2020ドラフト野手

吉田健吾(国士舘)はドラフト期待|イケメン捕手は攻守に存在感

東京の強豪・国士舘で1年秋からベンチ入りしている、強肩捕手として注目の吉田健吾選手。

守備の要として絶大な存在感を放っており、2019秋の東京大会優勝にも大きく貢献しました。

小学時代は千葉ロッテマリーンズジュニアに選出され、中学時代には狭山西武ボーイズで全国大会に出場するなど、早くから活躍が期待されていた逸材なんですよね…!

勝負強いバッティングにも期待のイケメン捕手・国士館の吉田健吾選手を特集していきましょう。

吉田健吾は小中学時代から注目選手

小学時代にはロッテジュニア出身

国士舘の吉田健吾選手は、小学生の頃から注目されている選手の一人でした。

小学6年時には厳しいセレクションを通過して千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されるなど、当時から世代トップクラスのセンスを見せています…!


ロッテマリーンズジュニアではドラフト注目の習志野・角田勇斗選手櫻井享佑選手とチームメイトでしたね!

参考:習志野・櫻井享佑に感じる四番の資質|祖父への想い胸に大きく羽ばたけ

中学では出身の狭山西武ボーイズで活躍

吉田健吾選手は足立区立第十四中学に進学し、中学時代は硬式の狭山西武ボーイズに所属していました。

狭山西武ボーイズでは主に投手として活躍し、全国大会3位の成績も残していますね!

実力が評価され、大阪桐蔭など多くの強豪校から誘いがあったそうですが、父の母校である国士館を選んだんだとか。

父が果たせなかった甲子園出場も確実視されていますし、これからの活躍にもますます期待が掛かりますね。

Sponsored Link

ドラフト期待の国士舘・吉田健吾は強肩守備が見もの

ドラフトにも期待がかかる吉田健吾選手ですが、その魅力は強肩を活かした守備にあります。

二塁送球タイムは2秒前後とずば抜けて速いわけでなないものの、フットワークの良さが際立っており、安定したスローイングに繋がっているんですよね!


またリードでも国士館の投手陣を引っ張っており、2019秋の東京大会ではエース・中西健登投手の良さを引き出して準決勝・決勝と完封で優勝を決めました。

中学時代は投手をしていて捕手転向は高校からになりますが、後ろにほとんどボールを逸らさない技術も光っていますし、ドラフト注目の捕手として大いに期待したい選手です。

参考:中西健登(国士舘)は抜群の安定感|調布シニア出身右腕が急成長

Sponsored Link

吉田健吾はバッティングも国士舘の武器

守備の要として国士舘を支えている吉田健吾選手は、一方でバッティングにおいてもチームに大きく貢献しています。

2019秋の東京大会決勝・帝京戦では、三回に貴重な追加点となる2点タイムリーを放ち、国士舘の東京大会優勝に大きく貢献しました。

2019秋の東京大会では大会を通じて5割の打率を残していますし、ここぞという場面での勝負強い打撃が光りましたね!

身長179cm・体重83kgのどっしりした体格ですから、打てる捕手としての成長にも期待したいところです。

1学年下でクリーンナップを務める清水武蔵選手らと共に、国士舘打線の中心になってくれることに期待していきましょう。

参考:清水武蔵(国士舘)は打撃センスに注目|桜島ボーイズ出身の注目株

Sponsored Link

イケメン捕手・吉田健吾は国士舘の顔に

ドラフト期待の吉田健吾選手ですが、プレーだけでなく端正な顔立ちでも注目を集めています。

攻守の活躍はもちろん、イケメン捕手としても話題になりそうですね!

国士舘は2020センバツ出場が確実と見られていますし、チームの顔になって全国区の選手になれる可能性も十分です。

同じくドラフト注目の健大高崎・戸丸秦吾捕手とは強肩キャッチャー同士、世代ナンバーワンを争ってほしいですね…!

イケメン捕手としての人気にも注目しつつ、吉田健吾選手を応援していきましょう。

参考:戸丸秦吾(健大高崎)はドラフト期待|中学野茂ジャパンの強肩はピカ一

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック