2020世代で強豪校の注目選手

習志野の2020注目選手|メンバーは経験豊富で攻守にタレント揃い

2019春のセンバツ甲子園で準優勝を果たし、2020メンバーにも甲子園経験メンバーが多く残る習志野。

2019秋の千葉県大会でも決勝で拓大紅陵に大差で勝利して、関東大会へ出場しましたね!

この記事では、2020世代も攻守に注目選手が多い習志野の注目メンバーを特集していきましょう。

参考:2020東海大相模の注目選手|メンバーは逸材揃いで全国トップクラス

2020習志野の野手陣を引っ張る甲子園メンバー

まず習志野の2020メンバーには、2年生で甲子園を経験した選手が多く残っています。

中でも特に注目したいのが、前チームから四番を務めている左の強打者・櫻井亨祐選手

2019春の選抜では星稜の奥川恭伸投手(現ヤクルト)から2安打を放ったほか、明豊戦でも豪快なホームランを叩き込みました。

秋からの新チームでも猛打を奮っており、主砲としての存在感は日増しに強くなっていますね…!

また突出した打力に加え、高校野球ファンの間ではイケメンとの声も多く上がっていますし、活躍次第でさらに人気を集める選手になるでしょう。

そしてもう一人、習志野の中核を担うのがドラフト注目のショート・角田勇斗選手

前チームから主力で活躍していた内野手ですが、新チームでは主将としてチームを引っ張っています。

守備においては遠投100メートルを超える強肩を活かしたスローイングに抜群のグラブさばきと、安定感のあるハイレベルな身のこなしは見逃せません。

右打席での勝負強いバッティングにも定評がありますし、チームに勢いを与える気迫は見ていて気持ちが良いほどです…!

経験豊富なメンバーの存在は、激戦区の千葉を戦う上でも大きな支えになるでしょう。

Sponsored Link

習志野でキーマンとなるドラフト候補のメンバー

前述の二人に加え、個人的に注目しているのが、豪快なバッティングで魅せる和田泰征選手です。

前チームでも主力として活躍していた選手ですが、2019秋からの活躍ぶりは目を見張るものがあります。

千葉大会決勝でもホームランを含む5安打の大暴れでしたし、乗せると手が付けられない印象を受けました。

身長183cmの恵まれた体格を活かしたバッティングは、長打と打率の双方に期待できるだけに、打席での期待感は群を抜いていますね…!

またサードの守備でも投手陣をもり立てていますし、この選手の活躍は習志野の躍進に欠かせないように感じます。

Sponsored Link

2020習志野メンバーは投手陣のポテンシャルも期待

習志野には野手陣にタレントが揃う一方で、投手陣のポテンシャルも見逃せません。

まず投手陣の柱として注目したいのが、前チームからマウンドを任されていたサウスポー・山内翔太投手

ストレートの最速は130キロ中盤と驚くような速さはないものの、スライダー・カーブ・チェンジアップなど多彩な変化球を操り、抜群のキレで打者を手球に取っていきます。

また打者としても巧みなバットコントロールを見せるなど、野球センスを随所に感じさせる素晴らしい選手なんですよね…!

そしてもうひとり、習志野の投手陣を支える本格派右腕の堀井遥斗投手

身長180cm・体重80kgとバランスの取れた体格から、最速142キロのストレートを投げ込みます。

2019秋の千葉大会では球速140キロ台を連発しており、平均球速から馬力を感じさせるのも魅力の1つですね。

150キロの大台も現実的に可能な投手ですから、もうワンランク上のステージに化けると習志野の投手陣はさらに盤石になっていくでしょう。

Sponsored Link

次世代の習志野を支える注目メンバー

2020世代に注目選手が多く揃う習志野で、次世代を支えるメンバーとして期待したいのが俊足巧打の小林風太選手です。

入学早々の2019春からベンチ入りを果たしており、秋には1年生ながらリードオフマンも務めるなど、習志野の千葉大会優勝に貢献しました。

小林風太選手の持ち味は巧みなバットコントロールと、外野の間を抜けば悠々と三塁に到達できる俊足。

出塁率の高さと外野での守備範囲の広さは、習志野の大きな武器となっています。

走功守三拍子揃った外野手として、今後の成長にも注目していきましょう!

激戦区の千葉で今後も覇権争いの中心となるチームですから、2020シーズンの習志野の戦いには大いに注目していきたいと思います。

参考:智弁和歌山の2020注目選手|メンバーの総合力は全国トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック