2020世代で強豪校の注目選手

国士舘の2020注目選手|逸材が揃う強力打線と急成長のエースに注目

2019春のセンバツに10年ぶりに出場するなど、強豪復活への期待が膨らむ国士舘。

2019秋の東京大会では古豪・帝京との決勝戦に勝利し、2020センバツ出場も確実なものとしています。

甲子園でも勝ち上がれる力を持っているチームですし、全国の強豪を相手にどんな戦いを見せてくれるのかも非常に楽しみな存在ですね!

この記事では、2020世代の国士館を引っ張る注目のメンバーについて特集していきます。

参考:大阪桐蔭の2020注目選手|メンバーは投打に充実で優勝候補筆頭

2020国士舘の野手陣を引っ張る注目メンバー

2020世代の国士舘でまず注目したいのが、強豪の国士舘で1年から四番を務めている黒澤孟朗選手

低く構える独特のバッティングフォームでも話題を集めていますが、小柄ながらパワフルな打撃で強力打線の中核を担う左打者です。

身長170cmの小柄な体格ながら大阪桐蔭で甲子園を沸かせた、西武・森友哉選手に憧れているということも語っていましたし、今後も打線の中心で活躍を見せてくれるでしょう。

また、ショートを守る鎌田州真選手も同じく1年から活躍していた注目の内野手です。

2019秋からはキャプテンとしてチームを牽引しているほか、打撃でも中軸を任されるなど、大型野手としても期待が高まりますね…!

中学では投手を務めていたこともあり、地肩の強さと安定感のあるスローイングが魅力で、攻守において国士舘を引っ張る存在であることは間違いありません。

Sponsored Link

国士舘の守備を支えるドラフト注目の捕手

国士舘で捕手を務める吉田健吾選手は1年秋からベンチ入りを果たしており、フットワークを活かしたセカンド送球が持ち味のドラフト候補です。

中学時代は投手でプレーしていたため捕手は高校からという吉田健吾選手ですが、ボールを後ろに逸らさない堅実なキャッチングも魅力と言えるでしょう。

打撃においても2019秋の東京大会決勝・帝京戦でセンター前に2点タイムリーヒットを放つなど、勝負強さを発揮していますが、こちらも確実性が増してくるとプロのスカウトもより目が離せなくなるでしょうね!

Sponsored Link

2020国士舘のエースは2019秋に急成長

得点力のある打線が大きな強みになっている一方で、2019秋の東京大会優勝はエース右腕の中西健登投手なしには難しかったでしょう。

185cmの長身と長い手足を活かし、スリークウォーター気味のフォームから際どいコースを突く投球が持ち味の右腕です。

2019秋の東京大会では全6試合に登板し、3完封を含む5完投と圧巻のピッチングを見せました。

これだけの活躍を見せているにも関わらず中学時代は外野手で、投手は高校からというから驚きですよね…!

多彩な変化球も大きな武器になっていて、中でもシンカーは抜群のキレをみせています。

スタミナと変化球は素晴らしいものを持っているだけに、ストレートのキレをどこまで磨けるかが全国を舞台にしたときの鍵になりそうです。

Sponsored Link

国士舘の次世代を担う下級生メンバーにも注目

2020年も甲子園での躍進が期待されている国士舘ですが、すでに次の世代を担うメンバーも台頭してきています。

特に大きな注目を集めているのが、クリーンナップを任されている右の好打者・清水武蔵選手

優れた打撃技術を随所に見せており、2019秋の東京大会では打率5割を記録するなど抜群のミート力を発揮しました。

7打点を上げるなど勝負強さも見せており、国士舘の強力打線で中軸に座る実力はダテじゃないですね!

また外野手としてもセンターの守備で機敏な動きを見せていて、重要なセンターラインの一角としてもチームに貢献しています。

気迫溢れるプレーでチームを鼓舞するなど「自分がチームを引っ張るんだ」という強い意思も感じますし、次世代の中心メンバーとしても大いに期待していきましょう。

2020世代も国士舘の躍進には注目して、応援していきたいですね!

参考:帝京の2020注目選手|メンバーは役者揃いで名門復活に期待大

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック