2021注目選手

木更津総合の2021メンバーは?注目選手が攻守に躍動で優勝期待!

千葉大会では毎年のように優勝候補に挙げられ、県内屈指の強豪として注目を集める木更津総合。

2021世代のメンバーも各ポジションでハイレベルな選手がレギュラー争いを繰り広げていて、攻守にレベルの高いチームになっていることは間違いありません。

この記事では、木更津総合野球部の2021メンバーから注目選手をピックアップしていきましょう。

参考:木更津総合の2020新入生は?投打に野球センス抜群のメンバーが集結

木更津総合の2021メンバーの注目選手【投手】

まずは木更津総合の2021世代のメンバーから、投手陣の注目選手を見ていきましょう。

一番の注目は、やはりエースナンバーを背負っている島田舜也投手です。

2020秋の時点で最速144キロをマークしている力のあるストレートが魅力で、知名度が全国区になるのも時間の問題でしょう。

1学年上の篠木健太郎投手ら、ドラフト級の投手を毎年輩出している木更津総合ですが、投手陣の柱として期待したいメンバーですね!

また、1年生の2020秋からベンチ入りしている2人の投手にも注目です。

まずは中学時代に日本代表にも選出されていた越井颯一郎投手

身長180cm・体重78kgの恵まれた体格から投げる、力のあるストレートを武器にしています。

2020秋の千葉大会決勝・東京学館戦でも先発を任され、粘り強い投球を見せていましたから、木更津総合の投手陣でも欠かせないメンバーになっていくでしょう。

もう一人の注目投手が、千葉市シニア出身の金綱伸悟投手です。

小学校時代は千葉ロッテマリーンズジュニアにも選出され、千葉市シニアでは全国ベスト8にも大きく貢献していました。

金綱伸悟投手も2020秋の千葉大会決勝・東京学館戦で登板するなど、次世代エースとしてポテンシャルは十分。

最速140キロに迫るストレートに加えて変化球の精度もいいものを持っていますから、これからも目が離せないメンバーのひとりですね。

Sponsored Link

木更津総合の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いて、木更津総合の2021メンバーから野手陣の注目選手を紹介していきましょう。

まず捕手で注目したいのが、2020秋に1年生ながら背番号2で正捕手の座を掴んだ中西祐樹選手です。

中学時代は奈良西シニアの主軸で活躍し、関西選抜のメンバーとして台湾遠征も経験しているキャッチャー。2020秋の千葉大会でも投手陣を巧みにリードし、木更津総合の優勝に大きく貢献していました。

攻撃でも二番を打っており、バッティングでも非凡なセンスを見せつけているんですよね…!

1年生から木更津総合の正捕手を務めている選手ですから、今後も攻守にわたりチームの中心になるメンバーの一人でしょう。

内野手の注目選手

続いて木更津総合の2021メンバーから、内野手の注目選手を見ていきたいと思います。

まず一人目の注目選手として挙げたいのが、クリーンナップを任されている村岡泰地選手

2020秋の千葉大会決勝・東京学館戦では六回にライト前ヒットを放ち、その後の勝ち越しにつながるチャンスを作り出していました。

小学時代は読売ジャイアンツジュニアに選出され、大田水門ボーイズでも東日本報知オールスター東東京選抜やボーイズ関東選抜にも選ばれていた左打者。

身長182cmと体格的にも伸びしろは十分ですから、豪快なスイングからの一発にも期待したいところですね!

また、1年の2019夏からスタメンに名を連ねていた大西智也選手も見逃せません。

ショートのポジションで見せる安定感のある守備は、まさに内野の要といえる存在感を放っています。

一方の攻撃面でも俊足巧打の左打者だけに、チャンスメーカーとしての働きにも大いに期待したいメンバーです。

続いて、セカンドを守る古川世那選手にも注目。

攻守に野球センスが光る内野手で、2020秋には主に下位打線を打っていたものの上位を打つだけのポテンシャルは十分に秘めています。

セカンドの守備でも軽快なフットワークを見せますし、複数のポジションを守れるメンバーだけに木更津総合に欠かせない選手の一人です。

そして1学年下の注目選手が、千葉シニア出身の菊地弘樹選手です。

千葉市シニアでは金綱伸悟投手とチームメイトで、全国ベスト8にも大きく貢献。投手でも最速130キロ超のストレートを投げ込むなど身体能力は抜群です。

2020秋の千葉大会では1年生ながら三塁手のレギュラーを掴んでいましたから、攻守において木更津総合の中心となってほしいメンバーですね!

Sponsored Link

外野手の注目選手

最後は木更津総合2021メンバーの中で、外野手の注目選手をピックアップしていきましょう。

まず注目選手として挙げたいのは、やはり前チームから主力で活躍していた山中海斗選手です。

1年の2019春からスタメンに名を連ねていた左打者は打撃センス抜群で、2020秋からは四番を任されています。

2020秋の千葉大会でもホームランを放ったほか、チャンスでの勝負強さも見せているだけに木更津総合の躍進には欠かせないメンバーと言えるでしょう。

また、俊足巧打のリードオフマン・秋元俊太選手にも注目。

1年の2019春から出場機会を掴んでいた左の巧打者で、コースに逆らわず左右に弾き返すバッティングは見ものです。

小技に加えて長打も期待できる選手ですから、相手チームとしては警戒したいメンバーに名前が挙がるでしょうね…!

くわえて、1年生ながら2020秋の千葉大会で三番を任された大井太陽選手の存在も見逃せません。

2020秋の千葉大会決勝・東京学館戦では、九回裏にサヨナラタイムリーを放った優勝の立役者。

広角にヒットを打てる優れたバットコントロールも魅力ですし、変化球への対応力も高い右打者だけに木更津総合でも存分に暴れまわってほしいですね!

Sponsored Link

木更津総合の2021メンバーは攻守にハイレベル

毎年好投手を輩出している投手王国のイメージが強い木更津総合ですが、2021世代のメンバーは打撃陣の充実ぶりも素晴らしいですよね。

切れ目のない打線はどこからでも崩せる得点力がありますし、1年の2020夏から出場していた山田隼選手をはじめベンチ入りメンバーもかなりハイレベルです。

2021シーズンには甲子園でも躍進に期待がかかるチームですから、木更津総合の2021世代には高校野球ファンを大いに沸かせてほしいですね!

参考:東海大相模の2021メンバーは?注目選手がベンチ入りにズラリ!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック