2021注目選手

天理の2021メンバーは?注目選手が並び投打に全国トップレベル!

甲子園での優勝経験もあり、全国にファンも多い奈良の古豪・天理高校。

天理の2021世代のメンバーも投手力・攻撃力ともに全国屈指のチームとなっており、これからの戦いは目が離せません。

この記事では、天理野球部の2021メンバーから注目選手をピックアップしてみました。

参考:天理の2020新入生が熱い!破壊力抜群の打線は全国トップレベル

天理高校の2021野球部メンバーの注目選手【投手】

右腕の注目選手

天理高校の2021メンバーから、まずは投手陣の注目選手を見ていきましょう。

やはり一番に挙がるのは、ドラフト注目のエース・達孝太投手です。

193cmの長身をいかした角度のあるストレートは威力抜群で、スライダー、フォーク、カーブなど、キレのある変化球も武器にしています。

2020秋の奈良大会決勝・智弁学園戦では9回を9奪三振2失点の好投を見せ、チームの優勝に大きく貢献していましたね。

体格的にも大きな伸びしろを感じる投手ですし、天理の投手陣を引っ張ることはもちろん、全国的にも有数のピッチャーであることは間違いありません。

また、1学年下の注目右腕が、U12日本代表にも選出されていた南澤佑音投手

最速140キロに迫るストレートを武器に、層の厚い天理高校で1年の2020秋からベンチ入りを果たしています。

2020秋の奈良大会でも登板していましたし、バッティングも非凡なセンスを誇るだけに投打で注目したいメンバーのひとりですね!

左腕の注目選手

続いて、天理の2021メンバーから左腕の注目選手を紹介していきましょう。

左腕で注目したいのは、奈良葛城ボーイズ出身の仲川一平投手です。

中学時代には鶴岡一人大会の関西選抜にも選出されていたメンバーで、投打に抜群のセンスを見せる選手。

投手としては直球・変化球ともにキレのあるボールをコースに集められるサウスポーですから、天理高校の投手陣のなかでも貴重な戦力に鳴るでしょう。

Sponsored Link

天理高校の2021野球部メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いて、天理高校の2021世代の野球部メンバーから野手陣の注目選手をチェックしていきましょう。

まず捕手のポジションで注目したいのが、スタメンでマスクをかぶっている政所蒼太選手です。

強肩を活かしたスローイングは速さに加えて安定感もあり、二塁送球も非常に楽しみなキャッチャー。

2020秋の奈良大会決勝では二回に逆転の2ランホームランを放つなど、天理の優勝に大きく貢献していました。

攻守に高いポテンシャルを発揮していますから、2021世代の中心選手としても期待したいメンバーです。

内野手の注目選手

さらに天理高校の2021メンバーから、内野手の注目選手を見ていきましょう。

2021メンバーの内野手では、ショートを守る杉下海生選手に期待です。

抜群の守備センスで1年の秋からスタメンに名を連ねていたメンバーで、50メートル6秒前半の俊足も魅力。

シャープなバッティングにも期待のチャンスメーカーですから、天理を引っ張ってほしいメンバーのひとりですね!

また、1年の2020秋にクリーンナップを任されていた戸井零士選手と内藤大翔選手にも注目です。

戸井零士選手は小学時代にU12日本代表メンバーにも選出されていた逸材で、松原ボーイズでは関西選抜に選ばれていました。

2020秋の奈良大会準決勝・畝傍戦では四回にホームランを放つなど、打撃センス抜群の右打者です…!

また内藤大翔選手は生駒ボーイズの出身で、中学時代から中軸を任されていました。

どっしりとした下半身から豪快なスイングを見せていて、2020秋の奈良大会では1年生ながら五番・ファーストでスタメンに名を連ねていたのも納得です。

これからさらにパワーもついてくるでしょうし、力強いバッティングに期待したい右の強打者ですね!

外野手の注目選手

最後は天理高校の2021メンバーから、主力としてチームを牽引する外野手を見ていきましょう。

まずは前チームから主軸を任され、2020秋からの新チームでも四番を務める瀬千皓選手です。

1年の2019秋には3試合連続でホームランを放っており、一気に注目度を上げた右のスラッガーですね!

2020秋の奈良大会でも決勝の智弁学園戦でタイムリーを放つなど、勝負強いバッティングで天理打線の中心になることは間違いありません。

続いては、左の強打者として期待の内山陽斗選手です。

鋭いスイングに注目が集まるバッターで、2020秋の奈良大会準々決勝・御所実戦ではホームランを放つなど長打力も大きな魅力。

中学時代にはU15日本代表にも選出されていたメンバーですし、天理では主将も務めるため、その活躍からは目が離せません。

そして、センターを守る石本紘都選手も注目選手のひとりです。

攻守にスピード感が溢れるプレーを見せる外野手で、守備範囲の広さが光ります。

一方のバッティングでは二番打者を務めるなど、天理打線のチャンスメーカーとしても楽しみなメンバーですね!

Sponsored Link

天理の2021メンバーはベンチ入り争いも熾烈

2020秋の奈良大会決勝ではライバルの智弁学園を下して優勝を飾るなど、投打の戦力が充実している天理の2021メンバー。

ベンチ入りも熾烈な争いが繰り広げられることは必至で、全国の高校野球ファンも天理の躍進は見逃せないですね!

ドラフト候補への成長が見込まれる選手も多くいますし、2021世代の天理メンバーも大いに暴れまわってくれることに期待しています。

参考:【近畿大会】2020秋の高校野球|優勝候補と注目選手まとめ!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック