2019夏の甲子園見どころ

甲子園4日目の見どころと注目選手【2019夏】習志野・飯塚が注目の初戦

この記事では、2019夏の甲子園4日目の見どころと注目選手を紹介する。

4日目のスケジュールは以下の通り。

08:00~第1試合 花巻東×鳴門
10:30~第2試合 飯山×仙台育英
13:00~第3試合 習志野×沖縄尚学
15:30~第4試合 高松商×鶴岡東

楽しみな初戦のカードとして期待の声が多い、習志野と沖縄尚学の対戦をはじめ、4日目の甲子園も非常に楽しみだ。

日程ごとのカードは以下を参考にしていただきたい。

参考:甲子園5日目の見どころと注目選手【2019夏】乱打戦必至の第2試合
参考:夏の甲子園2019【組み合わせ】日程ごとの見どころも紹介します

 

第1試合:花巻東×鳴門の見どころと注目選手

徳島大会5試合を一人で投げ抜いた西野知輝投手に対して、花巻東がどんな攻撃を見せるか。

花巻東の注目ポイント

劣勢でも動じない試合運びが際立つ花巻東は、岩手大会で苦戦した二人の打者に注目したい。

先頭打者の向久保怜央中堅手と、四番を務める2年生の水谷公省三塁手。

それぞれ岩手大会では打率2割台と振るわなかったものの、チームの中心打者であることは間違いない。

また、三番を打つ中村勇真主将はチームトップの10打点をマークした勝負強いバッティングにも注目だ。


投手陣では150キロに迫るストレートを投げるエース・西舘勇陽投手がドラフト注目右腕。

後ろには好左腕・中森至投手も控えるだけに、浦和博選手を擁する鳴門打線に対してどこまで普段どおりのピッチングが出来るか。

参考:花巻東の注目選手【2019甲子園】俊足の一・二番コンビは守備も鉄壁

鳴門の注目ポイント

優勝候補の徳島商業との準決勝を4対3で制して強さを見せた鳴門。

その出来に注目が集まる西野知輝投手は、左腕から140キロ近いストレートとスライダーのコンビネーションに注目だ。

全5試合を一人で投げ抜いた絶対的エースだけに、その出来が鳴門の命運を握るといっても過言ではない。


打線では前チームから中軸を打っていた四番・浦和博右翼手が軸になる。

徳島大会でも6割を超える打率を残しており、高校通算31本のホームランを放つパンチ力も素晴らしいものを持っている強打者。

五番・宮崎龍司中堅手も準決勝でホームランを放つなど森脇稔監督がキーマンに名前を挙げる打者だけに、甲子園でのバッティングにも注目したい。

Sponsored Link

第2試合:飯山×仙台育英の見どころと注目選手

飯山の打撃陣が仙台育英の強力投手陣をいかに打ち崩すかに注目が集まる。

飯山の注目ポイント

ノーシードから長野大会を制した飯山は、左右3人の投手陣の出来が鍵になる。

エース左腕の岡田恵太投手に背番号10の田原大聖投手・常田唯斗投手の両右腕と、いずれも状況に応じてマウンドに上がることが出来る。

個人的には2年生の常田投手に注目。140キロを超えるストレートを軸に、縦のスライダーも非常にキレがある。

端正な顔立ちでイケメンとしても甲子園を沸かせそうだ。


打線にも勝負強さがあり、二番・セカンドの若林陽生選手や五番・ライトの小林昂聖選手の打率は4割を超えている。

特に若林選手は5つの盗塁を決めている俊足選手だけに、先頭の大川陸主将と共に仙台育英の強力な投手陣に対してどんな対応力を見せるか。

参考:常田唯斗(飯山)がイケメンすぎる|ドラフト注目右腕は性格も最高だった

仙台育英の注目ポイント

入江大樹遊撃手・小濃塁右翼手・千葉蓮三塁手のクリーンナップは非常に力がある。

それぞれホームランを記録している上に、入江選手と千葉選手に関しては6割近い打率を残した。

小濃選手は打率2割台とやや苦しんだものの、本来は素晴らしい打力を誇る強打者だ。


また、今年の仙台育英は投手陣の層も厚い。

エースの大栄陽斗投手に背番号10の鈴木千寿投手に加え、左の笹倉世凪投手と右の伊藤樹投手は共に140キロ超えと、1年生としてずば抜けた実力を持つ。

それぞれ本格派としてエース格の投手が揃うだけに、甲子園でのピッチングにも期待したい。

参考:伊藤樹(仙台育英)は球速だけじゃない|豊富な球種で抜群の安定感

Sponsored Link

第3試合:習志野×沖縄尚学の見どころと注目選手

注目の習志野のエース・飯塚脩人投手と強打の沖縄尚学打線が激突。

習志野の注目ポイント

2019春のセンバツ準優勝の習志野は、粘り強さを見せて接戦を勝ち上がってきた。

堅い守備は健在で、その中心となるのが150キロを誇るエースの飯塚脩人投手

テンポよく投げる右の本格派で、球速だけではなくスライダーなどの変化球もキレる。

さらに2年生左腕の山内翔太投手が成長を遂げていることも大きい。

23回を投げて四球はわずかに1とコントロールが非常に良く、千葉大会決勝でも10個の三振を奪って完投。打ってはホームランも放っている。


また打線の中心である四番の櫻井享佑一塁手は左の好打者で、千葉大会での打率は5割を超えた。

投手陣に加え、ショートを守る角田勇斗選手ら守備は堅いため、いかに打線が奮起できるかがカギになる。

参考:習志野・飯塚脩人は中学で3番手|ドラフト右腕の球速が20キロ伸びた理由

沖縄尚学の注目ポイント

主軸の水谷瑠佳選手は沖縄を代表する好打者。

打率4割2分9厘をマークした沖縄大会ではホームランも含め、9本のヒットのうち6本が長打。

またリードオフマン・神里航平中堅手は攻守にスピード感があり、13の四死球で出塁するなど選球眼が抜群に良い。

打線ではこの二人の活躍は注目したい。


また投手陣はエース左腕の仲村渠(なかんだかり)春悟投手と、右腕の比嘉大智投手が軸になる。

永山蒼投手も含め3人の継投で勝ち上がってきたが、沖縄大会では6試合で25個と与四死球が多かった。

試合巧者の習志野に主導権を渡さないためには余計なランナーを出さないことが重要になるため、投手陣の制球にも注目したい。

参考:水谷留佳(沖縄尚学)の強打に注目|県内一と称される身体能力も凄い

Sponsored Link

第4試合:高松商×鶴岡東の見どころと注目選手

高松商のドラフト注目左腕・香川卓摩投手に対して、チーム打率3割8分9厘の鶴岡東打線が襲い掛かる。

高松商の注目ポイント

U18日本代表候補の左腕エース・香川卓摩投手は素晴らしい投手だが、右腕の中塚公晴投手も香川大会で力投を見せた。

投手陣はある程度計算できるため、決勝をサヨナラで制した打線に注目したい。


まず一番・センターの飛倉爽汰主将。センスのある右打者だが、香川大会では打率1割台と苦しんだ。

責任感がある選手だけにプレッシャーもあったかと思うが、甲子園ではのびのびと本来のバッティングを見せてほしい。

四番・岸本将翔左翼手、五番・浅野怜右翼手ら勝負強い打者が後ろに並ぶだけに、ランナーを得点圏に置いてクリーンナップに回したいところだ。

チームトップの11打点を挙げるなど、当たりに当たった七番の安部祐慧捕手にも注目。

準決勝で5点差を跳ね返した打線だけに、甲子園でも粘り強さに期待したい。

参考:香川卓摩(高松商)はドラフト注目|中学から四国屈指の左腕は抜群のキレ

鶴岡東の注目ポイント

5試合で50得点を挙げた強力打線は非常に力がある。

三番・山下陽生中堅手の打率は5割を超えており、攻守に存在感を示す素晴らしい選手。

大井光来捕手・丸山蓮左翼手と強打者が並ぶクリーンナップの打力は見ものだ。

後ろが強力だけに、一番・ショートの河野宏貴選手には注目したい。

山形大会では4割5分の打率を残しており、彼の出来は鶴岡東の攻撃陣に大きな影響を与える。

守備の要としても注目が集まるため、河野選手のプレーからは目が離せない。


また甲子園からエースナンバーを背負う池田康平投手・影山雄貴投手の両左腕が見せる投球にも注目。

強力打線に注目が集まる一方で、山形大会で失策1の守備陣も見逃せない。

参考:鶴岡東の注目選手【2019夏】破壊力を見せる強力打線と大型左腕

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック