2022注目の捕手

横山瑛太(専大松戸)は攻守に注目|八千代中央シニアで中学日本代表

八千代中央シニアで主軸を務め、2020春から専大松戸へ進路を決めた横山瑛太(よこやま えいた)選手。

バッティングの良さに加えて捕手での強肩ぶりも光る、攻守に注目の右打者です。

小学では千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されたほか、中学時代にも日本代表として国際試合を経験している逸材ですね!

専大松戸でも攻守での活躍が楽しみな、横山瑛太選手を特集していきましょう。

参考:専大松戸の2020新入生が凄い|逸材揃いで黄金世代の到来か

横山瑛太は千葉ロッテジュニアで先頭打者ホームラン

右投げ右打ちの横山瑛太選手は小学生の頃、七次台ジャガーズでプレーしていました。

当時は主に投手兼内野手でプレーしており、小学6年時には千葉ロッテマリーンズジュニアにも選出されています。

千葉ロッテマリーンズジュニアでは背番号7をつけ、一番打者を務めるなど主力として活躍。

オリックスバファローズジュニアとの一戦では先頭打者ホームランも放っています。

さらには中日ドラゴンズジュニアとの対戦でもレフトへホームランを叩き込んでおり、精鋭が集う大会のなかでもバッティングの良さは際立っていましたね!

このとき一・二番を打った米山善選手とは高校で再びチームメイトになりますから、専大松戸はこれからも非常に楽しみなチームに仕上がりそうです。

Sponsored Link

横山瑛太は八千代中央シニアで中学日本代表

横山瑛太選手は中学への進学後、野球では八千代中央シニアに所属していました。

八千代中央シニアでも早くから実力を示しており、中学2年時には東関東選抜のメンバーに選ばれて台湾遠征を経験していますね!

さらに中学3年時には主将を務め、日本代表としてMCYSA全米選手権大会にも出場。

各世代で世代トップクラスの舞台を経験しているあたりからも、横山瑛太選手のポテンシャルの高さが伺えます。

ちなみに日本代表のチームメイトだった山田慎之介選手は花咲徳栄へ進路を決めており、関東大会や甲子園での激突にも期待が高まりますね…!

Sponsored Link

専大松戸・横山瑛太はバッティングに期待

専大松戸でも主力選手への成長に期待がかかる横山瑛太選手。

スイングスピードが速くミート力に長けた右打者で、中学時代にも八千代中央シニアで四番に座るなど主軸を担っていました。

インコースのさばきが上手くストレートにも強いため、高校でも早い段階から出場機会を掴むのではないでしょうか…!

中学時代ともにクリーンナップを打った谷口晃介選手は習志野に進みましたから、高校でも互いにバットで存在感を示してほしいところ。

横山瑛太選手はチャンスに強いバッティングも見ものですし、専大松戸でも打線の中心となってチームを引っ張ってくれるでしょうね!

Sponsored Link

横山瑛太は守備でも専大松戸の武器に

バッティングの良さが注目を集める一方で、横山瑛太選手は守備面でも能力の高さが際立ちます。

中学では捕手のポジションで扇の要としてプレーしていましたが、周りへの声掛けなどを見ても強いリーダーシップを感じました。

またファーストも難なくこなすなど、複数のポジションを守れる野球センスは高校でも大きな武器になるでしょう。

専大松戸の同世代には強打の捕手・綱取大晃選手もいますし、起用法にも注目したいところ。

攻守において頼りになる存在だけに、横山瑛太選手の対応力の高さは高校野球ファンを魅了しそうです!

参考:綱取大晃(専大松戸)は強打に注目|中学で選抜四番の左スラッガー

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック