2020ドラフト野手

星稜・知田爽汰はドラフト期待|打撃センスに加えて身体能力も凄い

星稜中学時代にはチームの中心選手として全国制覇に大きく貢献した知田爽汰(ちだ そうた)選手。

高いバッティングセンスを誇り星稜高校でも中軸を担う左の強打者ですが、中学時代にはピッチャーのポジションも経験するなど、優れた身体能力を持つ選手で将来にも期待がかかります。

ものすごくスイングが綺麗で、ネクストで素振りをする姿だけでも画になるバッターですね…!

星稜の主力として2021ドラフトにも期待がかかる、知田爽汰選手を特集してみました。

知田爽汰は全国優勝の星稜中学でも中心選手

中学時代にはピッチャーも

星稜高校では主にサードやファーストのポジションを守る知田爽汰選手ですが、千坂ファイターズでプレーした小学生の頃からピッチャーとして活躍しており、星稜中学でもエースを目指して奮闘していました。

指のケガに加えてチームメイト・荻原吟哉投手が大きく成長していたこともあって中学2年時に野手に転向したものの、その後のマウンドでもしっかりと結果を残しています。

2017春の全日本少年春季軟式野球大会では決勝の秋田クラブ戦に先発し、完封リレーで優勝に大きく貢献。

全国の舞台でも十分に通用するピッチャーだったことは証明されており、そのポテンシャルが高く評価されていることも納得です。

参考:荻原吟哉(星稜)は抜群の制球力で魅せる|中学全国制覇の本格派右腕

内山壮真とはバッテリー

現在は星稜高校のクリーンナップに座る知田爽汰選手。同じく打線の中軸を担うドラフト注目の内山壮真選手とは、星稜中学時代にはバッテリーを組んでいました。


前チームではそれぞれがポジションを移し三遊間を任されていましたが、これからも互いにチームの中心選手として活躍することは間違いありません。

1年生時から全国屈指のレベルを誇る星稜高校のクリーンナップを任されていた二人がいたわけですから、中学時にも相当ハイレベルな打線だったことがわかりますね…!

ちなみに知田爽汰選手はピッチャーを務めていたこともあり遠投100メートルの強肩を誇り、サードの守備でもスローイングは大きな武器になっています。

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

Sponsored Link

星稜・知田爽汰はドラフト期待の打撃センス

広角に打ち返すミート力

バッティングセンスに注目が集まる知田爽汰選手は、高いミート力が大きな魅力です。

2018秋の神宮大会では11打数4安打と3割6分4厘の打率を残したものの本人はまったく納得がいっていないとのこと。これはまだまだ打てるという自信の表れでもあるでしょう。


ミートが上手く左右に打ち分けることが出来るバッターで、チャンスでの勝負強さも光りますね。

癖のない綺麗なバッティングフォームには元々定評がありましたが、1年冬に徹底して下半身を強化したことで増したスイングの鋭さも見逃せません…!

2019夏の甲子園でも当たりを見せていますし、強打を誇る今井秀輔選手と並んで打線のキーマンと言えるバッターです。

参考:今井秀輔(星稜)はホームランに注目|圧倒的な飛距離を誇るスラッガー

長打力に加えて俊足も

知田爽汰選手はホームランを量産する長距離ヒッターではないものの、外野の間を抜く打球での長打が多いことも持ち味のひとつです。

2018秋の神宮大会でも、高松商業との対戦で右中間の深いところまで打球を運んでいますね!


さらに50メートル6秒2の俊足も兼ね備えており、スピードの面でも相手チームの脅威になる存在なんですよね…!

巧さと強さを持ち合わせた知田爽汰選手のバッティングが星稜打線に厚みをもたらしていることは間違いないですし、また甲子園で暴れてくれる日がとても楽しみです。

Sponsored Link

星稜・知田爽汰は苦手の左投手も克服でスキなし

左の好打者として高い評価を受ける知田爽汰選手ですが、唯一の弱点とも言えるのが左投手で、本人も「苦手意識があった」と語っています。

実際に対左を苦手とする左打者は少なくないですし、特に珍しい話ではないのですが…。

ただ知田爽汰選手は2019春のセンバツ前に1学年先輩の左腕・寺沢孝多投手らと弱点克服に向けて練習を積み、甲子園1回戦でも見事なタイムリーを放って見せました。

2019夏の甲子園決勝でも同点タイムリーをライト前に運んでいますね!


履正社の好投手・清水大成投手からの一打だけにすごく価値のある一振りになりましたね!

知田爽汰選手は試合によって打撃にムラがあることを今後の課題として挙げていますが、左投手克服は安定感の面にも大きく影響するでしょう。

2019秋からの新チームでは出村夢太選手ら新戦力が加わっていますし、知田爽汰選手にはどんどんチームを引っ張ってほしいところです!

参考:出村夢太は星稜の中心選手になる|中学からセンス抜群で攻守に注目

Sponsored Link

ドラフト期待の知田爽汰は悔しさを糧に伸びる

攻守にポテンシャルの高さを見せる知田爽汰選手は、夏の甲子園で非常に悔しい想いも経験しました。

2019夏の甲子園決勝で星稜は履正社に敗れたわけですが、最後のバッターとなったのが知田爽汰選手だったんですよね。

このときゲッツーで泣き崩れた姿は今でも目に焼き付いています。


甲子園の土は持ち帰らずに球場を後にしており、この悔しさを糧にまた一回り進化を遂げた姿はぜひ見てみたいです。

ドラフト期待の素晴らしい選手だけに、知田爽汰選手の更なる成長を楽しみに応援していきたいと思います。

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック