2022ドラフト投手

前田尚哉(近大付)は球速に注目|中学日本代表は全国でも準優勝

東練馬シニアのエースで活躍し、2020春からは大阪の近大付に進路を決めた前田尚哉(まえだ なおや)投手。

最速140キロに迫るストレートを投げる本格派で、制球力の高さも兼ね備えている注目の右腕です。

中学時代は東練馬シニアで全国大会の準優勝に大きく貢献した上に、U15日本代表にも選ばれた世代を代表する投手の一人なんですよね…!

近大付でもエース候補として活躍が期待される、前田尚哉投手を特集していきましょう。

参考:2022ドラフト候補の高校生投手【最新】スカウト注目の逸材を特集

前田尚哉の小学はヤクルトスワローズジュニア

右投げ右打ちの前田尚哉投手は、軟式野球チームのジュニアヤンガースで野球を始めました。

当時から投手のポジションで野球センスを見せていて、チームの中心でプレー。

小学6年時にはヤクルトスワローズジュニアのセレクションを通過して18人のメンバーに選ばれており、背番号16でピッチャー登録でしたね…!

このときヤクルトスワローズジュニアのチームメイトには、盛岡大付のスラッガー・中沢舟汰選手がいましたから、この先も上の舞台で激突があるかもしれません。

参考:中沢舟汰(盛岡大付)はホームランに注目|高崎ボーイズ出身の長距離砲

Sponsored Link

前田尚哉は中学時代に東練馬シニアで日本代表

出身チームでは全国準優勝も

前田尚哉投手は中学への進学後には、強豪の東練馬シニアに所属していました。

中学3年時には東練馬シニアでエースを任されて、ジャイアンツカップでの全国準優勝にも貢献しています。

特に準決勝・浦和シニア戦で見せた投球は見事で、まさにエースという堂々とした投げっぷりで決勝進出の立役者となりましたね!

東練馬シニアの同世代には帝京に進んでいる杉本直将毅選手もいましたし、全国の舞台での対決が楽しみです!

U15日本代表も経験

東練馬シニアではエースを任されるなど主力で活躍していた前田尚哉投手は、U15日本代表にも選出されていました。

日本代表の一員として出場した『U15アジアチャレンジマッチ2019』では、初戦の松山市代表戦に先発。

コンディション不良から本来の出来でこそなかったものの、変化球を巧みに使い、2つの三振も奪っていました。

調子が悪いときでも大崩れしないのはさすがですし、投手としての能力の高さを感じさせますよね!

中学日本代表でも優れた実力を見せつけていましたから、進路が話題になっていたのも不思議ではありません。

Sponsored Link

近大付・前田尚哉は球速に注目の本格派

近大付でも投手陣の一角を担う活躍が期待されている前田尚哉投手ですが、やはり注目を集めているのはストレートです。

中学時代に最速138キロをマークしており、球速が140キロ台に乗るのも時間の問題でしょう。

ジャイアンツカップでも高めのストレートには非常に力がありましたし、ノビのあるストレートを軸に高校でも力強いピッチングを見せてくれそうです…!

加えて、緩い変化球を巧みに使って自慢のストレートを速く見せる投球術も見もの。

身長174cm・体重74kgと体格的にもまだまだ伸びしろを感じますし、前田尚哉投手は近大付で投球の質がもうワンランク上がると本当に楽しみなピッチャーですね…!

最速150キロの大台も狙える素質を持っている投手ですから、同じく近畿地区の大阪桐蔭の147キロ右腕・別所孝亮投手らと切磋琢磨して、2022ドラフトにも期待していきましょう。

参考:別所孝亮(大阪桐蔭)は球速に注目|中学一の豪腕は野茂ジャパン出身

Sponsored Link

前田尚哉は近大付からドラフトにも期待

東練馬シニアの中学時代には全国準優勝に大きく貢献し、U15日本代表も経験している前田尚哉投手。

最速140キロに迫るストレートはやはり魅力ですし、高めのストレートは非常に力があります。

また前田尚哉投手は直球だけでなく、変化球でカウントを取れるコントロールなど、試合を作る能力も長けている投手。

近大付でも先発の柱として活躍することは間違いないでしょうし、早くからマウンドに上がる姿が楽しみですね…!

近大付の躍進に期待しつつ、本格派右腕・前田尚哉投手の活躍を引き続き追いかけて行きたいと思います!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック