2020注目の投手

高森陽生(花咲徳栄)は球速以上のキレ|秋田出身左腕の急成長が凄い

埼玉の強豪・花咲徳栄で1年秋からベンチ入りを果たしている高森陽生(たかもり はるき)投手。

ボールのキレと抜群の制球力で打者を打ち取る、球速以上に凄みを感じるサウスポーです。

2019夏の甲子園でも明石商業との激戦を経験していますし、投手陣の軸として存在感は増していくでしょうね!

花咲徳栄のエースとして期待がかかる、秋田出身の高森陽生投手を特集していきましょう。

参考:花咲徳栄の2020新入生を特集!次世代の注目選手をピックアップ

高森陽生は秋田出身で中学では軟式

左投げ左打ちの高森陽生投手は秋田県の出身で、軟式少年野球チーム・にかほドリームスで野球を始めました。

にかほ市立象潟中学校に進学後も軟式野球部に所属。中学2年生時から二番・ファーストで出場するなど、バッティングでも非凡な才能を発揮しています。


中学時代には全国大会出場などの目立った実績こそないものの、早くから試合に出場していた経験はこれからに活きるでしょうね!

2019ドラフトでも話題になっている東海大相模・遠藤成選手も秋田県の出身ですし、地方から強豪校の主力を勝ち取っている選手は本当に応援したくなります。

参考:遠藤成(東海大相模)はドラフト注目|二刀流はスイングスピードも一級品

Sponsored Link

花咲徳栄・高森陽生は球速以上にキレがある

花咲徳栄で頭角を現わした高森陽生投手ですが、まず投球の軸になっているのはキレのあるストレートです。

ランナーがいない場面でもセットポジションから投げ込むストレートは、2019秋の時点で最速135キロ。

驚くような球速ではないもののキレがあり、バッターが振り遅れる場面が目立ちます。


さらにコントロールも非常に素晴らしいものを持っていて、際どいコースでカウントを整えられる強さがあるんですよね!

2019秋の埼玉大会では、注目の三奈木亜星選手を擁する浦和学院との一戦でも延長10回を投げ1失点と好投。関東大会への切符を手にしました。

これから球速が140キロを超える投手に成長する可能性は十分ですし、キレがある真っ直ぐを投げられる投手だけに、更なる力強さが身に付くことに期待したいですね!

参考:三奈木亜星(浦和学院)は中学で全国準優勝|投打に魅せる抜群のセンス

Sponsored Link

花咲徳栄・高森陽生は変化球も武器になる

キレのあるストレートが大きな武器になっている一方で、高森陽生投手は変化球も忘れてはいけません。

中でもチェンジアップには定評があり、内角を突くストレートとのコンビネーションで凡打の山を築いているんですよね…!

チェンジアップもストレートと同様にしっかり腕を振って投げるため、打者としてはタイミングがとりにくく相当に厄介なボールでしょう。

変化球でカウントを整えられるコントロールも兼ね備えていますし、安定感の面でも信頼を置ける投手であることは間違いありません。

ドラフト注目の井上朋也選手中井大我選手ら、前チームからの主力も残りますし、高森陽生投手のピッチングには今後も注目していきたいところです。

参考:中井大我(花咲徳栄)は中学日本代表|好打のイケメン主将は守備も注目

Sponsored Link

高森陽生は甲子園敗戦を糧に花咲徳栄の中心へ

1年秋からベンチ入りしている高森陽生投手は、2019夏の埼玉大会から急成長を見せ、その後の甲子園でも背番号10でベンチ入りメンバーに選ばれました。

甲子園初戦の明石商業戦では同点の7回から登板したのですが、ライト前に勝ち越し打を許してしまい、チームも3対4で敗れてしまったんですよね。

このとき、試合後に号泣している姿は胸に来るものがありました…。


高森陽生投手にとって悔しい試合になったことは言うまでもなく、これから飛躍を遂げる上での大きな原動力になるでしょう。

浜岡陸選手ら新しい戦力も楽しみな花咲徳栄において、高森陽生投手にはエースとしてチームを引っ張る存在になっていってほしいですね!

これからの成長にも期待して、応援していきたいと思います。

参考:浜岡陸(花咲徳栄)は小学で日本代表|俊足好打のイケメン野手に注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック