の杉田翔太郎一塁手も4割を超える打率を残しており、打線は強力だ。

一方で投手陣としてはエース・笠島尚樹投手がかなり良い。

ストレート・変化球ともにキレがあり、低めの制球力に長けた投手のため大崩れすることは考えにくい。

富島の好投手を相手に、敦賀気比の2年生エースがどんな投球を見せるかも見どころの1つだろう。

参考:大島正樹(敦賀気比)は京都嵐山出身|俊足強打で吉田正尚二世なるか

豊島の注目ポイント

富島は絶対的エース・黒木拓馬投手に注目したい。

140キロ台のストレートはノビがあり、スライダーの変化も鋭い好投手だ。

5試合で5失点と上々の出来だったが、このうち自責点は0。

2018秋の右肘手術からの復活だけに、甲子園のマウンドに懸ける想いも人一倍強いだろう。


打線は三番・黒田直人捕手や四番の黒木剛志中堅手ら4割を超えるバッターに注目。

加えて、リードオフマンの松浦佑星主将は素晴らしい左打者だ。チームトップの11安打を放ち、打率は6割を超えた。

得点・打点ともに多く、富島の攻撃は松浦佑星選手の活躍にかかる部分は大きい。

前チームでも先頭打者として出場していただけに、どこまで経験を甲子園で活かせるか。

投打共に力があるだけに、初の舞台で平常心を保てるかも重要になる。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック