2021注目選手

龍谷大平安の2021メンバーは?注目選手は野球センス抜群!

全国屈指の甲子園出場回数を誇り、京都の高校野球をリードする名門・龍谷大平安。

2020秋の京都大会で優勝を果たすなど、2021世代のメンバーも攻守にレベルの高い選手が揃っています。

この記事では、龍谷大平安野球部の2021メンバーから注目選手をピックアップしてみました。

参考:龍谷大平安の2020新入生は?メンバーは全国的にも上位の顔ぶれ

龍谷大平安野球部の2021メンバーの注目選手【投手】

左腕の注目選手

龍谷大平安野球部の2021世代メンバーですが、まずは投手陣の注目選手から見ていきましょう。

左腕で注目したいのが、2020秋の京都大会決勝で先発のマウンドに上がった松岡夢貴投手です。

公式戦初先発だった乙訓との一戦でしたが、6回途中まで1失点と試合を作り、龍谷大平安の優勝に貢献しました。

相手打線のインコースを突く大胆な投球が光っており、投手陣の一角として期待したいメンバーですね!

また、2020秋の京都大会1回戦・西京戦に登板した小西大和投手も注目です。

京都嵯峨野ボーイズ出身のサウスポーで、中学3年時には全国大会にも出場して関西選抜のメンバーにも選出。

ポテンシャルは高いものを持っている投手ですから、キレのあるボールを武器にどこまで進化を遂げるかは本当に楽しみです。

右腕の注目選手

続いて、龍谷大平安の2021メンバーから右腕の注目選手にスポットを当てていきましょう。

まず注目したいのは、安定感のあるピッチングが際立つ林慎之介投手です。

2020秋の京都大会決勝では、松岡夢貴投手の後のリリーフで6回途中から登板。交代直後に1点は失ったものの、9回まで安定した投球を見せていました。

試合の途中からでもしっかりとゲームに入っていける精神的な強さもあり、投手陣を支える存在として期待したいメンバーですね!

そして右腕でもう一人注目したいのが石田琉稀投手

2020秋の京都大会準決勝・京都国際戦では6回無失点の好投を見せ、近畿大会出場を手繰り寄せました。

小学時代はオリックスバファローズジュニアに選出されたほか、大阪狭山シニアではMCYSA全米選手権大会の日本代表メンバーにも選ばれている逸材。

龍谷大平安でもさらに進化を遂げて、2021世代の投手陣を牽引する存在に成長してほしいですね…!

Sponsored Link

龍谷大平安野球部の2021メンバーの注目選手【野手】

捕手の注目選手

続いては龍谷大平安の2021メンバーから野手の注目選手を紹介していきましょう。

まず捕手のポジションで楽しみなのが、正捕手を務める高田英治選手です。

2020秋からは四番に座って打線を牽引し、勝負強いバッティングでチームの勝利に大きく貢献。京都大会決勝・乙訓戦でも四回表にタイムリーを放ち、龍谷大平安の優勝を大きく手繰り寄せましたね!

守備では巧みなインサイドワークで投手を引っ張っていますし、攻守の両面でチームの中心になっているメンバーと言えるでしょう。

内野手の注目選手

続いて内野手のメンバーで見逃せないのが、主将を務める吉田元選手です。

新チームでは主に三番を務めるなど非凡な打撃センスで活躍し、2020秋の京都大会決勝の乙訓戦では4打数2安打2盗塁と躍動。

一回戦の西京戦では三塁打も放っていますし、長打力も大きな魅力。

ショートの守備でも軽快なフットワークを見せている吉田元選手ですが、プレーだけでなく主将としてのリーダーシップにも期待です!

その吉田元選手とともに二遊間を守るのが、中学日本代表メンバーにも選出された早川瞬選手です。

セカンドの守備では巧みなグラブさばきをいかし、安定した守備力を誇っています。

一方の打撃でも五番打者を任されるなどクリーンナップの一角を担っていますから、攻守に活躍が期待されるメンバーですね!

内野手の最後は、1年の2020秋からスタメンで出場してる南野倫平選手です。

中学時代は住吉ボーイズのエースで活躍した左腕で、日本代表メンバーにも選出されていた逸材。

京都大会決勝の乙訓戦ではタイムリーも放っていましたし、打撃センスにも期待がかかる二刀流の選手です。

外野手の注目選手

最後は龍谷大平安2021メンバーの中でも、注目を集める外野手を見ていきましょう。

外野手の一人目は、京都嵐山ボーイズ出身の高杉雄大選手です。

一番・レフトで出場するなど俊足巧打の右打者で、ミート力の高いバッティングは龍谷大平安打線の火付け役として期待。

選球眼の良さもある選手だけに、出塁率が安定してくると得点力に直結してくるのではないでしょうか。

また、府中広島2000出身の實谷大周選手にも注目です。

2020秋の京都大会準決勝・京都国際戦では三塁打を放つなど、長打を打てるパンチ力もある左の巧打者。

持ち前の俊足は攻守で際立っていますし、龍谷大平安の野球にスピードをもたらしてくれるプレーはぜひ楽しみにしたいメンバーです。

そして1学年下では、1年の秋からスタメンで出場している辻村大我選手の活躍も見逃せません。

2020秋の京都大会準々決勝・京都国際戦では、三塁打を含む3安打2打点の活躍。

続く決勝の乙訓戦でも3安打2打点の活躍を見せ、持ち前の打撃センスを存分に見せつけましたね!

広角にヒットを打てるバットコントロールは世代屈指ですし、龍谷大平安を引っ張る中心メンバーへと成長して全国区になってほしい左打者です!

Sponsored Link

龍谷大平安の2021メンバーはベンチ入り争いも熾烈

龍谷大平安の2021メンバーを紹介してきましたが、投打に戦力が充実しているため県内でも間違いなく優勝争いに絡んでくるでしょう。

伊藤愛都選手ら1学年下にもハイレベルなメンバーが揃うだけに、ベンチ入り争いも目が離せません。

近畿大会や甲子園でも躍進が楽しみなチームですし、高校野球ファンを沸かせるプレーに注目しましょう!

参考:【近畿大会】2020秋の高校野球|優勝候補と注目選手まとめ!

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック