2020注目の投手

朝井優太(健大高崎)は球速以上|中学で野茂ジャパンの右腕はノビが凄い

群馬の強豪・健大高崎で2年の2019秋に明治神宮大会からベンチ入りしている朝井優太(あさい ゆうた)投手。

球速以上のスピードを感じさせる直球のノビと、鋭い変化球が武器の本格派右腕です。

中学時代には強豪・小山ボーイズに所属しており、野茂ジャパンにも選出された逸材なんですよね!

健大高崎投手陣の一角を担う存在として注目の、朝井優太投手について特集していきましょう。

朝井優太は出身の小山ボーイズで中学日本代表

朝井優太投手は小山市立間々田小学校の出身で、軟式少年野球チーム・間々田学童で野球を始めました。

小山市立間々田中学校への進学後は、強豪の小山ボーイズに所属。

小山ボーイズでは投手として高い実力を見せつけており、ジャイアンツカップ準優勝にも大きく貢献しました。

さらに中学3年時には野茂ジャパン(JUNIOR ALL JAPAN)にも選出され、日本代表として国際試合も経験していますね!

中学までの実績でいえば間違いなく世代トップクラスですし、小山ボーイズで共にWエースとして活躍した大阪桐蔭・仲三河優太選手との激突もぜひ観たいです…!

参考:仲三河優太(大阪桐蔭)はドラフト注目|中学日本代表は怪我で野手転向?

Sponsored Link

健大高崎・朝井優太は球速以上のノビに注目

朝井優太投手の魅力の1つが、しなやかな腕の振りから放たれるノビのあるストレートです。

球速は130キロ台ではあるものの、140キロを超えているかのようなスピードを感じさせるんですよね。

2019秋の神宮大会でも、ノビのあるストレートで差し込んでいく場面が目立っていました…!

高い制球力も兼ね備えていますし、実力通りにストレートをコーナーに決まることが出来れば、全国の強力打線もそう簡単には攻略できないでしょう。

身長173cm・体重71キロと体格的にもまだ伸びしろがありますから、高校最後の2020シーズンでは球速もさらに増してくるでしょうね!

2019冬の練習でも「回転数の高いストレートを投げることを意識して取り組んできた」とも語っていますし、ワンランク上のボールを投げ込む姿が非常に楽しみです。

ドラフト期待のエース左腕・下慎之介投手も健大高崎の入学当初には「真っ直ぐのノビが凄くて敵わないと思った」と語っていましたから、これからの成長にも期待していきましょう!

参考:下慎之介(健大高崎)の投球術に注目|球速以外にも期待の好左腕

Sponsored Link

健大高崎・朝井優太は変化球にも注目

ノビのあるストレートだけでなく、鋭い変化球も持ち合わせている朝井優太投手。

特にスライダーは抜群のキレを見せていて、2019秋の神宮大会準々決勝・明豊戦では、そのスライダーを武器に相手打線を翻弄。

6回からの登板で4回1失点の好投を見せ、健大高崎のサヨナラ勝ちを引き寄せました…!

スライダーを上手く使い、右打者に対するアウトコースの出し入れにも定評がある朝井優太投手。

左腕・下慎之介投手と142キロ右腕・橋本拳汰投手の二枚看板に注目が集まる健大高崎で、投手陣の底上げに欠かせない存在になってくるでしょうね!

参考:橋本拳汰(健大高崎)の中学の球速は?野茂ジャパン出身右腕はドラフト期待

Sponsored Link

朝井優太は健大高崎投手陣の切り札になる

2019秋の神宮大会で初の公式戦登板を果たし、健大高崎の投手陣の一角として期待される朝井優太投手。

中学時代から日本代表も経験しており入学当初から高いポテンシャルを見せていましたが、腰の怪我など2年の秋まで実力を発揮できない状態が続いていました。

その中でも怪我を乗り越えて練習試合で結果を残し、2019秋の神宮大会ベンチ入りメンバーの座を掴んだんですよね…!

躍動感のあるフォームでズバズバと両コーナーに投げ込んでいくピッチングは見ものです。

朝井優太投手も2020シーズンでは健大高崎の最上級生となりますし、中学時代から大舞台を経験している投手だけに、ラストシーズンで意地を見せてほしいという気持ちもありますね!

注目選手が並び躍進が楽しみな健大高崎の切り札として、これからも目が離せません。

参考:健大高崎の2020注目選手|俊足メンバーが揃う機動力は大注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック