2020世代で強豪校の注目選手

明徳義塾の2020注目選手|メンバーは攻守に充実で優勝も狙える

高知の名門・明徳義塾は2019秋からの新チームも四国大会を制覇し、これからの戦いに期待が高まっています。

2020世代も注目選手が多く揃っており、伝統の試合巧者ぶりに加えて個の力も期待できるんですよね…!

攻守にハイレベルなチームを仕上げ、いつもながら甲子園を沸かせてくれる強豪校ですが、例年にも増して注目度が高まりそうです。

この記事では、2020年の明徳義塾を引っ張るメンバーを特集してみました。

参考:明徳義塾の2020新入生は?気になる投打の注目選手をピックアップ

2020明徳義塾の打線を牽引するリードオフマン

2020世代の明徳義塾でまず注目したいのが、リードオフマンを務める俊足巧打の奥野翔琉選手です。

前チームからスタメンに名を連ねていた外野手ですが、全国トップクラスの脚力は一気に観客を魅了できるスピードがあります。

2019秋の神宮大会では二塁到達タイムで7秒41をマーク。これはプロの俊足選手と比較しても上位のタイムですから、ドラフトに期待がかかるのも不思議ではありません。

コンスタントに高い打率を残せる左打者でもありますし、2020年の高校野球界を沸かせる一人になる可能性も十分なんですよね…!

期待の選手が並ぶ明徳義塾においても抜群のセンスを誇る、大注目のメンバーです。

Sponsored Link

2020明徳義塾の中核を担う強打のメンバー

2020世代の主将を務め、攻守の要となる鈴木大照選手はまさに中心メンバーと言えるでしょう。

前チームでも主力の選手で、2019夏にも甲子園で三番の打順を任されました。

優れたミート力を持ち合わせた右打者で勝負強さも兼ね備えているため、いかに打点を積み上げられるかは明徳義塾が勝ち抜く上での大きなポイントになりますね!

50メートル6秒0の俊足も兼ね備えるほか、守備でも捕手のポジションで存在感を放つ選手ですから、現チームの核となることは間違いありません。

また、同じく強打の右打者として期待がかかるのが、主砲を任されている元屋敷大誠選手

中学通算30本以上のホームランを記録した長打力は見もので、さほど大柄ではないものの軽々とスタンドに運ぶパワーを秘めた選手なんですよね。

端正なルックスも兼ね備えているだけに、プレーはもちろん、チームの顔として高校野球ファンを惹き付けてほしいものです!

Sponsored Link

2020明徳義塾のキーマンとして期待の左打者

もうひとり明徳義塾の打線で忘れられない左打者が、五番・ファーストで2019秋に頭角を現した新澤颯真選手です。

四国大会では18打数9安打で5割の打率を残していますし、15打点の勝負強さも素晴らしいものがあります。

神宮大会でも結果的にファールにはなったものの、インコースの厳しいボールをライトポール際へ運んだ特大の飛球は大きな可能性を感じさせました。

中軸としてキーマンになる存在ですから、2020シーズンの活躍にも注目していきましょう。

Sponsored Link

全国の強力打線を翻弄する明徳義塾の注目投手

2020世代の明徳義塾で期待したいのが、技巧派サウスポーの新地智也投手です。

球速が150キロ前後の本格派が珍しくない現代の高校野球において、制球力で勝負できる左腕は本当に貴重ですよね…!

早いカウントから際どいコースで追い込める上に、球速以上にキレがあるため打者が差し込まれる場面も目立ちます。

2019夏の甲子園でも、敗れはしたものの智弁和歌山打線を相手に堂々のピッチングを見せた姿を覚えているファンも多いことでしょう。

全国の強打者を相手に、凡打の山を築くピッチングをぜひ観せてほしい注目の投手です。

また、その新地智也投手に次ぐ存在として期待が高まるのが、1学年下の右腕・畑中仁太投手

183cmの長身から球速140キロに迫るストレートを投げ込む本格派右腕で、2019秋には練習試合を含め75イニングに登板。

防御率2.15の安定感を見せていますし、この投手の成長は2020シーズンの明徳義塾にとって欠かせないでしょう。

エース一人では勝ち上がりが難しい現代の高校野球においても重要な投手になるため、ぜひとも注目したい選手の一人です!

Sponsored Link

明徳義塾の次世代を引っ張るドラフト期待のメンバー

投打に注目メンバーが並ぶ一方で、明徳義塾の次世代を担うメンバーも見逃せません。

その筆頭が、1年生ながら2019夏の甲子園でショートでスタメンを奪取した米崎薫暉選手です。

守備力の高さは目を見張るものがあり、全国のファンから「あれで本当に1年生なの?」との声が挙がっていました…!

打撃センスも高く、さらに成長を見せて上位打線に食い込んでくると明徳義塾はさらに強くなるでしょう。

そして、2019春からドラフト注目の逸材として話題になっていたのが大型左腕の代木大和投手

身長184cm・体重83kgの恵まれた体格から力のあるストレートを投げ込むほか、バッティングでも「四番を打てる才能がある」と馬淵史郎監督に言わしめた選手なんですよね…!

この先で二刀流として頭角を現す可能性も十分だけに、明徳義塾の注目メンバーを語る上では欠かせない存在とも言えます。

2020年の戦いにも大いに期待して、明徳義塾を応援していきたいですね!

参考:2020ドラフト候補の高校生野手【最新】スカウトはどう評価する?

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック