2020注目の外野手

小林白彪(智弁和歌山)は俊足に注目|挫折をバネに攻守での躍動に期待

和歌山の強豪・智弁和歌山で1年の2018秋から試合に出場している小林白彪(読み方は「こばやし はくひ」)選手。

俊足を活かした広い守備範囲にくわえ、シャープなバッティングが光る期待の外野手です。

2019秋の大会では3割を超える打率を残すなど、智弁和歌山の近畿大会ベスト8にも貢献しました。

智弁和歌山で高校ラストシーズンの活躍に期待のメンバー・小林白彪選手について特集していきましょう。

参考:智弁和歌山の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で期待大!

智弁和歌山・小林白彪は攻守に光る俊足に注目

2020シーズンの活躍に期待がかかる智弁和歌山・小林白彪選手の一番の魅力は、やはり攻守に際立つ俊足です。

50メートル6秒1の脚を武器とする俊足巧打の左打者ですから、内野安打での出塁や盗塁で相手チームに大きなプレッシャーをかけられる選手なんですよね!

レフトを守る外野の守備でも、小林白彪選手の守備範囲が智弁和歌山を支えることは間違いありません。

そのスピードを支えているのが、欠かさずに取り組んでいる日々のトレーニングにあります。

日々の練習ではグラウンド脇の坂道を駆け上がる、30メートルと50メートルのダッシュに取り組み脚力の強化。

またラダー(はしごの形をしたトレーニング器具)を使い、正確なステップを踏む練習を取り入れ、走りのテンポや瞬発力に磨きをかけています。

全国でもトップクラスの俊足を誇るドラフト注目・細川凌平選手をライバル視しているとのことで、お互いに切磋琢磨しながらレベルアップして成長してほしいですね!

参考:細川凌平(智弁和歌山)はドラフト上位|中学でも日本代表の俊足強打

Sponsored Link

智弁和歌山・小林白彪はバッティングにも期待

シャープな打撃が光る

スピード溢れるプレーはもちろん、小林白彪選手は随所に見せる打撃センスでも注目を集めています。

左右に打ち分ける技術が高く、ミート力は素晴らしいものを持っているんですよね…!

2019秋の近畿大会初戦・初芝立命館との試合では、初回に追加点となるタイムリーを放ち、チームの勝利に貢献しました。

対応力が優れたバッターだけに、小林白彪選手の確実性がさらに上がってくると智弁和歌山打線は厚みを増すでしょう。

Sponsored Link

練習への取り組みも意識が違う

また小林白彪選手は打撃練習に対する意識の高さも見逃せません。

試合で結果を残すために実戦でのさまざまな場面を想定し、どの方向に打てばヒットの確率が上がるかを常に考えて打っているんだとか。

当たり前のようでいて難しいことを積み重ねている取り組みに、智弁和歌山イズムを感じますね…!

打球速度を上げるため、おにぎりやパンを練習の合間に意識して食べるなど肉体改造に対しても余念がありません。

身長176cm・体重69kgとやや細身ですから、体重が増えてくると打球の伸びも違ってくるでしょうね!

平田晃将選手ら同世代の巧打者と共に、強打の智弁和歌山打線で存在感を発揮してほしいものです!

参考:平田晃将(智弁和歌山)は攻守に存在感|中学は和泉ボーイズで関西選抜

Sponsored Link

小林白彪は智弁和歌山の躍進に不可欠な存在

挫折をバネにラストシーズンへ

2019秋からはレギュラーとして活躍している小林白彪選手ですが、2年の春には悔しい想いも経験しているんですよね。

2018秋にはスタメンとして出場していたものの、2019春のセンバツ甲子園ではスタメン落ち。

2019夏の甲子園でも準々決勝と準決勝に代走で出場したのみで、1打数無安打という結果に終わりました。

この悔しさは練習に打ち込む際の原動力にもなっているでしょうし、智弁和歌山ファンからも活躍を期待する声は多く挙がっています。

ポテンシャルは十分だけに、悔しさをバネに暴れまわってほしいですね!

Sponsored Link

外野での存在感

センターを務めていた細川凌平選手がショートにコンバートされたこともあり、外野でのプレーに一層の期待が高まる小林白彪選手。

遠投100メートルの強肩も兼ね備えていますから、送球が安定してくれば外野手として更に存在感が出てくるでしょう。

急成長で注目を浴びている宮坂厚希選手らと共に、外野からもチームを盛り上げてほしいですね!

攻守に見せる俊足を武器に、高校最後のシーズンで躍動してくれることに期待しています!

参考:宮坂厚希(智弁和歌山)の俊足に注目|中学は南紀ボーイズで選抜の逸材

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック