2022ドラフト投手

鈴木泰成(東海大菅生)はドラフト期待|球速も注目の大型右腕

茨城の友部シニアではエースを務め、東海海大菅生でも早くからマウンドを任されている鈴木泰成(すずき たいせい)投手。

180cm超の長身から投げ下ろすストレートを武器に、ポテンシャルの高さが際立つ本格派右腕です。

小学時代はヤクルトスワローズジュニアに選出され、友部シニアでも全国大会出場を果たしていて、進路が注目されていたピッチャーの一人ですね!

世代を代表する投手への進化が楽しみな、東海大菅生の鈴木泰成投手を特集していきましょう。

参考:東海大菅生の2020新入生は?メンバーの注目選手は全国レベル!

鈴木泰成は小中学時代から注目のピッチャー

小学ではスワローズジュニア

右投げ右打ちの鈴木泰成投手は、軟式野球チームの勝田野球スポーツ少年団で野球を始めました。

小学6年時にはスワローズジュニアのセレクションを通過してメンバーに選ばれ、背番号10を背負ってプレー。

西武ライオンズジュニアとの試合では先発のマウンドを任されて、チームの勝利に貢献していました。

ちなみにヤクルトスワローズジュニアのチームメイトには、東練馬シニアで全国準優勝を果たした近大付・前田尚哉投手もいましたから、好投手同士で高校での激突にも注目ですね!

中学は友部シニア出身で全国

また中学への進学後には、硬式野球チームの友部シニアに入団した鈴木泰成投手。

中学3年時にはエースとしてチームを牽引し、全国大会出場にも大きく貢献しました。

また、友部シニアのチームメイトだった瀬谷大夢選手も2020秋から二松学舎大付の主力で活躍していますし、東西は違えど東京大会での激突も見てみたいものです!

Sponsored Link

東海大菅生・鈴木泰成は球速に注目の本格派

東海大菅生でも2020秋からベンチ入りして活躍している鈴木泰成投手ですが、まず注目したいのは投球の軸となるストレートです。

1年の2020秋の時点で最速139キロをマークしていて、ノビのある球質も高く評価されています。

身長185cm・体重72kgの体格は高校のトレーニングでまだまだ厚みが増してくるでしょうし、これから更に球速が伸びてくることは間違いありません。

長い手足をいかした角度のあるボールも鈴木泰成投手の武器になっていますから、長身からの真っ直ぐには大いに期待したいですね…!

Sponsored Link

東海大菅生・鈴木泰成はマウンド度胸も抜群

ストレートに注目が集まっている一方で、鈴木泰成投手は抜群のマウンド度胸でもエース候補として期待されています。

2020秋の東京大会では準々決勝までに12回2/3を投げて無失点と、安定したピッチングで投手陣を支えていました。

準決勝の関東一戦でも7回に満塁のピンチを背負うも、最少失点で切り抜けチームの勝利に貢献。さらに決勝の日大三戦でも終盤の8回を無失点に抑え、優勝に向けた継投のバトンをつなぎましたね!

神宮球場のマウンドでも物怖じしないピッチングは見事でしたし、キレのある変化球もウイニングショットとして一段と磨かれていくでしょう。

東海大菅生で1年夏からスタメンに名を連ねる福原聖矢選手とのバッテリーは、2022ドラフト候補として騒がれても不思議ではありません。

エースの資質は十分に備えている投手ですから、制球力がアップすると東京屈指の右腕として全国区になるのではないでしょうか…!

参考:福原聖矢(東海大菅生)はドラフト期待|中学日本代表は異次元レベル

Sponsored Link

鈴木泰成は東海大菅生からドラフトも期待

小学時代はヤクルトスワローズジュニアに選出され、中学の友部シニアでも全国の舞台を経験している鈴木泰成投手。

東海大菅生でも1年の2020秋から頭角を現していますし、これから投手陣を支える存在となっていくことは間違いありません。

恵まれた長身からも大きな将来性を感じますし、最速140キロ超えも時間の問題だけに今後が本当に楽しみなピッチャーですね!

大物になる素質を感じる大型投手だけに、2022ドラフト候補に名前が挙がってくる可能性も十分でしょう。

同世代の小山凌暉選手をはじめ東海大菅生は逸材揃いですから、甲子園で高校野球ファンを沸かせてくれることにも期待。

東海大菅生のエース候補として注目するとともに、世代を代表する投手への成長に期待しながら追いかけていきたいと思います!

参考:小山凌暉(東海大菅生)は将来性抜群|兄弟でドラフト期待の身体能力

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック