2020注目の投手

鈴木朋也(花咲徳栄)は奪三振に注目|抜群の安定感でWエースに期待

埼玉の強豪・花咲徳栄で2年の2019秋からベンチ入りしている鈴木朋也(すずき ともや)投手。

身長180cmの体格を活かした力のあるストレートを軸に、投手陣の一角を担う本格派右腕です。

2019秋の試合でも要所を締めるピッチングを見せて、花咲徳栄の関東大会ベスト8に大きく貢献しましたね!

花咲徳栄の躍進のカギを握る、鈴木朋也投手を特集していきましょう。

鈴木朋也の中学時代は都筑中央ボーイズ出身

鈴木朋也投手は横浜市立神橋小学校の出身で、地元の軟式少年野球チーム・北原イーグルスで野球を始めました。

横浜市立六角橋中学への進学後は、硬式野球チームの都筑中央ボーイズに所属。

当時から身長176cmと上背があり、出身の都筑中央ボーイズでも主戦としてマウンドを任される投手でしたね!

当時の球速は最速128キロながらスピンのきいたストレートを投げていて、制球力も高いことからピッチングの完成度を高く評価されていました。

また中学3年時には、チームを全国大会のジャイアンツカップに導く活躍。

花咲徳栄で投手陣の一角として注目を集めているのも納得の右腕と言えるでしょう。

Sponsored Link

花咲徳栄・鈴木朋也は奪三振と球速に注目

花咲徳栄で頭角を現している鈴木朋也投手は、奪三振率も高さが大きな魅力です。

2019秋には練習試合を含め44回と1/3イニングに登板。

登板回数を大きく上回る60個の奪三振をマークしており、能力の高さが光ります。

リリーフ登板で要所を締めるピッチングも数多く見せていましたし、こういう投手がベンチに控えているのは頼もしいですよね!

力のあるストレートで打者を押し込むこともできますし、身長180cm・体重76㎏の体格には伸びしろもあるだけに高校最後のシーズンで球速もまだまだ伸びるでしょう。

前チームからレギュラーだった田村大哉選手をはじめ花咲徳栄は守備も堅いですが、鈴木朋也投手には力強いピッチングでチームに勢いをもたらしてほしいものです…!

参考:田村大哉(花咲徳栄)は打撃センスに注目|中学では千葉西シニアでも中軸

Sponsored Link

花咲徳栄・鈴木朋也は抜群の安定感で防御率も注目

高い奪三振力に加えて、安定感を感じさせる投球が光る鈴木朋也投手。

2019秋の大会では11回1/3を投げて、与えた四死球は2。防御率1.59と素晴らしいピッチングを見せてくれました。

縦に大きく割れるカーブをはじめ変化球でもカウントを整えられますし、岩井隆監督としても計算できる投手でしょう。

2019秋の埼玉大会決勝・西武台戦では先発投手として登板し、花咲徳栄の優勝にも大きく貢献しましたね!

関東大会1回戦の拓大紅陵戦でも7回裏をきっちり3人で打ち取って試合を締めました。

ドラフト注目の井上朋也選手をはじめ強力打線は健在だけに、安定感のある右腕として鈴木朋也選手にかかる期待も大きくなりますね!

参考:井上朋也(花咲徳栄)はドラフト注目|ホームランに期待の長距離砲

Sponsored Link

鈴木朋也は花咲徳栄の躍進に欠かせない存在

2019秋は主にリリーフ投手として、花咲徳栄の投手陣を支えていた鈴木朋也投手。

二番手として安定感を見せていましたが、エース左腕・高森陽生投手と並んで存在感を示すようになると花咲徳栄のチーム力はさらにアップします。

高森陽生投手は2019秋の公式戦で40回を投げて防御率は驚異の1.13を記録。

計算できる投手であることは間違いないものの、やはり一人の投手で勝ち上がることが難しいのが高校野球です。

鈴木朋也投手もポテンシャルの高い投手だけに、もう1段階レベルアップできれば花咲徳栄はいよいよ盤石になってきますよね…!

Wエースと呼ばれるほどの成長を遂げて、ぜひとも高校最後のシーズンで躍動してほしいものです!

参考:高森陽生(花咲徳栄)は球速以上のキレ|秋田出身左腕の急成長が凄い

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック