2021新入生特集

東海大相模の2021新入生は?注目選手が集う全国屈指のメンバー!

2021春のセンバツ甲子園で優勝を果たし、全国から世代トップクラスの選手が集う神奈川の強豪・東海大相模。

2021年に野球部へ加入する新入生も、NPBジュニア選出や全国大会出場など実績のある選手が揃っていますね!

この記事では、東海大相模の2021新入生メンバーから注目選手をピックアップしていきましょう。

横浜高校の2021新入生は?メンバーは投打に逸材が揃い覇権奪還に期待プロ野球選手も多数輩出し、毎年レベルの高いメンバーが揃う神奈川の名門・横浜高校。 2021春に野球部へ加入する新入生メンバーも、中...

東海大相模の2021新入生の注目選手【投手】

左腕メンバーの注目選手

東海大相模の2021新入生から、まずは投手陣の注目選手を見ていきましょう。

まず左腕で大きな注目を集めるのは、武蔵狭山ボーイズ出身の山内教輔投手です。

小学時代にはヤクルトスワローズジュニアに選出され、タイガースジュニア戦では先発のマウンドも任されていました。

中学でも1年秋から主力投手の一人で活躍し、打撃でも中軸として打線を牽引。中学通算では33本のホームランを放つなど、パンチ力にも定評のある左打者です。

高校入学の2021春の時点ででストレートの最速は138キロをマークしているほか、鋭いスライダーも武器にしている本格派のピッチャーです。

身長177cm・体重78kgと体格的にも将来性は抜群ですし、元プロ野球選手の英雄さん(横浜大洋ホエールズ)を父に持つなど高校野球ファンからも注目されそうです!

右腕メンバーの注目選手

続いて東海大相模の2021新入生から、右腕の注目選手を紹介していきましょう。

右ピッチャーで注目に挙げたいのは、千葉の強豪・佐倉シニアでエースを務めていた子安秀弥投手です。

球速130キロ台中盤のストレートとキレのいいスライダーを武器にする投手で、全国選抜大会2回戦・金沢戦では2安打10奪三振の完封でチームの勝利に貢献。

佐倉シニアではピッチャーでの活躍に加えて主将も任された上、打撃センスにも定評のある選手ですから、投打にわたって東海大相模でも頭角を現してほしいものです!

Sponsored Link

東海大相模の2021新入生の注目選手【野手】

捕手メンバーの注目選手

続いて東海大相模の2021新入生メンバーから、野手陣の注目選手を見ていきましょう。

捕手のポジションで注目したいのは、中学時代に子安秀弥投手とバッテリーを組んでいた佐倉シニア出身の及川将吾選手

小学時代には千葉ロッテマリーンズジュニアのメンバーに選ばれ、一番・ショートのスタメンで出場していました。

佐倉シニアでは中学2年夏まで三塁手を務め、その後に捕手に転向。打撃でも四番としてチームを牽引し、チームの全国大会出場に貢献していました。

持ち前の強肩と勝負強い打撃を武器に、攻守での成長が楽しみなメンバーと言えるでしょう。

内野手の注目選手

続いて内野手の注目選手ですが、まず一人目に挙げたいのは伊勢原シニア出身の安達琉希選手です。

伊勢原シニアではエースで四番を務めるなど中心となってプレーしており、南関東選抜のメンバーにも選出された選手です。

身長183cmの体格からも将来性を感じる選手ですし、大型内野手として東海大相模でもスタメンに名を連ねる日が待ち遠しいですね!

また熊本泗水ボーイズ出身の百崎蒼生選手もポテンシャルでは負けていません。

身長179cm・体重77kgの恵まれた体格をいかし、中学通算では19本のホームランをマークした右の強打者。

一方で50メートルのタイムも6秒2を記録する俊足の持ち主でもあるんですよね…!

中学3年からは守備力も向上していますし、走攻守揃った内野手として高校でも大いに暴れまわってほしいものです。

続いて、内野手でもう一人見逃せないのが戸塚シニア出身の松本ジョセフ選手です。

中学時代は不動の四番として打線を引っ張った右スラッガーで、中学通算では28本のホームランを放っています。

また豪快なバッティングだけでなく、守備でも複数のポジションをこなせる器用さも兼ね備えていて、東海大相模でも早い時期から出場機会を掴む可能性は十分にあるでしょう。

身長179cm・体重110kgの体格を誇るなど将来性も抜群ですし、強打の東海大相模でも打線の核となって高校野球ファンを沸かせてほしいものです!

外野手の注目選手

最後に東海大相模の2021新入生から、外野手の注目選手を見ていきましょう。

まずは湘南ボーイズ出身の板垣拓心選手に期待です。

小学時代には横浜ベイスターズジュニアにも選出され、六番・ライトでソフトバンクジュニア戦ではホームランも放っていました。中学時代には内野のポジションで活躍していますね。

湘南ボーイズで上位打線を務めていた左の巧打者ですから、東海大相模でも高いミート力をいかした打撃に注目です!

外野手でもう一人注目したいのは、瀬谷シニア出身の百井隼人選手です。

瀬谷シニアでは主に三番に座るなど、勝負強いバッティングを見せていた左打者。

個人ではミサワホーム杯親善大会で最高殊勲選手賞を受賞したほか、南関東選抜選抜のメンバーにも選ばれていました。

中学時代はセンターの守備でもポテンシャルの高さを発揮していましたし、センターラインを担うメンバーとしても期待したいですね!

Sponsored Link

東海大相模は2021新入生も全国トップクラス

東海大相模の2021新入生から注目選手をピックアップしてきましたが、投打に注目選手が多く揃っていますね。

まだまだ力のあるメンバーが多く集まっていますから、随時追記してまいります。

1学年上にも求航太郎投手百瀬和真選手をはじめ、2021春の甲子園で活躍したメンバーがいますし、今後も東海大相模のレギュラー争いからは目が離せません。

2021新入生の成長を追いかけつつ、今後の東海大相模の動向にも注目していましょう!

大阪桐蔭の2021新入生は?メンバーは注目選手が攻守に勢揃い!全国屈指の強豪として知られ、世代を代表するメンバーが全国から集まる大阪桐蔭高校。 2021春に新入生として野球部に加わる選手たちも...
2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック