2020世代で強豪校の注目選手

花咲徳栄の2020注目選手|メンバーは好打者揃いで得点力に期待

埼玉の強豪として毎年レベルの高い野球を見せている花咲徳栄ですが、2020世代のメンバーも注目の逸材が揃っています。

2019秋の埼玉大会でも優勝を果たし、新チームになってからも強さを見せつけていますね…!

2019シーズンまでは夏の埼玉大会も5連覇中ですから、この記録をどこまで伸ばせるかにも注目が集まります。

この記事では、花咲徳栄を引っ張る注目のメンバーを特集していきましょう。

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

2020花咲徳栄の主砲はドラフト注目の強打者

花咲徳栄の2020世代でひと際大きな注目を集めているのが、主軸としてチームを引っ張る井上朋也選手です。

強打の花咲徳栄で入学当初からスタメンを掴んでおり、2018夏の甲子園にも1年生ながら出場を果たしました。

横浜高校との練習試合では当時1年生だったにも関わらず、2019ドラフトで阪神から3位指名を受けた最速152キロ左腕・及川雅貴投手から、レフトスタンドへ豪快なホームランも放っていますね!

高校通算ホームラン数は80本を目標にしていて、2019秋の関東大会を終えた時点ですでに47本ものホームランを放っているパンチ力は大きな魅力と言えるでしょう。

2020春には主将も務め、全国的にもトップクラスのスラッガーだけに、高校最後の1年でどこまで暴れてくれるかは本当に楽しみです。

Sponsored Link

2020花咲徳栄の打線は前チームの主力メンバーも

2020の花咲徳栄メンバーには、前チームで主力として活躍していた選手も多く残っています。

1年秋からレギュラーとして活躍している中井大我選手は、センス溢れるバッティングで注目を集めています。

中学時代はU15日本代表として活躍した経験もありますし、ミート力に長けた左打者だけにこの先も打線の中心で活躍することは間違いないでしょう。

強肩を活かした守備でも強みを見るなど攻守に欠かせない存在で、2019冬に決行されている捕手へのコンバートも見ものです!

また、ショートを守る田村大哉選手も前チームから主力として活躍していた選手の一人で、高いミート力は健在です。

2019夏の埼玉大会では24打数16安打と、チームトップの6割6分7厘の驚異的な打率を残したのは記憶に新しいところ。

外野の間を抜く打球で一気に三塁を陥れるスピードも兼ね備えていますし、この先の戦いでも大いに期待したい左打者ですね!

Sponsored Link

2020花咲徳栄の投手陣を支える中心メンバー

2020世代で花咲徳栄投手陣を支えるのが、1年秋からベンチ入りをしていたエース左腕の高森陽生投手です。

球速こそ130キロ台ではあるものの真っ直ぐにはキレがあり、コースを突く抜群のコントロールを見せています。

加えて変化球のキレにおいても定評があり、中でもストレートと同じ腕の振りから放たれるチェンジアップは一級品。

新チームで臨んだ2019秋の大会でも、ストレートとのコンビネーションで凡打の山を築きましたね…!

2019夏の甲子園・明石商戦では七回から登板したものの、勝ち越しを許す悔しい経験もしていますし、今後のさらなる飛躍に期待したい投手です。

また、高森陽生投手と並んで活躍に期待したいのが本格派右腕の鈴木朋也投手

投球回数以上の奪三振をマークしているほか、2019秋には練習試合を含めて防御率1.22と抜群の安定感も見せました。

これから更に球速も伸びてくるでしょうし、鈴木朋也投手の成長は花咲徳栄の守備力に直結するといっても過言ではありません。

Sponsored Link

2020花咲徳栄のキーマンとなる注目メンバー

最後に2020シーズンで花咲徳栄躍進の鍵を握る、二人のメンバーをご紹介させてください。

個人的なキーマンとしては2019秋に一・二番コンビでプレーした、南大輔選手と浜岡陸選手を挙げたいと思います。

南大輔選手は左右へ打ち分ける巧みなバットコントロールが持ち味の右打者で、花咲徳栄の切り込み隊長として活躍を見せています。

武器の1つである俊足も見もので、内野安打や盗塁で相手の脅威となる攻撃面だけでなく、センターの守備においても広い守備範囲で投手をもり立てていますね!

一般入部からレギュラーを勝ち取った努力家だけに、大いに暴れまわってほしい選手です!

一方の浜岡陸選手は2019秋に1年生で唯一レギュラーを獲得した選手で、俊足巧打の内野手としてチームに貢献。

2019秋の埼玉大会決勝・西武台との一戦では、3打数3安打3打点の活躍を見せました。

ミートの巧さに加えて俊足も兼ね備えていますし、中学時代に投手で134キロをマークした強肩も内野の守備で光ります。

2021ドラフト候補としても注目が集まっているのも何ら不思議ではありません…!

攻守におけるキーマンの二人には、ぜひ注目していきましょう。

Sponsored Link

花咲徳栄メンバーで次世代を担う注目選手

2020シーズンを戦う花咲徳栄では、次世代を担う注目選手たちも見逃せません。

まず井上朋也選手に次ぐ右のスラッガーとして期待がかかる秋山貫太選手

身長183cm・体重82kgのどっしりとした体格から、鋭い打球を広角に打てる右打者です。

2019秋には関東大会で三振を喫して悔しい想いをしただけに、これからは中心となってバットで魅せてほしいところ。

2020世代の打線は巧打者揃いのため、長打が飛び出すと手がつけられなくなりそうですし、長打には大いに期待したい選手ですね…!

そしてもう一人が、2020春にレギュラーを勝ち取った飛川征陽選手です。

強打の左打者として中学時代からホームランを量産していたバッティングは必見。

これからの花咲徳栄でクリーンナップを任される可能性も十分にある選手ですから、秋山貫太選手と共にぜひ覚えておいてください。

次世代を担う二人のメンバーも、全国の舞台で躍動してくれるのが楽しみです!

例年のことながら、好打者が多く揃っている花咲徳栄の強力打線は2020シーズンも注目ですね!

参考:明石商業の2020メンバーは逸材揃い|攻守に期待のキーマンとは

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック