2020世代で強豪校の注目選手

智弁学園の2020注目選手|メンバーの顔触れは優勝候補予想も納得

2019秋の近畿大会でベスト4の成績を残した奈良の強豪・智弁学園。

破壊力のある打線を武器に2020甲子園の優勝候補としても名前が挙がっており、その戦いぶりには大いに期待がかかります。

ドラフト候補のメンバーも含め、ハイレベルな選手が揃っていて非常に楽しみですね…!

躍進に期待したい智弁学園のメンバーから、注目選手をピックアップしてみました。

参考:智弁学園の2020新入生を特集!メンバーは投打に注目選手が勢揃い

1年春から智弁学園の四番を務める注目打者

まず注目したいのが、1年の2019春から四番を務める前川右京選手です。

並外れたパンチ力を秘めた左の強打者で、2019秋の時点で高校通算ホームランは20本を超えているんですよね…!

夏の甲子園でも活躍を見せて知名度も上がりましたが、そのポテンシャルを考慮すると序の口で、2020年にはまだまだ暴れてくれるでしょう。

対応力に加えて勝負強さも申し分なく、強打の智弁学園打線の中心で全国の高校野球ファンを虜にしてくれることに期待しています。

Sponsored Link

2020智弁学園を引っ張るドラフト期待のメンバー

智弁学園で注目の打者は前川右京選手だけではありません。

まず豪快なバッティングが楽しみなのが、2020世代の主将を務める白石陸選手

2019秋にはリードオフマンとして打線を牽引していましたが、ホームランを打てるパンチ力も秘めているんですよね。

U18日本代表の主将も務めた前チームの坂下翔馬選手もプレーでグイグイ引っ張っていくタイプでしたが、白石陸選手もチームに勢いを与える働きが光ります。

外野手としての守備でもずば抜けた強肩でシートノックから沸かせますし、身体能力の高さも見逃せません。

そして白石陸選手と共にドラフト候補としても期待がかかる、三田智也選手も中心メンバーの一人です。

内野の要となっているショートでの軽快な守備は安定感もあり、守備範囲の広さと強肩を兼ね備えたディフェンスは全国的に見ても上位に入る実力の持ち主。

左右に打ち分ける打撃技術もありますから、ミートセンスに長けた右打者は今後も智弁学園の大きな戦力になるでしょう。

ドラフト候補の二人はメンバーの中でも特に存在感を放つだけに、最上級生となる2020年の戦いには大いに注目していきましょう。

Sponsored Link

智弁学園の投手陣は甲子園を経験したメンバーが軸

強力打線に注目が集まる一方で、智弁学園はハイレベルな投手陣も忘れてはいけません。

1年生ながら2019夏の甲子園でマウンドを経験した、サウスポーの西村王雅投手はその筆頭と言える好投手。

スリークォーターから繰り出すキレのあるボールと、勢いよく投げ込むマウンド度胸は素晴らしいものがあります。

夏の甲子園で決勝点を献上するなど2019年の戦いでは悔しさをたくさん味わいましたが、間違いなくこの経験を糧にステージを上げてくれることでしょう。

そしてもう一人、同じく甲子園のマウンドでもポテンシャルを示した小畠一心投手がいます。

140キロ台中盤のストレートを武器とする右腕で、身長184cm・体重80kgと体格にも恵まれた本格派。

2021年にはドラフト候補として名前が挙がるでしょうし、将来性にも期待がかかる投手だけに、どこまで成長を遂げるのかが楽しみで仕方ありません。

まだまだ好素材が揃う智弁学園は2020年に頭角を現すメンバーも出てくるでしょうから、この二人を軸とした投手陣にも期待です!

Sponsored Link

次世代の智弁学園打線で中軸を担うメンバー

前述の前川右京選手と同様に、智弁学園の次世代でクリーンナップを打つであろう選手にも注目したいところです。

特に右の強打者・山下陽輔選手の活躍は見もので、豪快なスイングは全国を沸かせる可能性も十分にあります。

身長175cm・体重85kgのどっしりとした体格から、2019秋にも近畿大会で2試合連続のホームランを記録。

11打数5安打5打点で4割5分5厘の高打率も残していますし、2020年の甲子園でも暴れまわってほしいですね!

優勝候補としても注目されている2020世代の智弁学園がどんな戦いを見せるのか。楽しみにしていきたいと思います。

参考:中京大中京の2020注目選手|メンバーはタレント揃いで攻守に期待大

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック