2020ドラフト野手

津田啓史(横浜)はドラフト注目の身体能力|中学は熊本で日本代表

神奈川の名門・横浜高校で1年春からベンチ入りを果たしていた津田啓史(つだ けいし)選手。

攻守に抜群のセンスを見せる右投げ右打ちの内野手で、中学時代には日本代表として世界大会も経験しているんですよね!

俊足強肩と身体能力も非常に高く横浜の主力として存在感を示していますし、2020ドラフトではスカウトがまず見逃さないでしょう。

これからが楽しみな熊本出身の津田啓史選手について、特集してみました。

津田啓史は熊本中央ボーイズ出身|父は高校で部長

津田啓史選手は熊本の出身で、長峰小学在籍時に中島サンダーズで野球を始めました。

その後、長峰中学へ進学後は熊本中央ボーイズに所属。

主力として活躍し、中学3年時には硬式の全国大会であるジャイアンツカップにも出場しました。

2019秋から横浜高校の新チームで主将を務めていますが、熊本中央ボーイズでプレーしていた中学時代から高い野球センスを持ち合わせていたことがわかりますね!


ちなみに津田啓史選手の父・欣哉さんは熊本工業で甲子園出場を果たした経験があり、現在は熊本工業で野球部の部長を務めています。

抜群の野球センスは父親譲りとも言えますね!

Sponsored Link

津田啓史は中学日本代表で世界大会優勝を経験

津田啓史選手は中学時代にその実力が高く評価され、日本代表にも選出されました。

2017年の世界少年野球大会で日本代表は優勝を飾っていますから、中学で世界一を経験したことになりますね!


ちなみにこのときのチームメイトには大阪桐蔭のエース・藤江星河投手や、2年生でU18日本代表にも選ばれた作新学院・横山陽樹選手らがいました。

津田啓史選手も2020年の高校野球を沸かせてくれる一人であることは間違いなく、当時の代表メンバーと甲子園で激突する日が楽しみです!

参考:作新学院・横山陽樹は中学も日本代表|ドラフト上位の逸材に大注目

Sponsored Link

横浜・津田啓史は2020ドラフト注目の逸材

抜群の打撃センス

横浜高校で1年の2018春からベンチ入りを果たしていた津田啓史選手は、秋にショートのレギュラーを掴み、2年生ながら2019春には一番を任されています。

身長180cm・体重77kgとバランスのとれた体格で、鋭い当たりを連発するミート力に長けた右打者なんですよね。

2019夏の神奈川大会5回戦・光明相模原戦では2本のホームランを記録しています…!


広角に飛距離を出せるバッターですし、同じくドラフト注目の好打者・度会隆輝選手らと並び横浜打線を引っ張る存在になることは間違いありません。

2020ドラフト候補として今後さらにスカウトの視線が注がれるでしょうから、持ち前のバッティングを存分に見せてほしいですね!

参考:度会隆輝(横浜)がドラフト一巡目で消えてもまったく驚かないと思う

Sponsored Link

軽快なフットワークと強肩

優れた打撃センスを見せる一方で、津田啓史選手は守備力にも定評があります。

俊敏性を活かした守備範囲の広さに加え、遠投110メートルの強肩も兼ね備えるショートは内野の要。

安定感のある守備は近江・土田龍空選手らと並んで世代トップクラスとも言われています。


木下幹也投手松本隆之介投手ら、この世代でもドラフト注目の投手陣を擁する横浜高校において、津田啓史選手は守備面でも大きな存在となりますね。

三遊間の深いところからのスローイングは必見です!

参考:松本隆之介(横浜)がドラフト上位と注目される球速以外の理由とは

Sponsored Link

横浜・津田啓史は身体能力もドラフト級

攻守にハイレベルなプレーを見せる津田啓史選手ですが、そのプレーからは身体能力の高さが伝わってきます。

特に個人的に一押しなのが「スピード感」ですね!

50メートル5秒9の俊足はプレーの随所に見てとれますし、ドラフト候補として注目を集めるのも何ら不思議ではありません。

走攻守三拍子揃った選手とはよく言われますが、津田啓史選手はまさにそんな選手なんですよね…!

2年生ながら2019年のU18日本代表に選出された東海大相模・鵜沼魁斗選手とは、俊足強打のリードオフマンとして切磋琢磨してほしいものです。

余談ですが、2019夏の神奈川大会で敗れた際、津田啓史選手が泣き崩れて立ち上がれない姿はグッとくるものがありました…。


このときの悔しさを胸に、自分たちの代での雪辱を誓ったことは言うまでもありません。

これからの更なる活躍に期待して、横浜の津田啓史選手を追い掛けていきましょう。

参考:東海大相模・鵜沼魁斗は日本代表|ドラフト注目のずば抜けた打撃センス