<2019注目選手>

水谷留佳(沖縄尚学)の強打に注目|県内一と称される身体能力も凄い

ドラフト注目の宮城大弥投手を擁する興南を破った沖縄尚学で、主砲として打線を引っ張る水谷留佳(みずたに るか)二塁手。

1年から主軸を務めていた左の強打者ですが、持ち前の長打力を武器に甲子園での活躍にも期待がかかります。

高校通算30本以上のホームランを放っているパンチ力はもちろん、積極的に次の塁を陥れるスピードも兼ね備えるなど、比嘉公也(ひが こうや)監督も絶賛する身体能力も見逃せません。

注目のスラッガー・沖縄尚学の水谷留佳選手について詳しく見ていきましょう。

 

水谷留佳は出身のうるま東ボーイズで全国を経験

中学時代から注目の強打者

強打に注目が集まる水谷留佳選手は、中学時代から優れた打撃センスを見せていました。


出身のうるま市立高江洲中学では「うるま東ボーイズ」に所属。クリーンナップを打つ中心選手として全国大会にも出場していますね。

沖縄代表として挑んだボーイズ選手権では1回戦で敗退を喫したものの、スイングの強さは当時から突出したものを持っていた選手です。

沖縄県予選ではMVPも

中学時代の水谷留佳選手は全国大会を懸けた沖縄県予選で素晴らしい活躍を見せており、チームの優勝と共に最優秀選手賞を受賞しました。

決勝のうるまボーイズ戦では3点ビハインドから追撃ののろしを上げる三塁打を放ち逆転勝利に貢献したほか、準決勝の豊見城ボーイズ戦でもホームランを記録。

加えて決勝戦では先発マウンドに上がり投手としても才能を見せていますし、MVP受賞もなんら不思議ではありませんね…!


興南の宮城大弥投手も中学時代から有名な投手でしたが、その選手と対戦する道を選び、決勝戦で名勝負を繰り広げたあたりが本当に見事です…!

参考:興南・宮城大弥がドラフト上位と評される理由はチェンジアップにある

Sponsored Link

水谷留佳が沖縄尚学で注目される3つの理由

高校通算30ホームラン以上の強打

水谷留佳選手は沖縄尚学の中心選手として注目を浴びているわけですが、まずストロングポイントを語る上で強打を誇るバッティングは欠かせません。

高校通算ホームランは30本を越えており、夏の甲子園での一発には否が応でも期待がかかりますね!

身長176cm・体重80kgのがっしりとした体格で、これまでも何度もスタンドへ運んでいるスイングスピードの速さは素晴らしいものを持っています。

横浜DeNAの筒香選手を目標としているとのことですが水谷留佳選手もスケールの大きさが際立つ逸材ですし、ロングが打てる強打者として、これからの成長にも注目ですね!

逆方向に打てる打撃技術

鋭い当たりを放つ水谷留佳選手のバッティングは、広角に打てる点にも魅力があります。

引き付けてレフト方向に打てるパワーは相手バッテリーにとっては脅威でしょう。


バットコントロールの巧さもありますし、 逆方向にこれだけの飛距離が出るあたりも強打者たる所以です。

強豪・沖縄水産との対戦でもレフトオーバーの二塁打で貴重な追加点をもぎ取っており、この試合を決定づける一打だったといえるでしょう。

強さだけでなく巧さも兼ね備えている左打者ですから、甲子園の舞台でもぜひ暴れまわってほしいものですね!

身体の強さも一級品

バッティングで見せる能力の高さに加え、水谷留佳選手は身体能力にも注目が集まっています。

比嘉監督も「沖縄県一」と称する身体の強さに支えられて、練習の虫である水谷留佳選手がさらにレベルアップしてったと言っても過言ではありません。

実際に2018秋に敗れてからの練習量(特にバッティング)は相当なものだったそうで、これも自信に繋がっていると本人も語っていました。

また走塁で見せる脚力や中学時代にピッチャーも務めていた肩の強さなど、随所にポテンシャルの高さが見える選手でもありますし、甲子園での強敵との対戦も非常に楽しみです。

柔軟性もあり変化球への対応も上手なバッターだけに、個人的にはドラフト1位確定とも言われている星稜・奥川恭伸投手との対戦がぜひ観てみたいですね…!

2019夏の甲子園を盛り上げてくれる選手の一人として、沖縄代表のスラッガーに注目していきたいと思います。

参考:奥川恭伸が中学時代に見せた大器の片鱗|ドラフト注目右腕の根底にあるもの

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック