2020世代で強豪校の注目選手

健大高崎の2020注目選手|俊足メンバーが揃う機動力は大注目

2019秋に熾烈な関東大会を制した健大高崎は、2020シーズンの戦いも注目が集まります。

ドラフト候補のバッテリーをはじめ注目メンバーが多く、個々の能力が高いチームだけにこの先の戦いも非常に楽しみですね!

ポテンシャルの高い打者が並ぶ打線は、持ち前の機動力を活かして高校野球ファンを沸かせてくれるでしょう。

2020健大高崎の注目メンバーを特集していきますので、参考にしていただけたら幸いです。

参考:健大高崎の2020新入生は?次世代メンバーから注目選手を特集!

2020健大高崎はバッテリーがドラフト候補

健大高崎の2020世代でまず注目したいのが、主将も務める強肩捕手の戸丸秦吾選手です。

二塁送球タイムで1秒8をコンスタントにマークできる肩の強さは目を見張るものがあり、相手チームにとっても脅威になることは間違いありません。

スローイングには安定感もありますし、世代トップクラスの守備力はこれから更に話題に上がるでしょう。

そして、新チームでスカウトから高い評価を受けているのが左腕の下慎之介投手

2019秋の躍進はこの投手の成長があったからこそと言っても過言ではなく、182cmの長身から繰り出すボールは直球・変化球ともに抜群のキレを誇ります。

コントロールも良く安定感の面でも計算できる投手ですし、中学時代からバッテリーを組んでいる戸丸秦吾捕手との呼吸もバッチリなんですよね…!

さらに健大高崎の投手陣で注目したいのが、中学で日本代表を経験している191cmの大型右腕・橋本拳汰投手です。

2019秋の時点で最速142キロをマークしていますが、ポテンシャルを考慮すると球速はまだまだ伸びるでしょう。

この秋の関東大会では決勝で強打の山梨学院を完封していますし、鋭いスライダーも武器になるため2020シーズンのマウンドも見逃せないメンバーです。

Sponsored Link

2020健大高崎のメンバーは注目選手に俊足が並ぶ

機動力を武器に全国区になった健大高崎は、2020世代も俊足選手が揃います。

2019秋にリードオフマンとしてチームを引っ張った古滝友哉選手はその筆頭。

50メートル5秒8は全国でもトップクラスの脚力ですね…!

積極的な走塁を仕掛けるだけでなく優れたミート力で出塁率も高く、健大高崎打線の一番に相応しい活躍を見せてくれる左打者です。

外野では脚力を活かした守備範囲の広さにも定評がありますから、ぜひ注目してみてください。

また、攻守に期待したいのがショートを守る橋本脩生選手です。

俊足揃いのメンバーでもトップクラスの脚力を誇る左打者で、50メートル5秒8のスピードは目が離せません。

単打のような当たりを二塁打にしてしまう走塁センスも持ち合わせており、流れを呼び込める選手の一人でしょう。

守備でも軽快なフットワークや積極的な声掛けで内野陣を引っ張る存在ですし、今後さらに存在感が増していくことに期待しています!

加えて、攻守に身体能力の高さが光る山畑陸選手も注目選手の一人です。

バネのあるプレーは一見の価値があり、パワフルなスイングで長打力も兼ね備えていますね!

またムードメーカーとしてもチームに欠かせない存在だけに、健大高崎を盛り上げる働きにも注目していきましょう。

Sponsored Link

2020健大高崎でキーマンになるメンバーは?

攻撃的なメンバーが揃う健大高崎打線ですが、個人的にキーマンになると感じている一人が強打に注目の小澤周平選手です。

入学早々の2019春からスタメンに名を連ねた打撃センスは本物で、新チームでもクリーンナップを任されているのも何ら不思議ではありません。

スイングスピードの速さもあり、1年の2019シーズンで高校通算20本に届くほどのホームランを量産していますね…!

左の強打者として2021年にはドラフト候補にも名前が挙がるでしょうし、これからの健大高崎を引っ張るメンバーでもあります。

そしてもう一人、抜群の野球センスを感じさせる戸澤昂平選手も要注目です。

前チームから主力で活躍していたものの、2019秋にはやや調子を落としているように見受けられました。

ただ、本来の実力を考慮するとチームに勢いを与えられる選手であることは間違いなく、俊足巧打の左打者として大いに期待しています。

また外野の守備でも守備範囲の広さがあり、遠投100メートル超えの強肩も見応え十分です。

上位打線に座るほか、センターラインを構成する守備面でもチームを支える選手ですね!

Sponsored Link

健大高崎でポテンシャルに期待の注目選手

競争が激しい健大高崎のメンバーには、2020以降で期待の注目選手もたくさんいます。

高校ラストの2020シーズンで飛躍に期待したいのが、本格派右腕の朝井優太投手

中学時代には野茂ジャパンにも選出されて日本代表を経験した逸材で、2019秋の神宮大会でも好投を見せました。

入学当初から高い評価を受けながら、腰の怪我などでこれまで思うような活躍が出来なかっただけに、2020夏に懸ける想いは人一倍強いものがあるでしょうね!

また次世代の四番候補として期待がかかる森川倫太郎選手も見逃せません。

中学時代にはテレビ出演も果たし「関西ナンバーワンスラッガー」と呼ばれていた左打者で、身長185cm・体重86cmの体格は迫力満点。

健大高崎の主軸を務める可能性を十分に秘めている選手ですから、今後の成長には大いに期待していきましょう。

参考:桐生第一の2020注目選手|メンバーの得点力は例年以上の仕上がり

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック