2022注目の投手

南澤佑音(天理)は球速に注目|中学日本代表の二刀流は進化に期待

中学では大東畷ボーイズの主力で活躍し、2020春から奈良の強豪・天理に進路を決めた南澤佑音(読み方は「みなみざわ ゆうと」)投手。

球速130キロ超のストレートを武器にする本格派で、一方の左打者としてもセンスのある打撃で注目を集めています。

過去にはU12日本代表にも選出されており、中学時代にも鶴岡一人記念大会の関西選抜に選出されていましたね!

天理では二刀流での活躍にも期待がかかる、南澤佑音投手を特集していきましょう。

南澤佑音はU12日本代表で大谷翔平似と話題

南澤佑音投手は大阪の門真市立門真みらい小学校の出身で、軟式野球チーム・オール住道で野球を始めました。

小学生のころから抜群の野球センスを発揮していた南澤佑音投手は、U12日本代表のメンバーにも選出。

『WBSC U12ワールドカップ』のスーパーラウンド初戦・ニカラグア戦では、先発でマウンドに上がって3回を無安打無失点に抑える好投を見せます。

打撃でも2安打2打点の結果を残すなど大会を通して主力でチームを牽引し、日本代表を4位に導きましたね…!

また当時、身長173cm・体重60kgのスラっとした体格やプレースタイルが、メジャーリーグでプレーする大谷翔平選手に似ていることも話題に。

台湾メディアには「可愛い大谷」と取り上げられるなど、大きな注目を集めていましたね!

ちなみに小学時代には敦賀気比の強肩捕手・渡辺優斗選手とチームメイトでしたから、甲子園での再会にも期待したいところです。

Sponsored Link

南澤佑音の中学時代は大東畷ボーイズで関西選抜

南澤佑音投手は門真市立門真はすはな中学校への進学後、硬式野球チームの大東畷ボーイズに所属していました。

全国大会出場などの目立った成績こそなかったものの、中学3年時には大東畷ボーイズのエースで活躍。

投打にわたる実力の高さが評価され、ボーイズ大阪北選抜と鶴岡大会の関西選抜に選ばれるなど、進路が注目されていた選手の一人でしたね!

同じく大阪から日本代表に選出された原叶大選手も天理ではチームメイトになりますから、高校でもハイレベルな環境での成長に期待です…!

参考:原叶大(天理)は打撃センス抜群|大阪堀江ボーイズ出身の中学日本代表

Sponsored Link

天理・南澤佑音は球速に注目の本格派

天理でも早い時期からの活躍が期待されている南澤佑音投手は、やはり力のあるストレートに注目です。

中学時代に最速133キロをマークしていて、そのストレートを武器にしたピッチングで高い奪三振率を誇っていました。

ボーイズ春季全国大会大阪北部予選準決勝・柴島ボーイズ戦では、7回1失点の完投でチームの勝利に貢献。

その試合では四死球を1つも出さない安定したコントロールも見せていて、試合終盤になってもストレートの球威は全く衰えていませんでした。

高校では球速140キロを超えるポテンシャルを十分に秘めている投手ですし、キレのあるストレートを磨いてほしいですね…!

天理ではドラフト注目の達孝太投手らと共に、マウンドで存在感を発揮してくれることに期待しています。

参考:達孝太(天理)はドラフト期待|球速以外の武器に注目の超大型右腕

Sponsored Link

天理・南澤佑音は打撃センスも凄い

投手での能力にフォーカスされがちな南澤佑音投手ですが、バッティングの良さにも期待です。

バットコントロールが上手いうえに走力も兼ね備えており、左の巧打者としても楽しみな選手なんですよね!

身体能力の高さは投打に際立っているだけに、高校で身体が大きくなりパワーが付いてくると一段と注目度が高まりそうです。

天理の同世代にはU12日本代表でもチームメイトだった戸井零士選手をはじめ、ハイレベルな選手が揃っていますから、全国でも上位を狙える可能性は十分。

南澤佑音投手の二刀流に注目しつつ、全国を沸かせる活躍を期待していきましょう!

参考:戸井零士(天理)は攻守で魅せる|日本代表も経験の逸材はセンス抜群

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック