2020注目の内野手

田村大哉(花咲徳栄)は打撃に注目|中学では千葉西シニアでも中軸

身長171cm・体重75kgのどっしりとした体格で、花咲徳栄で中心メンバーの一人として攻守に活躍を見せる田村大哉選手。

前チームからレギュラーを張っていた好打者ですし、2019夏の埼玉大会では6割6分7厘と出場選手中2位の高打率を残しました。

中学時代にも千葉西シニアで中軸を務めていましたが、花咲徳栄の強力打線でもその存在は今後さらに大きな武器になりそうですね!

打撃センスの高さを見せる田村大哉選手について、特集していきましょう。

田村大哉は中学で千葉西シニアの主力

田村大哉選手は千葉西シニアの出身で、中学時代から優れた打撃センスを見せていました。

クリーンナップを務めるなど、主力として活躍した中学3年時には全国大会にも出場。

主に三番・ショートでプレーしていましたが、バットコントロールの巧さは当時から光るものがありましたね!


ちなみに千葉西シニアではドラフト注目の東海大相模・鵜沼魁斗選手とチームメイトでしたから、甲子園の舞台での激突も十分にありえるでしょう…!

参考:東海大相模・鵜沼魁斗は日本代表|ドラフト注目のずば抜けた打撃センス

Sponsored Link

花咲徳栄・田村大哉はバッティングに注目

2年の夏にも好成績

2年生の2019夏にも強力打線の一角を担うプレーを見せた、右投げ左打ちの田村大哉選手。

埼玉大会では24打数16安打と、チームトップとなる6割6分7厘の打率を残しましたね!

恐怖の七番打者として相手チームの脅威的存在でした。


2019秋からはクリーンナップに座っていますから、ドラフトで広島から指名を受けた韮澤雄也選手のようにヒットを量産してほしいものです。

参考:韮澤雄也(花咲徳栄)はドラフト注目|新潟出身の逸材は西川愛也に並ぶか

Sponsored Link

際立つミート力の高さ

高い打率で注目を集める田村大哉選手は、好打者が並ぶ花咲徳栄打線でもミート力の高さが光ります。

柔軟なバットコントロールで左右に打ち分ける技術に長け、球種に関わらず綺麗に弾き返す場面が多く見受けられる選手なんです…!

外野の間を抜いた打球で一気に三塁を陥れる脚力も兼ね備えていますし、破壊力のある花咲徳栄打線の中心として、これからの活躍も目が離せません。

Sponsored Link

田村大哉をはじめ花咲徳栄の強力打線は見もの

ドラフト注目のスラッガー・井上朋也選手や、主将としてもチームを引っ張る中井大我選手と前チームからのレギュラーが残る花咲徳栄。

この二人に田村大哉選手を含めたクリーンナップは、全国的に見ても相当に力があると言えます。

例年、活発な打線で話題になる花咲徳栄ですが、2020夏の戦いが今から待ち遠しいのも仕方ないのかなと…!

好左腕・高森陽生投手もいるだけに、強力打線がどこまでの成長を遂げるかは花咲徳栄の躍進の鍵となるでしょうね!


余談ですが、田村大哉選手は2年の2019春にはベンチ入りから外れました。

岩井隆監督も「我慢させた」と話していましたが、この悔しさを糧にして這い上がった事実は素直にかっこいいです。

抜群の打撃センスを全国の高校野球ファンに見せつけてくれることに期待して、これからも田村大哉選手を応援していきたいと思います。

参考:中井大我(花咲徳栄)は中学日本代表|好打のイケメン主将は守備も注目

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック