2020注目の内野手

今井秀輔(星稜)はホームランに注目|圧倒的な飛距離を誇るスラッガー

2019夏の石川大会で2本のホームランを放った星稜の今井秀輔選手。

2年生ながらとんでもない飛距離を誇る右の強打者ですが、甲子園の舞台でもその打力に期待がかかります。

前々から四番候補として期待されていただけに、大舞台での覚醒も十分にありそうですね!

今後の星稜で主軸として活躍するであろう右のスラッガー・今井秀輔選手を特集してみました。

参考:星稜の2020注目選手|メンバーは経験豊富で攻守に期待大

今井秀輔は中学時代に国際大会を経験

今井秀輔選手は金沢市立紫錦台中学の出身で、野球は金沢シニアに所属していました。

当時から自慢の打力は際立っており、中学3年時には東海地区選抜に選出。

台湾遠征でもホームランをマークするなど、中学時代から飛距離には自信を持っているバッターでしたね!


中学時代ですでに身長が180cm台だった今井秀輔選手は、大型打者として台湾のメディアにも取り上げられたとのこと。

これから長距離打者として存在感を増していくでしょうし、U18日本代表候補などにも選出されてほしい逸材です。

Sponsored Link

星稜・今井秀輔はホームランの飛距離に注目

2019夏に場外ホームラン

身長185cm・体重87kgの恵まれた体格から鋭いスイングが魅力の今井秀輔選手。

2019夏の石川大会・金沢大付戦では2打席連続のホームランを放つなど、飛距離には絶対に自信を持っています。

この試合では1本が場外ホームランとなっており、とても2年生とは思えない打球を飛ばす選手ですね…!


スイングスピードが速いこともあり、打席ではかなり落ち着きを放っている印象。

無理に打ちにいかない冷静さもありますから、ドラフト注目の内山壮真選手と並んで強打の星稜を作っていきそうですね!

参考:内山壮真(星稜)はドラフト確定の逸材|俊足強打で小園超えなるか

甲子園で満塁ホームランも【動画有】

自慢の長打力に期待がかかる星稜の今井秀輔選手ですが、2019夏の甲子園でも魅せました。

準々決勝・仙台育英との対戦に二番・レフトで先発した今井秀輔選手は、満塁のチャンスで豪快な一振り。

打球はそのままレフトスタンドに飛び込み満塁ホームランとなりました…!


甲子園の大舞台で代名詞となるホームランを叩き込み、いよいよ全国区のスラッガーとなっていきそうですね!

同じく2年生で東海を代表する長距離砲・中京学院大中京の元謙太選手も2019夏にグランドスラムを放っており、2年生スラッガーのこれからの成長が本当に楽しみです…!

参考:元謙太(中京院中京)のホームランに期待|東海ナンバーワンはダテじゃない

Sponsored Link

星稜・今井秀輔はバッティングだけじゃない

主に外野を守る今井秀輔選手はホームランに注目が集まる一方で、守備でも良い動きを見せています。

レフトのポジションで飛球を好捕するなど、甲子園初スタメンとは思えない動きを見せていますね!


遠投も100メートルを超える強肩を兼ね備えており、内野への返球も素晴らしいものを見せてくれる選手。

レーザービームで甲子園を沸かせる場面にもぜひ期待したいものです…!

Sponsored Link

今井秀輔が星稜のレギュラーでなかった理由

これだけ素晴らしい活躍を見せる今井秀輔選手が、なぜ星稜でレギュラーではなかったのか。

課題はバッティングの「確実性」にありました。

今井秀輔選手本人も「ミート力が足りない」と語っており、これから更に上のレベルで活躍するためにはミスショットを減らしていきたいところですね。


とはいえ余りある長打力がありますから、知田爽汰選手らと並んで積極的に起用していってほしいものです…!

際どいボールをカットして好球を呼び込むことも出来るようになりましたし、この辺りは強打者として大きく成長した部分とも言えるでしょう。

現在のチームの三・四番に加えて今井秀輔選手が残る、2020シーズンの星稜も見ものですね!

参考:星稜・知田爽汰は打撃センスに注目|俊足強肩も兼ね備える左の大器

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック