2021ドラフト投手

吉野蓮(仙台育英)は球速に注目|ドラフト右腕はホームランにも期待

宮城の強豪・仙台育英で1年の2019秋からベンチ入りを果たしている吉野蓮(よしの れん)選手。

球速140キロ超のストレートを投げ込む本格派右腕で、ホームランが打てるバッティングでも注目を集める二刀流です。

中学時代は宮城北部シニアの主力で活躍して、全国大会出場にも貢献していた楽しみな選手なんですよね…!

仙台育英でも投打の軸として活躍に期待のかかる、吉野蓮選手を特集していきましょう。

参考:仙台育英の2020新入生は?メンバーは攻守に充実で将来性抜群

吉野蓮の中学時代は宮城北部シニアで全国

吉野蓮投手は宮城県富谷市の出身で、富谷市立明石台小学校の1年時に軟式野球チーム・東向陽台スカイラークで野球を始めました。

富谷市立東向陽台中学への進学後には、硬式野球チームの宮城北部シニアに所属。

中学3年時にはエースを任されて、全国大会ベスト16にも大きく貢献しています。

2018東北大会の準決勝・弘前聖愛シニアとの一戦では、東北大会で優勝の強豪を相手に5回1失点の好投を見せるなど、東北屈指の右腕として注目されていましたね!

このとき弘前聖愛シニアで主軸を打った浅利瑠良選手は日大山形に進路を決めていますから、東北大会や甲子園での激突はぜひ観てみたいものです!

Sponsored Link

仙台育英・吉野蓮は球速に注目の本格派

宮城北部シニアのエースで全国大会にも出場していた吉野蓮投手ですが、140キロを超えるストレートの球速には注目です。

1年の2019冬までに最速142キロをマークしていて、身長177cm・体重80kgの体格から投げ込むボールには力があります。

恵まれた体格の持ち主だけに高校3年にかけて更に球速はアップするでしょうし、最速150キロも十分に狙えるポテンシャルを秘めている投手といえるでしょう。

仙台育英の同世代では1年から2019夏の甲子園で登板した、2021ドラフト注目の笹倉世凪投手ら力のあるピッチャーが集います。

吉野蓮選手も同世代ではトップクラスの投手ですから、投手陣の一角を担う活躍に期待していきたいですね!

参考:笹倉世凪(仙台育英)はドラフト期待|球速だけじゃない怪物の進化

Sponsored Link

ドラフト期待の吉野蓮はホームランも期待の強打者

球速140キロ超のストレートに注目が集まる一方で、吉野蓮選手は高い打撃センスも見逃せません。

身長177cm・体重80kgのがっちりした体格を生かした豪快なスイングで、広角に鋭い打球を放っています。

2019秋の神宮大会初戦・天理戦ではレフトスタンドに2ランホームランを放ち、持ち前のパワーを見せつけましたね!

また2020春に行われた紅白戦でも4安打の固め打ちで猛アピールして、2020夏の甲子園交流試合では七番・ライトで先発出場も果たしています。

そんな急成長を見せる吉野蓮選手が、2019冬に打撃向上のために前主将の田中祥都選手と取り組んだのが、さまざまな角度からのトスバッティング。

それまで引っ張る打球が多かったものの、トスバッティングに取り組んだおかげで広角に鋭い打球が打てるようになったんですよね…!

高い打率も残せる上にホームランも打てるパンチ力も兼ね備えていますから、ドラフト期待の右腕はバッティングでも目が離せません。

参考:田中祥都(仙台育英)はドラフト期待|俊足巧打の主将は異次元レベル

Sponsored Link

ドラフト期待の吉野蓮は投打で仙台育英の柱に

強豪・仙台育英で1年秋からベンチ結果を残し、投打の柱として期待されている吉野蓮選手。

高校2年の時点で140キロ中盤を射程圏内に捕らえている球速はやはり魅力ですし、体格的にも伸びしろを感じさせる投手です。

吉野蓮選手は変化球の精度にも定評がありますから、仙台育英投手陣の一角を担う存在として期待ですね!

1学年下にも最速140キロ超の本格派左腕・古川翼投手ら楽しみなピッチャーがいますが、吉野蓮選手は投手陣の柱となってチームを牽引してほしいところ。

投打で仙台育英を引っ張る存在として注目しつつ、2021ドラフト候補への成長に期待しながら追いかけていきたいと思います!

参考:古川翼(仙台育英)は球速に注目|秀光中学の左腕は世代トップクラス

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック