2021ドラフト野手

前川右京(智弁学園)はドラフト期待|注目の兄弟スラッガー対決は

2019夏の甲子園で1年生ながら四番に座り注目を集めた、智弁学園の前川右京(読み方は「まえがわ うきょう」)選手。

入学早々に春の奈良大会・初打席でホームランを放った左のスラッガーは、夏の甲子園でも活躍を見せ大いに全国のファンを沸かせました。

1年生ながら夏の四番に座るポテンシャルの高さは、世代トップクラスといって良いでしょう。

早くも2021ドラフトに期待する声も出ている逸材・智弁学園の前川右京選手を特集してみました。

前川右京は中学時代に出身の津ボーイズでMVP

入学早々に注目を集めている智弁学園の新星・前川右京選手ですが、中学時代からその類まれな打撃センスで活躍を見せていました。

出身の津ボーイズでは三重県選抜に選出されたほか、鶴岡一人記念大会ではMVPの実績も。

中学3年生時には身長175cm体重65kgだった体格も高校入学時には一回り大きくなった印象を受けますし、高校初打席ホームランの鮮烈デビューも納得といったところですね。


同じく1年生で夏の甲子園の先発マウンドに上がった二刀流・小畠一心選手らも素晴らしい選手で、智弁学園の1年生がかなり逸材揃いであることは高校野球ファンの間でも話題になっていますね!

中学時代から出身の津ボーイズで大器の片鱗を見せていた前川右京選手は、これからの成長が本当に楽しみです。

参考:小畠一心(智弁学園)が持つ球速以上の武器に二刀流の可能性を感じる

Sponsored Link

智弁学園・前川右京が2021ドラフト注目の理由

智弁学園初・1年での四番はダテじゃない

左の長距離砲として期待がかかる前川右京選手ですが、2019年5月の公式戦初打席で放ったホームランが早くも高校通算5本目となりました。

一塁ベースを回ったあたりでガッツポーズを見せるなど、公式戦初ホームランは嬉しかったのだと思いますが、悠然とダイヤモンドを駆ける姿にはすでに貫禄すら漂っています。

前川右京選手は「1年生のうちに20本は打ちたい」と話していますが、そのパンチ力を考慮すれば極めて現実的な目標と言えますね。

2018年に同じく1年生ながら30本を記録した、ドラフト注目の東海大相模・西川僚祐選手に匹敵するホームランをマークする可能性は十分でしょう!

もちろんこれから相手投手の警戒も強まっていくでしょうが、その中でどんな対応力を見せるのか。パンチ力が光る前川右京選手のバッティングからは目が離せません。

参考:西川僚祐はドラフト1位確定の逸材|清宮超えの理由は右へのホームラン

Sponsored Link

智弁学園・前川右京は広角に打てる

前川右京選手の注目ポイントをもう1つお伝えすると、左バッターながらレフト方向にも長打が打てる打撃センスでしょう。

実際に2019春の奈良大会3回戦でも、4打数2安打のうち初打席のホームランに加え、もう一本はレフトオーバーのタイムリーツーベースでした。

左の強打者ということで相手バッテリーが外角中心の配球になることも十分に考えられますし、そのアウトコースへの対応も見ものです。


2019夏の初戦こそノーヒットに終わったものの小坂将商監督からの信頼も厚く、智弁学園出身の岡本和真選手(巨人)と比較されるなど、漂う大物感も見逃せません。

この奈良大会では3割を超える打率を残したほか、5打点も挙げていますしね!

まだまだこれから成長を遂げていく逸材であることは間違いないので、坂下翔馬選手と並ぶ四番で、全国の好投手とたくさん対戦して更なる高みを目指していってほしいですね。

参考:坂下翔馬(智弁学園)はドラフトも注目|小中学で全国制覇の最強主将

Sponsored Link

前川右京は兄・前川夏輝との兄弟対決も期待

智弁学園で1年生からクリーンナップに座る前川右京選手の名前が全国区になるのは時間の問題かと思いますが、高校野球ファンとしてはドラフト注目の強打者であるお兄さんとの対決も楽しみなところです。

というのも、前川右京選手のお兄さんは三重・津田学園で四番を務める前川夏輝選手なんですよね。

2019年のドラフトに期待がかかる3年生で、身長178cm体重86kgとがっしりとした体格の右バッター。

2018秋には3試合連発でホームランを放ち、報知高校野球が選ぶ東海大会のMVPにも名を連ねたスラッガーです。


2歳差のため甲子園での対決が見られるチャンスは2019の夏しかありませんから、ぜひともそれぞれが勝ち上がって大舞台で対戦する試合が観たいですよね…!

高校入学早々に気が早いですが、兄弟揃ってのプロ入りにも期待してしまいます。

津田学園にはドラフト注目の前佑囲斗投手もおり勝ち上がってくる可能性は十分ですから、ともに強豪校の主軸を務める二人のスラッガーに注目していきましょう。

追記:惜しくも兄弟対決とはならなかったものの、前川右京選手の試合翌日に前川夏輝選手の試合があるなど、素晴らしい兄弟として話題になりました…!

参考:前佑囲斗(津田学園)がドラフトで注目される理由は尋常じゃない完成度

Sponsored Link

智弁学園・前川右京は甲子園でも打撃センスで魅せた

2019夏の甲子園でも智弁学園の四番に座った前川右京選手は、八戸学院光星戦でも活躍を見せました。

序盤から大量リードを許す苦しい展開の中、反撃のタイムリーヒットを放った場面では甲子園が大いに沸きました…!


激戦の末8対10で敗れはしたものの、智弁学園の追い上げに熱狂した高校野球ファンが多かったことは言うまでもありません。

救援した1年生・西村王雅投手も試合後は涙に暮れていましたが、この夏で味わった悔しさをぜひ今後の成長に繋げてくれることを願います。

参考:西村王雅(智弁学園)は中学関西一の左腕|抜群のキレと度胸は異次元レベル

Sponsored Link

前川右京は2019秋にも2打席連続ホームラン

奈良大会での豪快アーチ

智弁学園の四番として新チームでも期待が高まる前川右京選手ですが、2019秋の奈良大会3回戦・桜井戦でも魅せました。

ツーランホームランを放った次の打席で、再びライトスタンドに運ぶスリーランホームラン。

2打席連続の一発を叩き込み、コールド勝ちに大きく貢献しています。


四番としての威圧感も強くなっていますし、相変わらずの圧倒的な打力を見せつけていますね…!

Sponsored Link

近畿大会でも2打席連発

奈良大会で優勝を飾って近畿大会に出場した智弁学園ですが、初戦の神戸国際大付戦で前川右京選手がまた魅せました。

2点ビハインドの場面で打席に入り、見事な逆転スリーランホームランを放っています。


次の打席でもソロホームランを叩き込み、一人で4打点を挙げる活躍で勝利の立役者に。

この一発で高校通算ホームランは21号となっており、末恐ろしいバッターですね…!

白石陸主将らと並び、これからの智弁学園打線は目が離せなくなるでしょう。

これから更に注目を浴びることは間違いないですし、2021ドラフト注目の怪物がどこまでの成長を遂げるかが本当に楽しみです!

参考:白石陸(智弁学園)は強肩強打に注目|広島出身の主将は攻守で魅せる