2020ドラフト野手

須永武志(前橋育英)はドラフト期待|注目キャッチャーは攻守に存在感

群馬の強豪・前橋育英で前チームから正捕手として活躍していた須永武志(すなが たけし)選手。

相手の足を封じる強肩と投手陣を引っ張るリード、チャンスに強いバッティングが魅力のキャッチャーです。

2年の2019夏には四番・キャッチャーで甲子園も経験しており、ドラフトにも期待がかかる選手ですね!

主将としても圧倒的なリーダーシップでチームを引っ張る、前橋育英の須永武志選手を特集してみました。

前橋育英・須永武志はドラフト期待の守備力

強肩が光る二塁送球タイム

前橋育英・須永武志選手がドラフト注目の理由として、まずはキャッチャーの守備で見せる強肩は欠かせません。

二塁送球タイムは1秒8台のタイムをマークしており、プロの一流選手とも遜色ない力を持ち合わせています。

イニング間の二塁送球で余裕を持って投げても2秒は切ってきますし、スローイングの安定感は素晴らしいものがありますね!


2019秋の群馬大会準決勝では健大高崎に勝利しましたが、須永武志選手の強肩は機動力を武器とするチームにとっても脅威でしょう。

同じくドラフト注目の健大高崎・戸丸秦吾捕手との対戦は、強肩を活かした守備でも話題になりそうですね…!

参考:戸丸秦吾(健大高崎)はドラフト期待|中学野茂ジャパンの強肩はピカ一

フットワークの良さ

須永武志選手が圧倒的な強肩を見せている理由として、地肩の強さはもちろんのこと、フットワークの良さも大きく関係しています。

肩の強さだけで力任せになるのではなく、しっかり足を運んで送球していますから、この辺りもスローイングに安定感をもたらす要因と言えるでしょう。


またキャッチングの面でも身体を張ってボールを止める強さがありますから、キャッチャーとして総合力の高さも感じさせます。

前橋育英の守備の要として、ドラフト注目・須永武志選手の安定した守備力には大いに期待ですね!

Sponsored Link

ドラフト注目の須永武志は前橋育英の大黒柱

守備の要としてだけでなく、新チームからは主将としても存在感を放っている須永武志選手。

圧倒的なリーダーシップでチームを引っ張り、2019秋の関東大会出場の原動力にもなりました。

自身のプレーはもとより、声掛けなども含めた空気作りが非常に上手で、チーム全体にいい雰囲気をもたらせる選手なんですよね!


そんな須永武志選手のリーダーシップが垣間見えたのが、2019世代のエースだった1学年上の梶塚彪雅投手とのエピソードです。

2018秋から正捕手になった須永武志選手でしたが、当時はピンチのときにサインに首を振られることが多く「信用されていないのではないか」と感じていたそうです。

その後、秋の関東大会準々決勝・山梨学院戦での敗戦をきっかけに、1球でも多くブルペンでボールを受けるようにしたんだとか。

こういった取り組みがあって冗談を言い合えるような間柄になり、リードで引っ張れるキャッチャーに成長していったのは素敵ですよね…!

チームメイトからの信頼も厚い主将ですから、前橋育英の大黒柱としてこれからもチームの中心になっていくことは間違いありません。

Sponsored Link

前橋育英・須永武志は打てるキャッチャー

守備力に定評がある須永武志選手ですが、四番打者で活躍するバッティングも見逃せません。

身長177cm・体重76kgとバランスのとれた体格で、ミート力に長けた右打者としても存在感を放っています。

2019夏の群馬大会準決勝・桐生第一戦では一回に先制の投手強襲のタイムリーを放ったほか、七回には高校通算8本目となる貴重なソロホームランを放ちました…!


打てるキャッチャーとしても活躍できるポテンシャルを秘めているだけに、最上級生となる2020年にさらにパワーがついてくれば、ドラフトで上位指名される可能性も十分です。

前述の戸丸選手や国士舘・吉田健吾選手らと共に、世代ナンバーワン捕手をかけた争いも見逃せません…!

前橋育英の攻守の要である須永武志選手の成長を楽しみに、今後も追い掛けていきましょう。

参考:吉田健吾(国士舘)はドラフト期待|イケメン捕手は攻守に存在感

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック