2022注目の投手

武井京太郎(東海大相模)は球速に注目|中学は浮羽ボーイズで九州選抜

中学では浮羽ボーイズで活躍し、2020春から東海大相模でプレーしている武井京太郎投手。

ストレートの球速に期待が集まる本格派左腕で、非凡な打撃センスでも注目されています。

浮羽ボーイズではチームの西日本選抜大会3位に入賞したほか、九州選抜のメンバーとしても存在感を見せていました。

投打に将来性を感じる、東海大相模の武井京太郎投手を特集していきましょう。

参考:東海大相模の2020新入生は?メンバーは野球センス抜群で盤石か

武井京太郎の中学時代は浮羽ボーイズ出身

西日本大会でベストナイン

左投げ左打ちの武井京太郎選手は、軟式野球チームの三輪スポーツ少年団で野球を始めました。

筑前町立三輪中学校への進学後には、硬式野球チームの浮羽ボーイズに所属。

中学1年時から投手でマウンドに上がるなど、下級生からチームの中心となって活躍していました。

また中学3年時には副主将も務め、西日本選抜大会ではチームの3位入賞にも大きく貢献。

武井京太郎選手では同大会でベストナインにも選出されており、大会を通して圧倒的な存在感を放っていましたね…!

九州選抜でも活躍

西日本選抜大会でベストナインに選ばれるなど、浮羽ボーイズの主力で活躍していた武井京太郎選手は、鶴岡一人大会の九州選抜メンバーにも名を連ねていました。

試合では背番号1を背負い、投打にわたりチームの中心で活躍を見せていましたね…!

九州選抜でチームメイトだった谷口翔生選手も同じく東海大相模に進み、2020秋にはスタメン出場を果たしています。

ともに高校でもチームを引っ張る活躍に期待ですし、今後の活躍からも目が離せません。

参考:谷口翔生(東海大相模)は打撃に注目|中学で九州選抜の一番打者

Sponsored Link

東海大相模・武井京太郎は球速に注目の本格派

浮羽ボーイズで本格派左腕として注目を集めた武井京太郎選手は、東海大相模でもストレートの球速に注目が集まっています。

中学2年の段階で球速135キロを目標に掲げていましたし、高校のマウンドで最速140キロを超えてくるのも時間の問題でしょう。

中学でも九州選抜に名を連ねるなど球威のあるボールは当時から定評がありましたから、どこまで伸びてくるかが本当に楽しみですね…!

指にかかったときのボールはノビも十分で、球速以上のスピード感もあるためストレートで空振りが奪える点にも注目。

1学年上には2021ドラフト期待の左腕・石田隼都投手もいるため、東海大相模でも刺激を受けながら最速を更新していってほしいものです!

参考:石田隼都(東海大相模)は中学日本代表|ドラフト期待の逸材に大注目

Sponsored Link

東海大相模・武井京太郎は打撃センスも非凡

武井京太郎投手はストレートの球速に注目が集まる一方で、非凡なセンスを感じさせるバッティングも見ものです。

浮羽ボーイズ時代にも九州古賀ボーイズとの試合で二塁打を放つなど、優れたミート力を持った左打者なんですよね!

鶴岡一人大会の九州選抜でも打力は抜けており、各チーム主力級の選手が集まる中でも「打撃センスは群を抜いている」との声も上がっていたほど。

打率はもちろん、長打も打てるパワーを秘めている左打者だけに、強打の東海大相模打線でもいかに存在感を示すかは期待しましょう。

身体が出来てくればさらにパワーもついてくるでしょうから、豪快なホームランにも期待したいですね!

Sponsored Link

武井京太郎は東海大相模で投打に期待

中学時代は鶴岡一人記念大会の九州選抜で活躍し、投打にわたり東海大相模の中心への成長が期待される武井京太郎選手。

投手としては球速140キロ超のストレートを投げれるようになると思いますし、強力投手陣の中心になれる可能性も十分でしょう。

またバッティングにおいても、鋭いスイングでライナーを弾き返すセンスに期待したいところ。

東海大相模の同世代では松山拓馬選手が2020秋にスタメン出場を果たしていますし、ともに打線を引っ張る存在としても注目です!

2020秋の神奈川大会では1年生ながら背番号9をつけ、早速1桁の背番号を託されている武井京太郎選手。

東海大相模の主軸への成長に期待しつつ、投打にセンスあふれるプレーを見せる武井京太郎選手を引き続き応援していきたいと思います!

参考:松山拓馬(東海大相模)は俊足強打|中学は忠岡ボーイズで関西選抜

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック