2021注目選手

東海大相模の2021メンバーは?注目選手がベンチ入りにズラリ!

神奈川屈指の強豪校として知られ、プロ野球にも多くの選手を輩出してきた東海大相模。

2021世代のメンバーも攻守に充実した選手が揃っていて、メンバーは全国トップクラスの戦力を誇ることは間違いありません。

この記事では、東海大相模の2021メンバーの中から、活躍が期待される注目選手をピックアップしてみました。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

東海大相模の2021メンバーの注目選手【投手】

左腕の注目選手

東海大相模の2021世代のメンバーから、まずは投手の注目選手を見ていきましょう。

やはり東海大相模の左腕で注目したいのは、エースナンバーを背負っている石田隼都投手

最速140キロ超のストレートを軸に、スライダー・カーブ・チェンジアップなど精度の高い変化球も操る本格派です。

1年だった2019夏の甲子園では中京学院大中京戦で先発を任されたほか、2020夏の甲子園交流試合でも大阪桐蔭を相手に好投を見せて話題になっていましたね!

テンポの速いピッチングで攻撃のリズムも作れる投手ですから、東海大相模の投手陣の柱となるメンバーになることは間違いありません。

右腕の注目選手

続いて、右腕の注目選手を挙げていきましょう。

まず注目選手として挙げたいのが、元プロ野球選手の金城龍彦さんを父に持つ金城龍輝投手です。

中学時代から球速130キロ前後のストレートを投げていて、東海大相模でも140キロ超をマークしたストレートの球威に定評のある投手です。

打撃でも非凡なセンスを発揮しているだけに、投打にわたって活躍が期待されますね!

また、2020秋の神奈川大会決勝で先発を任された大森幹大投手も注目です。

最速141キロを記録しているストレートを武器にする本格派で、スライダーやツーシームなど、抜群のキレを見せている変化球も大きな魅力と言えるでしょう。

2020秋の神奈川大会決勝では7回途中までを無失点で試合をつくり、2年連続の神奈川大会優勝に貢献していました。

球速もまだまだこれから伸びてくるでしょうし、東海大相模の投手陣でも進化が楽しみなメンバーのひとりです。

Sponsored Link

東海大相模の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

ここからは東海大相模2021メンバーから、注目の野手陣を紹介していきましょう。

捕手では1年の2020秋からマスクをかぶる谷口翔生選手に注目です。

中学時代は九州選抜のメンバーに選ばれて一番打者で活躍し、チームの準優勝にも貢献していた逸材。

エースの石田隼都投手も「首を振りたい時もないので」とコメントするなど、リード面でも非凡なセンスを発揮していますね!

2020秋の時点では下位打線を任されていましたが、打撃センスも素晴らしい右打者だけに、巧みなインサイドワークにくわえて打撃でも存在感を放ってほしいメンバーです。

内野手の注目選手

東海大相模の内野手では、まず二遊間に注目です。

ショートを守る大塚瑠晏選手は中学時代に日本代表のメンバーにも選出されていて、東海大相模でも1年の2019夏からベンチ入りしています。

2019秋からはずば抜けた守備力と打撃センスでショートのレギュラーを掴み、不動のリードオフマンとして活躍している中心選手ですね!

高校ナンバーワンとも言われる守備力にくわえ、新チームでは主将も務めているだけに、攻守にわたって東海大相模を引っ張るメンバーと言えます。

また、大塚瑠晏選手と1年秋から二遊間を組む小島大河選手にも期待です。

2020秋の神奈川大会ではクリーンナップを任された左の巧打者で、チームの神奈川大会制覇に大きく貢献。

左右に打ち分けるバットコントロールは素晴らしいものがあり、中学時代は投手もしていた強肩も見逃せません。

東海大相模の二遊間は全国的に見ても一・二を争うと言われているだけに、内野の要としてセンターラインには注目していきましょう。

くわえて、四番に座る柴田疾選手も2021世代を引っ張るメンバーのひとり。

身長180cm・体重86kgの恵まれた体格をいかしたパワーは別格で、軽々とスタンドに運ぶ能力を持つ右のスラッガーです。

2020秋の神奈川大会では準決勝、決勝と2戦連発でホームランを放ち、東海大相模の優勝に貢献しました。

続いて、門馬功選手も楽しみな右打者です。

前チームから公式戦に出場しており、優れた打撃センスで東海大相模打線でも上位を打ちます。

鋭いスイングを見せるバッティングはチャンスにも強く、東海大相模の2021メンバーでも見逃せないバッターですね!

外野手の注目選手

最後に東海大相模の2021メンバーから、注目の外野手に焦点を当てていきましょう。

まず注目したいのが右の強打者・小平直道選手

逆方向にも鋭い当たりを打てるバッティングは見もので、2020秋の神奈川大会でも勝負強さが光っていました。

準決勝の横浜戦でもタイムリー二塁打を放って勝利に貢献していましたし、これからパワーが付いてくるとさらに楽しみな右打者になるでしょう。

そして俊足巧打の仙庭涼一郎選手も期待したいメンバーのひとりです。

俊足を活かした守備範囲の広さは素晴らしいものがあり、外野の守備では東海大相模でもトップクラスのメンバーと言えるでしょう。

優れたバットコントロールでチャンスメーカーとしても期待できる打者ですから、持ち前のスピード溢れるプレーは攻守で注目したいですね!

また、1年の2020秋から背番号9を勝ち取った武井京太郎選手も注目。

中学時代から抜群の打撃センスを発揮し、九州選抜のメンバーに選ばれた際にも主軸で活躍していました。

一方で投手でも140キロに迫るストレートを投げているだけに、外野手としては強肩も見逃せません。

Sponsored Link

東海大相模の2021メンバーは注目選手が勢揃い

東海大相模の2021メンバーの注目選手を紹介してきましたが、投手陣、野手陣ともに非常に充実しています。

ベンチ入りを懸けた争いも熾烈で、切磋琢磨して2021シーズンには全国でもトップクラスのチームになることは間違いないでしょう。

また、2020秋の神奈川大会を制覇したことで、県内の公式戦連勝も36まで伸ばしました。

全国にファンの多い東海大相模ですが、2021メンバーは東海大相模ファンだけでなく、高校野球全体も大いに沸かせてくれそうですね!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック