2019北海道大会

2019夏・札幌大谷の注目選手|俊足揃いのスピード感にも期待

2018秋の神宮大会で星稜を破って優勝を果たし、名実ともに「追われる存在」になった札幌大谷。

高校通算20本以上のホームランを放っている四番・石鳥亮選手をはじめ、タレント揃いのチームは2019夏の南北海道大会でも期待がかかります。

強力な投手陣に切れ目のない打線に加え、俊足揃いのスピードにも注目。見どころの満載の王者・札幌大谷を特集してみました。

参考:石鳥亮(札幌大谷)のホームランに注目|怪我を乗り越えて魅せる四番の姿

 

チームの精神的支柱・飯田柊哉

主力には1年生時からレギュラーとして出場していた選手が多い札幌大谷ですが、飯田柊哉選手もスタメンでマスクをかぶっていました。

冷静なリードでタイプの異なる投手陣の強みを引き出す一方、中軸を担う打撃センスも持ち合わせており、攻守に存在感を放つ選手ですね。


50メートル6秒1の俊足で一番打者として起用されることもありますし、小学時代には日本ハムファイターズジュニアにも選出されるなど、早々に野球センスが評価されてきた経験もあります。

また主将としても視野の広さは素晴らしいものがあり、チームに安心感を与えられる存在としても札幌大谷になくてはならない選手でしょう。

 

投打に存在感を見せるエース・西原健太

肩の故障でマウンドから遠ざかっていたエースの西原健太投手は打撃でも主軸を任される選手で、最後の夏で大いに暴れてほしい選手の一人です。

2018秋の神宮大会決勝でプロ注目の内山壮真選手ら強打者が並ぶ星稜打線を相手に、1安打に抑えた投球は見事としか言いようがありませんでした…!


軽く140キロを超えるストレートを武器に、本調子で投げることが出来れば道内トップクラスの実力を持つ投手です。

また西原健太選手は打者としてもパンチ力があり、石鳥亮選手と共に主軸を担う右の強打者なんですよね。

2019春の東海大札幌戦で見せた、ファイターズジュニア時代からのライバル・小林珠維投手との対戦は十分すぎる迫力がありました。

船尾隆広監督も西原健太選手について「とにかく一生懸命に練習する選手」と信頼を置いていますし、投打の軸として最後の夏ですべてを出しきってくれることを願います…!

参考:小林珠維(東海大札幌)はドラフトで球速以上に評価されていいと思う

Sponsored Link

驚異のスピードを誇る佐野翔騎郎

俊足巧打の佐野翔騎郎(しょうきろう)外野手は、全国トップクラスのスピードを誇る左打者です。

上位に強打者が並ぶため打順は下位を任されていますが、一塁到達タイムは3秒94とプロ顔負けの俊足でチャンスメイクできる佐野翔騎郎選手の存在はチームとしても非常に大きいものがあるんですよね。

ミートが上手なバッターで、2018秋の全道大会では準決勝の駒大苫小牧戦で同点の10回に勝ち越しタイムリーを放つなど勝負強さも兼ね備えています。


2年生ながら札幌大谷のレギュラーを勝ち取っているあたりも能力の高さが伺えますね!

秋からの新チームでも中心になるでしょうから、圧倒的なスピードを見せる佐野翔騎郎選手は要チェックです。

 

50メートル5秒9の中川征典

ライトを守る佐野翔騎郎選手と並び、快足に注目が集まるのがレフトの中川征典外野手です。

50メートル5秒9の脚力は素晴らしいものがあり、「自分が目立つことはない」と脇役に徹する姿勢もチームに欠かせない存在と言えるでしょう。

センターに石鳥亮選手が入る外野陣はかなりレベルが高いことがわかりますね…!


派手さこそないもののスピードは抜群で、佐野翔騎郎選手と八・九番に入る俊足コンビはさながら一・二番かのような働きを見せます。

相手の嫌がる動きができる選手ですから、打席での働きに注目していきましょう。

 

札幌大谷は打線のバランスがかなり良い

石鳥亮選手に西原健太選手、北本壮一郎選手ら右の強打者が注目を集めている一方で、札幌大谷の打線には俊足が多いことも見逃せません。

春の大会では巧打の釜萢大司選手をピックアップしましたが、各々が期待されている役割をしっかりと果たしていることが札幌大谷の強さでしょう。

西原健太投手に太田流星投手、左の阿部剣友投手と投手陣もタイプの異なるピッチャーが揃っていますし、2019夏の戦いも非常に楽しみですね!

初戦で対戦する駒大苫小牧とのカードは「決勝戦」とも言われるほどの対決になりますが、最速144キロを誇るエース・北嶋洸太投手と札幌大谷打線の対戦は球場を沸かせてくれそうです…!

参考:2019春季全道大会の注目選手を紹介|札幌大谷は釜萢大司と太田流星

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック