2020注目の外野手

南大輔(花咲徳栄)は攻守に注目|俊足巧打のリードオフマンの進化

埼玉の強豪・花咲徳栄で1年の2018秋からベンチ入りを果たしている南大輔選手。

高いミート力を活かしたバッティングと俊足を活かした広い守備範囲を武器に、攻守に渡り大きな戦力になっています。

2019秋の埼玉大会では主に一番・センターでスタメンに名を連ね、花咲徳栄の優勝に大きく貢献しましたね!

走功守三拍子揃った外野手として期待がかかる、南大輔選手を特集していきましょう。

南大輔の中学時代は東京神宮シニア出身

南大輔選手は埼玉県の鶴ヶ島市立富士見中学の出身で、野球では東京神宮シニアに所属していました。

右投げ右打ちの俊足巧打は東京神宮シニアでも早くから頭角を現し、東京中日スポーツ杯の優勝や関東大会への出場に貢献。

現在は外野手のポジションで出場している南大輔選手ですが、花咲徳栄でも2年の2019夏までは内野手でベンチ入りしていましたし、中学時代も内野手としての出場が多かったようですね。


また東京神宮シニアの1学年上には、守備力の高さで2019夏の甲子園を沸かせた星稜・山本伊織選手がいましたね…!

強豪の花咲徳栄で早々にベンチ入りを果たすのは簡単なことではないですし、2019秋からの新チームで切り込み隊長に抜擢されているのも納得の実力の持ち主です。

参考:山本伊織(星稜)のセカンド守備が凄い|甲子園を沸かせたファインプレー

Sponsored Link

花咲徳栄・南大輔は打撃センスに注目の巧打者

まず南大輔選手の持ち味は、優れたミート力を活かしたバッティングです。

身長174cm・体重70kgの体格はやや細身ながら左右に打ち分ける技術が高く、右方向へのヒットで出塁する場面も少なくありません。

2019秋の埼玉大会決勝・西武台戦でも初回に攻撃の起点となるライト前ヒットで出塁して、チャンスを演出。

後続が続かず初回は無得点に終わったものの、三回表にもレフト前ヒットを放ち、それが先制点へと繋がりましたね!


随所に打撃センスを感じさせる右打者ですし、切り込み隊長としての高い出塁率は花咲徳栄打線の大きな武器になっています。

1学年下の巧打者・浜岡陸選手との一・二番コンビは2020シーズンでも見ものですね…!

参考:浜岡陸(花咲徳栄)は小学で日本代表|俊足好打のイケメン野手に注目

Sponsored Link

南大輔は守備でも花咲徳栄の中心的存在

リードオフマンとして攻撃の起点となっている南大輔選手は、俊足を活かした守備でもチームに大きく貢献しています。

2019秋の大会でも抜ければ長打の飛球をキャッチするファインプレーも見せていましたし、広い守備範囲は花咲徳栄のセンターラインに欠かせないものになっています。


打球判断も良いですし、高森陽生投手をはじめ花咲徳栄投手陣も非常に心強いでしょうね…!

南大輔選手がセンターを守ることで防げている得点も数多くありますから、攻守の存在感は今後も目が離せません。

参考:高森陽生(花咲徳栄)は球速以上のキレ|秋田出身左腕の急成長が凄い

Sponsored Link

南大輔は花咲徳栄のキーマンとしても期待

攻守に渡って花咲徳栄の中心で活躍を見せる南大輔選手ですが、これまでには悔しい想いも経験しています。

2019夏の甲子園・明石商業戦では、九回2死ランナー2塁のチャンスの場面に代打で登場したものの、浅いセンターフライで凡退してチャンスを活かすことが出来ませんでした。

ドラフト注目の中森俊介投手を相手に、粘りを見せて簡単に終わらせなかったあたりは能力の高さを感じましたが、やはり一本出したい場面であったことは言うまでもありません。


また2019秋の関東大会・山梨学院戦でも、九回裏二死満塁のチャンスで相手センター・渡邉嵩馬選手のファインプレーに阻まれて最後のバッターになっているんですよね。

間違いなく花咲徳栄でキーマンの一人ですし、ポテンシャルの高い選手だけに、これから悔しさをバネにどこまで進化を遂げるかが非常に楽しみです。

前チームから主力の田村大哉選手らと共に、チームをどんどん引っ張っていってほしいですね!

参考:田村大哉(花咲徳栄)は打撃に注目|中学では千葉西シニアでも中軸

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック