2023ドラフト投手

山内教輔(東海大相模)はドラフト期待|ホームランに注目の二刀流

中学時代は武蔵狭山ボーイズの主力で活躍し、2021春からは東海大相模の野球部に加入した山内教輔(やまうち きょうすけ)選手。

ホームランが打てる長打力と巧みなバットコントロールを兼ね備えた左の強打者で、一方の投手としても140キロに迫るストレートを投げ込む本格派左腕です。

父親の英雄さんが元プロ野球選手ということもあって話題性にも富んでおり、2023ドラフトも含め、これから高校野球ファンを沸かせてくれる逸材であることは間違いありません。

2021春のセンバツ甲子園を制した東海大相模でも投打の軸として期待が膨らむ、山内教輔選手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2021新入生は?注目選手が集う全国屈指のメンバー!

山内教輔の小学はヤクルトスワローズジュニア出身

左投げ左打ちの山内教輔選手は小学生の頃、白小クラブに所属してプレーしていました。

当時からピッチャーで活躍しており、朝霞地区の大会でも決勝で延長8回を11奪三振で完封して優勝の立役者となっています。

山内教輔選手は実力が高く評価されて、小学6年時にはヤクルトスワローズジュニアのメンバーに選出。

小学時代から最速120キロに迫るストレートを投げ込んでおり、本格派のピッチャーとして素晴らしい才能を見せていましたね!

阪神タイガースジュニアとの一戦では五番・ピッチャーで出場するなど、この頃から野球センスを発揮しています。

ちなみにヤクルトスワローズジュニアでチームメイトだった本田凌太選手は、同じく神奈川の横浜高校に進路を決めていますから、高校での激突にも注目していきましょう。

Sponsored Link

山内教輔は中学でも武蔵狭山ボーイズで進化

中学1年から四番

中学では武蔵狭山ボーイズでプレーしていた山内教輔選手ですが、その才能は下級生の頃から群を抜いていました。

中学1年の秋から四番に抜擢されるなど、強豪チームでも早くから中心選手となって活躍していたんですよね…!

  • 2018ボーイズ選手権準優勝
  • ジャイアンツカップベスト8

を経験するなど、武蔵狭山ボーイズでも見事な進化を遂げています。

体育会TVにも投手で出演

また山内教輔選手は中学3年時に、ピッチャーとして「炎の体育会TV」にも出演を果たしています。

打者3人を連続で打ち取るなど、投手としての凄みも見せつけていました。

球威のあるストレートに加えて、得意のスライダーとのコンビネーションで「プロ顔負けの配球」と体育会TVのピッチングも高評価を受けていましたね!

一部では大阪桐蔭への進学も噂されていましたが、2021春からは東海大相模のユニフォームに袖を通しています。

Sponsored Link

東海大相模・山内教輔はドラフト期待の打撃センス

中学通算30本以上のホームラン

東海大相模でも早い時期からのスタメンが期待される山内教輔選手。二刀流として期待の逸材ですが、まず注目したいのが抜群の打撃センスです。

自身でも「投球より打撃が得意」と語っている通り、中学通算33本のホームランをマークしている長打力は見もの。

身長177cm・体重78kgとバランスのとれた体格から、鋭いスイングで推定135メートルを飛ばすなど、超中学級だった山内教輔選手のバッティングは強打の東海大相模で更に磨きがかかるでしょう。

2020ドラフト3位でプロ入りを果たした東海大相模の先輩・山村崇嘉選手(西武)と比較されるのも納得のポテンシャルの持ち主です。

ホームランだけじゃなく打率の高さも

長打に注目が集まる一方で、山内教輔選手の打撃の凄みはホームランだけではありません。

コースに応じて広角に打ち分けられる左打者で、変化球への対応力にも優れており打率を残せるバッターでもあるんですよね…!

中学通算33本のホームランをマークしながら、打率も4割を超えているあたり底が知れません。

中学では武蔵狭山ボーイズの飯野靖典監督からも「歴代ナンバーワン」の打撃センスと称されていましたし、控えめに言っても天才的な打撃センスの持ち主です。

抜群のミート力でヒットを量産する百瀬和真選手をはじめ1学年上にも優れた選手が揃いますが、山内教輔選手は東海大相模でも主軸を打てる選手だけにチームを引っ張る活躍が楽しみです…!

参考:百瀬和真(東海大相模)は攻守に注目|松本ボーイズで選抜MVPの俊足巧打

Sponsored Link

東海大相模・山内教輔は投手でも球速以上の実力

最速140キロ間近

打撃センスがずば抜けている山内教輔選手は、投手でも類稀な実力を発揮している点にも注目です。

中学時代ですでに最速138キロをマークしており、球速が140キロを超えてくるのも時間の問題でしょう。

「あまり得意じゃない」と語るピッチャーでもこれだけのパフォーマンスを見せるあたり、大物感が尋常じゃないですよね…!

変化球のキレも一級品

また山内教輔選手は球速だけじゃなく、投手としては変化球にも魅力があります。

主な球種としては

  1. カーブ
  2. スライダー
  3. チェンジアップ

を投げ分けていますが、特にエグいのがスライダーです。

右打者の膝元に鋭く食い込んでいくボールは「お化けスライダー」と呼ばれているのも納得のキレを誇り、高校生でもそう簡単に攻略できるボールではありません。

加えてフィールディングの巧さやマウンドさばきといった面でも野球センスの高さを感じさせますし、高校野球ファンとしては忘れられない名前になるでしょう…!

Sponsored Link

山内教輔は東海大相模でも中心選手になる逸材

投打にポテンシャルの高さが光る山内教輔選手は、2021春にセンバツ甲子園で優勝を果たした名門・東海大相模でも十分に通用する力を秘めています。

自慢の打力を活かして外野手のポジションでスタメンを勝ち取る可能性も考えられますし、投手としても申し分ない実力の持ち主だけに高校での起用法にも注目したいところ。

同世代にも百崎蒼生選手らハイレベルな選手が集うだけに、共に東海大相模を引っ張って再び甲子園の頂点を目指してほしいですね…!

父親の英雄さんが1986〜1989年まで大洋ホエールズに在籍していたこと、そして自身がヤクルトスワローズジュニアに選出されたことから、山内教輔選手がベイスターズやスワローズで活躍する姿も楽しみにしてしまいます。

東海大相模からドラフト候補として脚光を浴びる選手でしょうから、高校での成長も楽しみに追いかけていきましょう!

2021ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック