2020注目の内野手

三田智也(智弁学園)は中学日本代表|前橋出身の逸材は攻守に存在感

奈良の強豪・智弁学園で、入学直後の2018春からショートのスタメンで出場を果たしていた三田智也選手。

軽快なフットワークを活かした守備とパワーのあるバッティングで、2019秋の近畿大会ベスト4にも貢献しましたね!

中学時代は前橋桜ボーイズに所属し、世界少年野球大会の日本代表にも選出されるなど、進路に注目が集まっていた選手の一人でした。

智弁学園の中心選手として更なる活躍に期待がかかる、三田智也選手について特集していきましょう。

三田智也は中学の前橋桜ボーイズで日本代表

右投げ右打ちの三田智也選手は、中学時代に前橋桜ボーイズに所属していました。

中学時代は投手のポジションでも実力を発揮し、中学3年時にはチームを全国大会ベスト8に導くなど投打の中心選手としてプレー。

一番打者でも存在感を放っていた実力が評価されて、2017世界少年野球大会の日本代表にも選出されていますね…!


韓国との決勝戦でも投手としてマウンドに上がるなど、日本代表の世界一にも貢献しました。

ちなみに日本代表では、2020ドラフト注目の智弁和歌山・細川凌平選手や大阪桐蔭・藤江星河投手らと共にプレーしていましたね!

出身の前橋桜ボーイズでは大阪桐蔭も獲得に動くほどの逸材でしたから、今後の成長にも大いに期待したい選手です。

参考:細川凌平(智弁和歌山)は中学日本代表|ドラフト期待の俊足強打

Sponsored Link

智弁学園・三田智也は内野手としての守備力に注目

軽快なフットワーク

三田智也選手の大きな魅力になっているのが、軽快なフットワークから成る安定した守備力です。

俊足を活かした広い守備範囲も武器になっていて、2019秋からの新チームでも内野の要としてリズムをもたらしていました。

捕ってから握り替えのスピードもかなり速いですし、中学時代は投手をしていた強みを活かし、深い位置からでも速くて正確なスローイングを見せています。

同じ近畿地区にはドラフト注目の近江・土田龍空選手や大阪桐蔭・伊東光亮選手をはじめレベルの高いショートが揃いますね…!

参考:伊東光亮(大阪桐蔭)は攻守に存在感|中学は広島中央でエースの逸材

投手では最速135キロをマーク

ショートでの守備はもとより、投手としても三田智也選手のポテンシャルが伺えます。

2018秋の奈良大会3回戦・西の京線では7回を無失点に抑える活躍を見せ、チームのコールド勝ちに大きく貢献しましたね!

ストレートの球速は135キロを記録しているほか、縦横のスライダーを上手く使い分けて打者を手玉に取っていました。


野手での活躍が目立つ一方で、大阪桐蔭出身の中日・根尾昂選手について「目標であり、手本にしています」とも語っている三田智也選手。

前橋桜ボーイズでバッテリーも組んでいた前橋育英・須永武志捕手とは全国の舞台で激突が観たいですね…!

大きな可能性を秘めたプレイヤーだけに、この先の成長にも大いに注目していきましょう。

参考:須永武志(前橋育英)はドラフト期待|注目キャッチャーは攻守に存在感

Sponsored Link

三田智也はバッティングも智弁学園の武器

守備で内野陣を引っ張る一方で、三田智也選手はバッティングにおいてもチームを引っ張ります。

左右への打ち分けができる技術と、ホームランを打てるパワーの両方を兼ね備えているんですよね!

2019秋の奈良大会では準々決勝の郡山戦、準決勝の天理戦と2試合連続でホームランを放ち、チームの勝利に貢献しました。

身長169cm・体重65kgと体格的に大柄ではないものの、白石陸主将らと共に智弁学園打線の火付け役としても期待したい右打者です。

走功守三拍子揃った内野手として2020ドラフトにも期待がかかる選手ですから、甲子園の舞台でもぜひ実力どおりの働きを見せてほしいですね!

参考:白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック