2020世代で強豪校の注目選手

桐生第一の2020注目選手|メンバーの得点力は例年以上の仕上がり

群馬で安定的な強さを誇る桐生第一ですが、2019秋の関東大会でベスト4の成績を残して選抜高校野球大会への出場を決めました。

2020世代は例年に増して得点力が高く、打線の充実ぶりに期待がかかるチームですね!

この記事では、2020シーズンに臨む桐生第一のメンバーから注目選手をピックアップしてみました。

参考:桐生第一の2020新入生は?野手陣のメンバー充実で攻撃力に注目!

2020桐生第一の打線の中軸を担う注目選手

2019秋の公式戦で1試合平均9得点を叩き出した桐生第一ですが、打線の中核としてまず注目したいのが廣瀬智也選手です。

四番に座る右の強打者ですが、高校通算15本のホームランを放っている長打力は見もの。

加えて2019秋の大会では4割の打率を残すなど、一発だけでなく確実性も兼ね備えている打者なんですよね!

練習試合も含めて53打点はチームトップの数字ですし、主将としてもチームを牽引するキャプテンシーにも注目の選手です。

そして同じくクリーンナップで存在感を放つのが、関東大会で満塁ホームランも記録した中島優月選手

主に五番・ファーストで活躍している右の長距離砲で、2019秋の公式戦でも2本のホームランを記録するなど、パンチ力はチーム随一と言えるでしょう。

新チームになってから練習試合も含め50試合に出場して、4割3分2厘の高打率を残している打撃技術も見逃せません。

またランナーを置いた場面での勝負強いバッティングも光り、48打点と廣瀬智也選手に次ぐ数字を残しています。

この二人で桐生第一の総得点の1/3近い打点を挙げているため、強力打線の中軸で活躍する右打者の働きは注目です!

Sponsored Link

2020桐生第一の攻撃的野球を支える注目メンバー

前述の二人が勝負強さを発揮している一方で、チャンスメイクに注目したいのが一・二番を務めるメンバーです。

まず桐生第一の先頭打者として出塁に期待がかかる飯塚一樹選手

2019秋の公式戦では5割の出塁率を残しており、チームに勢いを与える仕事に注目したい選手です。

ショートを任される守備面では、遠投100メートルの強肩も見ものですね!

そして二番には、抜群のミート力を誇る曽我一瑳選手が続きます。

秋にはチームトップとなる5割6分7厘の高打率をマークした左打者で、2本のホームランも記録するなど桐生第一のキーマンになってくる一人でしょう。

50メートル6秒2の俊足は攻撃面ではもちろん、センターでの守備にも活かされていますね…!

飯塚一樹選手と曽我一瑳選手は、秋にはやや粗さが目立った守備陣の立て直しにも一役買ってくるだけに、攻守で注目したいメンバーです。

Sponsored Link

2020桐生第一の野球をつくる注目選手は投手にも

攻撃的な野球に注目が集まる桐生第一ですが、投手にも注目したい選手がいます。

まず投手陣を引っ張るメンバーは、エース左腕の宮下宝投手

2019秋には練習試合も含め25試合で防御率1.97と、抜群の安定感を見せました。

最速131キロと驚くような球速はないものの、変化球とのコンビネーションでストレートを速く見せる投球の組み立てが光りますね!

誰よりも練習する努力家でチームメイトからの信頼も厚く、大黒柱として更なる成長が楽しみなサウスポーです。

また二番手として期待したいのが、本格派右腕の蓼原慎仁投手です。

宮下宝投手とはタイプが正反対のパワーピッチャーで、最速140キロ超のストレートはチーム随一の力を持っています。

七回から登板した習志野との練習試合では2イニングを完璧に抑えながら、九回に5連打を浴びて逆転を許すなど、安定感が出てくれば大きな戦力になる投手ですね…!

打力は計算できるだけに投手陣を含めた守備の踏ん張りが桐生第一には不可欠ですから、メンバーの総合力で2020シーズンの躍進にも期待しましょう!

参考:健大高崎の2020注目選手|俊足メンバーが揃う機動力は大注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック