2020世代で強豪校の注目選手

智弁和歌山の2020注目選手|メンバーの総合力は全国トップクラス

智弁和歌山は例年強いチームを作り上げてくることでも有名ですが、2020世代も甲子園での上位進出に期待がかかります。

メンバーも投打に層が厚く、総合力は全国的にもトップクラスと言えるでしょう。

甲子園の優勝候補にも名前が挙がる、智弁和歌山の注目選手をピックアップしてみました。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

2020智弁和歌山を支えるドラフト候補の注目選手

まず2020世代のメンバーを語る上で欠かせない二人からお伝えしていきましょう。

前チームから主力で活躍し、2019夏の甲子園でもホームランを放った細川凌平選手

優れたバットコントロールに加えて対応力の高さも素晴らしく、高い打率を残すことができるバッティングは世代トップクラスといっても過言ではないでしょう。

加えて50メートル5秒8の俊足に遠投も100メートルを超えるなど身体能力も高く、個人的にU18日本代表の外野手を選ぶなら一番に名前を挙げると思います。

2020世代では主将としてもチームを引っ張る立場ですが、以前にも増してリーダーシップを発揮するようになっている姿は頼もしい限りですね!

黒川史陽前主将(2019楽天ドラフト2位)からのバトンは、細川凌平選手によって確かに引き継がれました。

また投手陣の軸となるのが、150キロに迫るストレートを投げ込む小林樹斗投手です。

2019春のセンバツ甲子園で147キロをマークして話題になりましたから、ご存知の高校野球ファンも少なくないでしょう。

球速だけでなく質の高いストレートで空振りを奪えるほか、鋭い変化球も投げられるだけに、2020年の戦いではさらに対戦相手の警戒が強まることは必至です。

2019秋にはやや調子を落としているように見受けられたものの、ポテンシャルの高さを考慮すると心配も野暮に感じてしまいますね…!

二人のドラフト候補はそれぞれ絶対的な存在感を放つ選手ですから、甲子園での躍進にも大いに期待したいところです。

Sponsored Link

2020世代で智弁和歌山打線の中軸に座るメンバー

伝統ある智弁和歌山の強力打線の中で、特に気になる3人を見ていきましょう。

まず1年の2019春から四番に座っている右の強打者・徳丸天晴選手

ホームランが期待できる長打力はもちろんのこと、チャンスでしっかりと仕事ができる器用さも見逃せません。

力任せに振り回すだけではない確実性も兼ね備えていますし、これからも智弁和歌山打線の中軸を任されるだけの実力は十分に秘めているバッターと言えるでしょう。

そして、2019秋からの新チームでクリーンナップに入っている平田晃将選手にも注目です。

持ち前の守備力の高さで内野の要として活躍する一方で、左右に打ち分けられるバッティングでも非凡なセンスを感じる右打者なんですよね…!

個々のレベルが非常に高い智弁和歌山ではありますが、平田晃将選手がクリーンナップでさらに存在感を示すようになると、2020世代はもうワンランク上のチームに生まれ変わるのではないでしょうか。

主役になれるポテンシャルは秘めている選手ですから、これからの伸びしろも目が離せません。

加えて打線のキーマンになり得ると感じるのが、パンチ力を秘めた右打者・川上珠嵐選手。個人的にもめちゃくちゃ期待しています。

175cm・体重85kgのどっしりとした体格で中軸を打てるバッターであることはもとより、愛嬌のあるキャラクターがたまらないんですよね…!

無条件で応援したくなるような雰囲気を漂わせていますし、球場の空気を一気に変えられる貴重な存在です。

チームに勢いを与えられる選手でもありますから、川上珠嵐選手のバッティングにはぜひ注目してみてください。

Sponsored Link

2020智弁和歌山は投手陣も期待のメンバーが揃う

強力打線に注目が集まる一方で、2020世代の智弁和歌山は投手陣の層の厚さも見逃せません。

その筆頭が、左腕から繰り出すキレのあるボールで試合を組み立てる矢田真那斗投手

ドラフト候補の小林樹斗投手と並び、エース級の活躍を見せるサウスポーです。

スリークォーター気味の位置から投げ込むボールは直球・変化球ともに抜群のキレがあり、生命線となるコントロールも優れたものを持ち合わせているんですよね。

複数の投手で勝ち上がる今の時代、矢田真那斗投手の存在は智弁和歌山にとって非常に大きな意味を持ちます。

そして、1年の2019夏もマウンドに上った本格派右腕の中西聖輝投手も、今後が楽しみな注目株です。

2019秋の時点ですでに最速142キロをマークしているほか、変化球の精度も高く、全国区の選手として知れ渡るのも時間の問題でしょう。

今後の智弁和歌山を支える投手としてファンからも期待されている逸材だけに、2020年のピッチングを見るのが非常に楽しみです。

また投手陣のなかで奮起に期待したいのが、早くから頭角を現していたサウスポー・池田泰騎投手

2019年には調子を落としてベンチ外も経験したものの、1年だった2018秋には大阪桐蔭を相手に好投を見せるなど、甲子園出場に大きく貢献した投手です。

2019秋に復調の兆しは見せていましたし、これから本来の姿を取り戻してくれるでしょうから、マウンド上で躍動する姿をぜひ見せてほしいですね!

Sponsored Link

智弁和歌山の次世代メンバーも注目選手がズラリ

2020世代も戦力が充実している智弁和歌山で、新チームから活躍しているメンバーのこれからも見ものです。

2019秋の和歌山大会でレフトスタンドにホームランを放った高嶋奨哉選手はその筆頭です。

前監督の高嶋仁さんの孫ということが話題になっていますが、素晴らしい打撃センスを持ち合わせた右打者なんですよね。

打球の速さも見ものですし、右方向にも鋭い打球を飛ばせるバッティングはこれからクリーンナップを任されるようになっていくでしょう。

また、捕手のポジションで存在感を示した石平創士選手も次世代を担う選手の一人です。

中学時代には関西ナンバーワン捕手とも呼ばれていた実力は確かで、これから守備の要として欠かせない存在になるでしょう。

また勝負強いバッティングにも期待できますし、イケメン捕手としてすでに高い人気を誇る選手でもあるんですよね…!

さらには主軸候補のスラッガー・角井翔一朗選手も虎視眈々とチャンスを狙っています。

長打力が自慢で広角に飛距離が出せる左打者だけに、今後はクリーンナップに座る存在になってくるでしょうね!

智弁和歌山の左打者はアベレージヒッターが多いだけに、長距離砲としてどこまでの成長を遂げるかは見もの。

打力の高い打者が並びますから、この先も智弁和歌山を支える選手に成長していくでしょう!

Sponsored Link

2020智弁和歌山のメンバーは俊足ぶりにも注目

強力打線に期待がかかる智弁和歌山ですが、俊足を売りにするメンバーも光ります。

特に2020シーズンのキーマンと見られている、俊足巧打の宮坂厚希選手も見逃せません。

細川凌平選手のショートへのコンバートによってセンターのポジションに入り、急成長を見せているんですよね…!

50メートル6秒0の俊足にくわえて高い打撃センスを持っている左打者ですし、甲子園でのブレイクにも期待がかかります。

また2019秋にはショートのレギュラーで活躍した大西拓磨選手も見もの。

俊足巧打の内野手で盗塁数もチームトップクラスですし、ミート力の高いバッティングは今後の智弁和歌山で打線の核になっていくでしょう。

骨折の怪我から復帰して、内野のレギュラー争いでどこまで存在感を示せるかは期待です!

下からの押し上げも2020世代の躍進には不可欠ですから、新しい戦力の台頭にはこれからも期待したいと思います。

Sponsored Link

2020智弁和歌山に安定感をもたらす注目メンバー

智弁和歌山は2020世代もハイレベルな選手が揃いますが、前チームからレギュラーだった綾原創太選手は忘れられません。

2019秋の近畿大会で打球処理の際にイレギュラーに遭い、右目を骨折してすぐさま病院に搬送される怪我を負いました。

復活が心配されていたものの、現在では練習に復帰して従来のようにプレーすることが出来るようになってきたとのこと。

攻守に堅実な働きを見せる内野手で、チームの土台となる選手だけに2020シーズンでぜひ完全復活を果たしてほしいものです!

Sponsored Link

注目選手が並ぶ智弁和歌山はこれからも強い

智弁和歌山の注目選手をピックアップしてみましたが、あくまで執筆時点での主観に過ぎません。

俊足ぶりが光る小林白彪選手をはじめ、実際のところまだまだ挙げられる選手はたくさんいるんですよね。

2020新入生にも大物が加入すると見られていますし、これからも智弁和歌山は高校野球界を盛り上げてくれることは間違いないでしょう。

細川世代の躍進に期待して、この先も追い掛けていきたいと思います。

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭