2020注目の内野手

橋本脩生(健大高崎)の俊足巧打は見もの|読売ジュニア出身の注目株

群馬の強豪・健大高崎で、2年の2019秋からショートのレギュラーとして出場している橋本脩生(読み方は「はしもと しゅい」)選手。

広角にヒットを打てる打撃センスと俊足を活かした広い守備範囲で、攻守に渡って活躍を見せています。

2019秋の神宮大会でも勝負強い打撃が光り、健大高崎の準優勝に大きく貢献しましたね!

2020年は甲子園での活躍も楽しみな、橋本脩生選手について特集してみました。

橋本脩生は小中学時代から注目選手

小学時代はジャイアンツジュニア

右投げ左打ちの橋本脩生選手は、小学生のときに軟式少年野球チームの小作台少年野球クラブで野球を始めました。

小作台少年野球クラブでは主将としてチームを引っ張り、見事にセレクションを通過して2014ジャイアンツジュニアにも選出されています。

トーナメントでは背番号4を背負って中心選手として活躍。チームの優勝にも大きく貢献しました。


ちなみに出身のジャイアンツジュニアでは、2018夏にスーパー1年生として甲子園に出場した二松学舎大付・山田将義捕手とチームメイトでしたね!

参考:二松学舎・山田将義捕手がプロ級の強肩以上にスカウトを惹きつける理由

中学では東京城南ボーイズ出身

また中学への進学後は硬式野球チームの東京城南ボーイズに所属していた橋本脩生選手。

ジャイアンツジュニアに選出された抜群の野球センスは健在で、中心選手として活躍しました。

その東京城南ボーイズでは、2019秋の関東大会でも対戦した常総学院の小木曽星音選手三輪拓未選手ともチームメイトでしたね。

今後も関東大会や2020夏の甲子園で対戦する可能性もありますし、元チームメイトの活躍はお互いの刺激になるでしょう。

健大高崎で活躍する橋本脩生選手には、今後の働きにも大きな期待がかかります!

参考:三輪拓未(常総学院)は中学日本代表|華麗な守備は世代トップレベル

Sponsored Link

健大高崎・橋本脩生は攻撃力に期待

優れたミート力

「機動破壊」を掲げる健大高崎において、橋本脩生選手のミート力は打線に厚みをもたらしています。

2019秋には群馬大会から関東大会・神宮大会を含め、通算で4割を超える高打率を残しており、3本の三塁打も放ちました…!

また神宮大会決勝・中京大中京戦でも、敗れはしたものの2本のヒットを放ち、盗塁も決めるなど相手チームにプレッシャーを掛けましたね。

身長172cm・体重61kgとやや細身な体格も、これからパワーが備わってくると更に楽しみです!

2019秋には六番を務めることが多かったですが、小澤周平選手をはじめ好打者が揃う健大高崎打線において、橋本脩生選手の存在は大きな意味を持っています。

参考:小澤周平(健大高崎)はベイジュニア出身|ドラフト期待の打撃センス

ずば抜けた俊足も

高打率をマークしているバッティングに加え、橋本脩生選手は俊足も大きな武器になっています。

50メートル5秒8の俊足を兼ね備えており、積極的に機動力を駆使する健大高崎には欠かせない存在とも言えるでしょう。


内野安打が多く盗塁も期待できるだけに、出塁できれば非常に厄介なバッターであることは間違いありません。

リードオフマンとして活躍している古滝友哉選手らと共に、持ち前のスピードでどんどん仕掛けていってほしいですね…!

参考:古滝友哉(健大高崎)はポテンシャルに注目|佐倉シニア出身の俊足巧打

Sponsored Link

橋本脩生は健大高崎内野陣の要

ミート力と俊足を活かした攻撃力で健大高崎の戦力となっている橋本脩生選手は、一方の守備でも内野陣の要として重要な役割を担っています。

持ち味の俊足を活かした広い守備範囲と軽快なフットワークで、安定した守備を見せているんですよね!


前の弱い当たりへのダッシュも素晴らしく、素早い握り変えからのランニングスローも見事です。

健大高崎の守備ではドラフト注目の捕手・戸丸秦吾主将が目立っていますが、共にセンターラインを固めて投手陣を盛り立ててほしいですね。

攻守に楽しみな存在だけに、橋本脩生選手の活躍を引き続き応援していきたいと思います。

参考:戸丸秦吾(健大高崎)はドラフト期待|中学野茂ジャパンの強肩はピカ一

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック