2020世代で強豪校の注目選手

星稜の2020注目選手|メンバーは経験豊富で攻守に期待大

2019夏の甲子園で準優勝を果たした星稜ですが、2020世代も選手層の厚さは健在です。

前チームから主力で活躍していた選手も多く残りますし、全国上位の人気校はハイレベルな野球でファンを魅了してくれそうですね!

この記事では星稜の注目選手をピックアップしていきますので、参考にしていただけたらと思います。

参考:智弁和歌山の2020注目選手|メンバーの総合力は全国トップクラス

星稜の2020メンバーを引っ張るドラフト注目の二人

星稜の2020世代で攻守の要になるのが、前チームから四番を務めていた新主将・内山壮真選手です。

身長172cm・体重72kgと大柄ではないものの、2019秋の時点で高校通算ホームランは30本に上っており、芯で捕らえる技術が非常に高い右打者。

打点にも期待できる勝負強さを持ち合わせている打者でもありますし、1年から星稜でスタメンを奪取していたのも納得ですね…!

さらに新チームではショートから捕手にコンバートされ、二塁送球タイムが1秒8台を記録するなど既に高校球界でもトップクラスの実力の持ち主だけに、攻守の中心で存在感は増すばかりです。

また内山壮真選手と並んで前チームからクリーンナップを務めていたのが、優れたミート力に定評のある知田爽汰選手

綺麗なスイングで広角に打ち返すことができる左打者で、50メートル6秒2の俊足も兼ね備えています。

2019夏の甲子園決勝では最後のバッターになる悔しい経験もしましたから、リベンジに懸ける想いも人一倍でしょう。

サードでの守備でも安定したスローイングを見せていますし、星稜を引っ張る存在であることは間違いありません。

Sponsored Link

2020星稜打線で注目したい左右の強打者

星稜打線の注目選手は、前述の二人だけではありません。

まず2019夏の甲子園でも満塁ホームランを放つなど、持ち前の長打力を見せつけた右のスラッガー・今井秀輔選手

身長185cm・体重87kgの恵まれた体格で軽々と場外に運ぶパワーを持ち合わせており、捕らえた打球の飛距離は目を見張るものがあります。

以前は確実性に欠ける面が課題だったものの、際どいコースはカットする技術も身に付いてきていますから、長距離ヒッターとして今後も目が離せません。

そして左の強打者として注目したいのが、1年生ながら2019秋にはクリーンナップを務めた中田達也選手です。

元ゴルファーという異色の経歴を持つ選手ですが、逆風の中で右翼席にサヨナラホームランを叩き込むなど長打力を秘めたバッターなんですよね!

チーム1・2を争うと言われているスイングスピードの速さも見もので、星稜の主軸に座る可能性も十分にあるでしょう。

Sponsored Link

2020世代の星稜を支える投手陣も期待の顔触れ

2019ドラフトでヤクルトに1位指名を受けるなど、高校球界トップの実力を誇る奥川恭伸投手が目立っていた星稜の投手陣ですが、2020世代も投手力の高さは見逃せません。

その筆頭が、2019秋からエースナンバーを背負った荻原吟哉投手です。

抜群の制球力に加えて変化球の精度も高い右腕で、前チームでも甲子園で好投を見せるなど、奥川恭伸投手の後継者として注目を浴びてきました。

高校3年で140キロ台後半の球速を目指すと話していましたが、球威が増してくるとさらに攻略が難しい投手になるでしょうね!

中学時代には全国制覇に日本代表選出と経験豊富な投手だけに、大舞台で自分のピッチングができる精神的な強さも魅力です。

その荻原吟哉投手と並ぶもう一人の注目右腕が、140キロ台中盤のストレートを投げ込む寺西成輝投手

186cmの長身から繰り出す真っ直ぐは迫力満点ですし、潜在能力の高さを考えるともうワンランク上の投手に成長することを期待してしまいますね!

2018夏の甲子園・済美戦で逆転スリーランを浴びるなど悔しさも味わっていますから、雪辱を期す2020年の戦いは非常に楽しみです。

Sponsored Link

星稜の次世代を担うメンバーにも注目

前チームでも活躍していた主力メンバーが残るのが星稜の強みですが、2020世代にもこれからを担う選手たちがいます。

内山壮真主将が抜けたショートでレギュラーを奪取した出村夢太選手はその一人で、星稜中学時代にも下級生からスタメンに名を連ねていた逸材です。

パンチ力にくわえて俊足ぶりも光る左打者で、リードオフマンとしての台頭にも期待。

持ち前のキャプテンシーを発揮して、次世代の主将を担う可能性も十分ではないかと見ています。

また、投手ではキレのあるボールを投げ込む左腕・野口錬投手が頭角を現していますね!

コーナーを丁寧に突けるコントロールを持ち合わせているほか、打者のタイミングをずらす投球術にも秀でている投手です。

中学時代には東海選抜でも活躍したサウスポーですが、星稜でも貴重な左腕としてマウンドで大いに躍動してほしいものです。

そしてもう一人、星稜メンバーで話題を集めているのが黒川怜遠選手です。

2019ドラフトでプロ入りした智弁和歌山出身の楽天・黒川史陽選手の弟で、優れた打撃センスに注目の左打者。

怪我のため2019秋にはベンチを外れて悔しい想いもしましたが、今後の星稜の中心選手になっていくことは間違いないでしょう。

次世代にも逸材が揃う星稜だけに、2020シーズンの戦いにも期待ですね!

参考:日本航空石川の注目選手|2020メンバーは投手力に加え期待の野手も

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック