2022注目の外野手

三塚琉生(桐生第一)の強打に注目|八千代中央シニア出身の主軸候補

中学では八千代中央シニアの主力で活躍し、2020春からは桐生第一に進路を決めた三塚琉生(読み方は「みつか るい」)選手。

長打力があるバッティングを持ち味とする左の強打者で、強肩の外野手としても注目を集めています。

中学時代は八千代中央シニアの四番を務めるなど、進路が注目されていた選手の一人でしたね!

桐生第一でも主軸への成長が楽しみな、三塚琉生選手を特集していきましょう。

参考:桐生第一の2020新入生は?野手陣のメンバー充実で攻撃力に注目!

三塚琉生の中学時代は八千代中央シニアで主軸

小学では柏選抜

左投げ左打ちの三塚琉生選手は小学時代、軟式野球チームの増尾レッドスターズで野球を始めました。

当時から抜群の野球センスを見せていて、小学6年時には柏選抜チームのメンバーにも選出。

このときの選抜では2020春から関東第一に進んでいる富岡大阿選手ともチームメイトでしたね!

中学でも強豪の四番

また中学への進学後には、硬式野球チームの八千代中央シニアに所属していた三塚琉生選手。

中学3年時には四番を務めるなど打線を牽引し、マリーンズカップではチームの3位入賞にも貢献しています。

ちなみに八千代中央シニアでは日本代表も経験した専大松戸・横山瑛太選手とチームメイトで、ともにクリーンナップを組んで中心的存在となっていましたね!

高校ではそれぞれ強豪校に進んでライバルとなりますから、関東大会や甲子園での激突は非常に楽しみです…!

Sponsored Link

桐生第一・三塚琉生はホームランも期待のパンチ力

桐生第一でも成長に期待が高まる三塚琉生選手ですが、やはり注目したいのは抜群の長打力を誇るバッティングでしょう。

身長181cm・体重83kgのどっしりした体格を活かし、ホームランも期待できるパンチ力を持ち合わせている左打者です。

中学時代に出場したマリーンズカップ準々決勝・千葉北シニア戦では、チャンスの場面で2本の長打を放ち、その打力を見せつけていました。

スケールの大きなプレーは高い将来性を感じさせ、三塚琉生選手は桐生第一でホームランの量産にも期待したいところ。

高校の先輩にも廣瀬智也選手をはじめ優れた打力を誇る選手が揃いますから、多くを吸収して早くから実戦経験を積んでほしいですね!

参考:廣瀬智也(桐生第一)の打撃に注目|浦和シニアでも主将の大黒柱

Sponsored Link

桐生第一・三塚琉生は守備でも魅せる

バッティングだけでなく、守備でも身体能力の高さに注目の三塚琉生選手。

中学時代には投手も務めており、強肩を生かしたスローイングは外野手としての大きな武器になっています。

攻守において力強いプレーを見せてくれる選手だけに、我々観客も気づいたときには魅了されてしまいますね…!

また桐生第一のソツのない野球のなかで、守備力の向上にも期待したいところ。

三塚琉生選手は打力を買われての出場も十分にありえますから、高校での起用法にも注目していきましょう。

Sponsored Link

三塚琉生は桐生第一でも主軸候補の強打者

八千代中央シニアで四番を務めるなどチームを牽引し、桐生第一でも打線の中軸として期待されている三塚琉生選手。

力強いスイングを見せるバッティングはやはり魅力ですし、高校でもクリーンナップを打てる素質は十分でしょう。

中学時代のチームメイトだった習志野・谷口晃介選手とは、左の強打者同士で今後も切磋琢磨してほしいところ。

早い時期から試合経験を積んで進化を遂げれば、全国区の選手として高校野球ファンを惹きつけるプレイヤーだと思います。

主軸として桐生第一打線を引っ張る活躍を楽しみにしつつ、三塚琉生選手の高校での飛躍を追いかけていきましょう。

参考:谷口晃介(習志野)は強打に注目|千葉ロッテジュニア出身の主軸候補

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック