2022ドラフト野手

綱取大晃(専大松戸)は強打に注目|中学で選抜四番の左スラッガー

松戸中央ボーイズで主砲を務め、2020春からは専大松戸に進路を決めた綱取大晃(読み方は「つなとり ひろあき」)選手。

どっしりとした体格から長打率が高い左打者で、高校でも長距離砲としての成長が非常に楽しみなスラッガーです。

小学時代には千葉ロッテマリーンズジュニアに選出されたほか、中学でも千葉県選抜に選ばれて四番に座っていましたね!

専大松戸での活躍にも注目が集まる綱取大晃選手を特集していきましょう。

参考:専大松戸の2020新入生が凄い|逸材揃いで黄金世代の到来か

綱取大晃の小学は千葉ロッテマリーンズジュニア出身

右投げ左打ちの綱取大晃選手は小学時代、野菊野ファイターズでプレーしていました。

持ち前のバッティングは当時から光るものがあり、小学6年時には千葉ロッテマリーンズジュニアに選出。

その千葉ロッテマリーンズジュニアではセンターオーバーのホームランも記録しました。

世代トップクラスの選手が集まる中で四番・キャッチャーで主軸を任されるあたりも、綱取大晃選手の実力を証明していますね!

この世代の千葉ロッテマリーンズジュニアはトーナメントを勝ち上がってベスト4に進出。

共に主力で戦った横山瑛太選手らは高校でチームメイトになりますから、専大松戸はこれから更に強くなりそうです…!

参考:横山瑛太(専大松戸)は攻守に注目|八千代中央シニアで中学日本代表

Sponsored Link

綱取大晃は松戸中央ボーイズでも進路が話題

綱取大晃選手は中学への進学後には、野球では松戸中央ボーイズに所属していました。

中学時代に全国出場などの実績こそないものの打力は群を抜いており、選抜のメンバーには名を連ねていましたね!

報知オールスターでの千葉県選抜でも四番を務め、2試合でそれぞれ二塁打を記録。

ボーイズ南関東選抜でもクリーンナップを打っていましたが、各世代で打線の中心に座っていた打者だけに進路が話題になっていたのも不思議ではありません。

同じく左の強打者として注目の谷口晃介選手は習志野に進路を決めましたから、千葉の覇権争いは今後も激しくなりそうですね…!

Sponsored Link

専大松戸・綱取大晃はホームランも期待の長距離砲

抜群の長打力

専大松戸でも活躍への期待が高まる綱取大晃選手ですが、長打力の高さに注目です。

身長170cm・体重75kgのどっしりとした体格から、鋭い打球を連発するバッティングは見もの。

センターから逆方向にも飛距離が出せますし、専大松戸でも即戦力として期待できるだけの実力を秘めた左打者と言えるでしょう。

力任せなスイングではなく上手く打球に角度をつけられるバットの出し方も天性のものを感じさせますから、高校でもホームランの量産には期待したいですね…!

コンタクト能力の高さも

長打力はもとより、綱取大晃選手はコンタクト能力の高さも際立ちます。

ファーストスイングからしっかりと捕らえることが出来るため、打ち損じが少なく打率も残せる打者なんですよね…!

変化球への対応などは高校でさらに磨かれるでしょうし、左スラッガーとして全国の高校野球ファンを沸かせてくれるのではないでしょうか。

同世代には黒須堅心選手ら巧打者が揃いますが、その中でも綱取大晃選手は主軸として打線を引っ張ってくれることに期待しています!

参考:黒須堅心(専大松戸)はセンス抜群|京葉ボーイズの逸材は攻守で魅せる

Sponsored Link

専大松戸・綱取大晃は全国区の選手になる

綱取大晃選手は専大松戸の主砲候補であることはもちろん、全国的にも有名になるだけの実力は十分に持ち合わせています。

バッティングの良さは間違いなく同世代でも上位の選手で、高校でどこまで成長を遂げるかは非常に楽しみですね!

1学年上には1年から出場していたドラフト注目の吉岡道泰選手もいますが、綱取大晃選手も早くから出場機会を掴んで経験を積んでほしいところ。

2022ドラフトでも名前が挙がる可能性は十分ですから、この先の進化からは目が離せません…!

参考:吉岡道泰(専大松戸)は打撃センスが凄い|ドラフト期待の俊足強打

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック