2020世代で強豪校の注目選手

日本航空石川の注目選手|2020メンバーは投手力に加え期待の野手も

2019秋の北信越大会で準優勝を果たし、2020春の選抜甲子園出場を決めている日本航空石川。

球速140キロ超のストレートを投げる2人の投手を中心とした守りと、切れ目のない打線を売りにするバランスの取れたチームです。

投打にポテンシャルの高いメンバーが多く、2020シーズンの戦いにも期待が高まりますね…!

この記事では、日本航空石川の注目選手について特集していきましょう。

参考:日本航空石川の2020新入生は?メンバーは投打に迫力満点で期待!

2020日本航空石川で投打の軸となる注目選手

日本航空石川の注目選手を語るうえでまず欠かせないのが、2019秋にエースナンバーを背負った嘉手苅浩太投手

身長190cm・体重105kgの高校生離れした体格から投じるストレートは最速147キロマークしており、右肘の怪我が治って本調子になれば軸になる投手であることは間違いありません。

小学校時代には全国大会の優勝経験もあり、タイガースジュニアやU12日本代表にも選出された逸材ですね!

2019秋には調子を落としてたものの、打ってもクリーンナップで存在感を発揮していますし、高校通算7本の数字以上にスケールの大きさを感じさせます。

ポテンシャルの高さは申し分ないだけに、どこまで2020シーズンで調子を上げてこれるかにも注目ですね。全国の高校野球ファンを沸かせる可能性は十分に秘めた選手です。

Sponsored Link

2020日本航空石川の投手陣を支える注目右腕

エースの嘉手苅浩太投手をケガで欠く中で、2019秋の北信越大会準優勝に大きく貢献したのが180cm右腕の田中颯希投手です。

中学時代は福井選抜のメンバーに選ばれるなど、早くから注目を集めていた選手の一人でしたが、2019秋のピッチングを見るかぎり完全に独り立ちしたといって良いでしょう。

田中颯希投手の武器は最速143キロのストレートと、際どいコースにもズバズバ投げ込める高い制球力。

2019秋は9試合のうち6試合に先発として登板し、うち3試合で完投するなどこの選手の活躍なしに日本航空石川の躍進はありませんでした。

特に2019秋の石川大会・小松戦では3安打10奪三振で無四球完封し、実力の高さを見せつけましたね!

甲子園での活躍次第では2020ドラフト候補にも名前が上がってくるでしょうから、今後の活躍にもぜひ注目していきたいところです。

Sponsored Link

2020の日本航空石川は俊足巧打の主将にも注目

二人の投手が注目を集める一方で、日本航空石川の野手陣を引っ張っているのが、2019秋の大会でも大活躍だった井口太陽選手

小学校時代に広畑コンドルズで全国制覇し、中学でも兵庫夢前ヤングで全国制覇を経験している右投げ左打ちの内野手です。

2019秋の大会では二番打者として4割7分5厘の高打率をマークし、日本航空石川打線を牽引しましたね!

足が速いため内野安打もありますし、高校通算ホームランが2019シーズンを終えて8本と、ホームランを打てるパンチ力も兼ね備えています。

セカンドの守備においても、持ち前の俊足を活かした広い守備範囲と軽快なフットワークは見もの。

内野の要として注目したい選手で、さらに野球ファンの間ではイケメンという声も多く上がっています…!

つらい練習の時に率先して声を出してチームを盛り上げるなど、主将として見せるキャプテンシーにも定評がありますから、チームを引っ張る存在として期待です!

Sponsored Link

日本航空石川の次世代を担うメンバーも見逃せない

投打にポテンシャルの高い選手が引っ張る日本航空石川の2020世代ですが、次世代を担うメンバーも見逃せません。

その筆頭が、一番打者として存在感を示している石井幸希選手です。

2019秋の北信越大会準決勝・北越戦で、八回にツーランホームランを左翼スタンドに叩き込んだ当たりは見事でした…!

持ち前の長打力を活かした攻撃的なリードオフマンとして、積極的なスイングには大いに期待したい右打者ですね。

日本航空石川の2020シーズンの戦いからは目が離せません!

参考:星稜の2020注目選手|メンバーは経験豊富で攻守に期待大

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック