2020世代で強豪校の注目選手

2020仙台育英の注目選手|メンバーは攻守に期待感大の豪華布陣

東北に初の甲子園優勝旗を持ち帰るチームとしても期待が高まる、宮城・仙台育英。

2020世代も相変わらず選手層が厚く、試合終盤に粘り強さを発揮するなど、これからの躍進に注目したいところです。

この記事では、2020シーズンで甲子園優勝を狙う仙台育英の注目メンバーを特集していきましょう。

参考:仙台育英の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で将来性抜群

2020仙台育英を引っ張る二人のドラフト候補

甲子園の優勝候補としても期待が高まる仙台育英ですが、2020世代では特に、前チームから主力として活躍した二人のドラフト候補が存在感を放っています。

まず仙台育英打線で注目したいのは、大型野手としてずば抜けたパンチ力を誇る入江大樹選手です。

2019夏にもクリーンナップに座りましたが、とらえた打球の飛距離は突出したものがあり、右の大砲としてホームランが期待できるバッティングは目が離せません。

身体能力も高く、その将来性にはプロのスカウトも高い評価を与えているだけに、全国の好投手を相手に実力通りの働きが出来るかはチームの勝敗に大きく関わるでしょう。

また万能プレイヤーとして攻守に活躍を見せる宮本拓実選手も、チームに欠かせない存在に成長しました。

走攻守三拍子揃った右投げ左打ちの選手で、状況に応じたバッティングが出来る器用さと高い打率でチームを引っ張っていますね!

打席で安定して結果を残せる選手ですから、一発勝負の高校野球において貴重なバッターであることは間違いありません。

仙台育英の2020世代においては注目のメンバーとして相手も警戒を強める二人ですね!

Sponsored Link

仙台育英で世代を代表する実力の注目メンバー

仙台育英の注目選手として、前述の二人に勝るとも劣らないポテンシャルを秘めているのが笹倉世凪投手です。

最速147キロを誇る世代トップクラスのサウスポーとして、1年生ながら2019夏の甲子園でも快投を見せたほか、秋からの新チームでもエースとして君臨しています。

2021ドラフトでは上位での指名が予想される逸材で、バッティングでも2019秋には3試合連続のホームランを放つなど、秘めた馬力は底が知れません。

また、中学時代からその笹倉投手と左右二枚看板として双璧をなすのが伊藤樹投手

球速140キロ台中盤のストレートに加えて変化球も多彩で、1年の2019夏の時点で強豪校のエースを張れるとも言われていましたね!

実力・経験値ともに申し分なく、これからの高校野球を盛り上げてくれる投手の一人と言えるでしょう。

そして、上記二人の逸材と秀光中学からバッテリーを組んできた木村航大捕手も注目です。

2019夏から正捕手として活躍していましたし、巧みなリードと二塁送球タイムが2秒を切る強肩で高いディフェンス力を誇るキャッチャーなんですよね。

扇の要としてこれから更に存在感は増すでしょうから、仙台育英の投手陣を牽引する一人として大いに注目していきましょう。

Sponsored Link

2020仙台育英を引っ張る中心的メンバー

ハイレベルな選手たちが集う仙台育英ですが、2020世代を引っ張るのが抜群の野球センスを誇る田中祥都選手です。

スイングスピードが150キロの鋭いスイングにくわえ、巧みなバットコントロールでヒットを量産する左打者なんですよね。

チャンスメイクだけでなく決定力もある打者で、仙台育英のキーマンといって過言ではないでしょう。

50メートル6秒1の俊足に強肩も光りますし、主将としてのずば抜けたキャプテンシーも見逃せません!

Sponsored Link

次世代を担う仙台育英の注目選手たち

前述のバッテリーに加えて、仙台育英の次世代を担う選手たちも頭角を現しています。

その筆頭が、俊敏な動きで内野の守備を支える渡邉旭選手

複数のポジションをこなせるユーティリティープレイヤーで、打席で見せる巧みなバットコントロールも見逃せません。

力強いスイングはクリーンナップを打てる可能性も感じさせますし、攻守にセンスが光る選手だけに個人的にも追い掛けたい選手の一人です。

そしてもう一人楽しみなのが、走攻守三拍子揃った北海道出身の秋山俊選手

中学時代には全国大会でMVPを獲得した経験もあり、攻守の伸びしろに期待が持てるプレイヤーなんですよね…!

2019秋の宮城大会にはショートでレギュラーとして出場していましたが、仙台育英の次世代を担う選手として大いに注目していきたいところです。

Sponsored Link

仙台育英は2020甲子園が楽しみなメンバー

二刀流の大栄陽斗投手や俊足巧打の中里光貴選手をはじめ、2019年も高校野球を盛り上げてくれた仙台育英ですが、新チームも豪華な面々が揃います。

2020世代も甲子園の優勝候補として注目されるチームですし、試合終盤に強さを発揮する劇的な勝利も見ものですね!

2019秋の神宮大会でエースナンバーを背負った向坂優太郎選手ら、選手層の厚さも見逃せません。

この先のチームとしての成長にも注目しつつ、仙台育英の戦いを応援していきましょう。

参考:2020東海大相模の注目選手|メンバーは逸材揃いで全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック