2022ドラフト投手

大坪廉(智弁学園)は球速に注目|高松ボーイズ出身の中学日本代表

高松ボーイズでエースとして活躍し、2020春からは智弁学園に進路を決めた大坪廉(おおつぼ れん)投手。

球速130キロを超えるノビのあるストレートと、縦に大きく割れる緩いカーブを武器にしている注目の右腕です。

中学時代は全国大会にも出場しているほか、世界少年野球大会の日本代表にも選出されたメンバーなんですよね…!

智弁学園でも成長に期待がかかる本格派右腕・大坪廉投手を特集していきましょう。

参考:智弁学園の2020新入生を特集!メンバーは投打に注目選手が勢揃い

大坪廉は出身の高松ボーイズで中学日本代表

エースで最優秀選手を獲得

右投げ右打ちの大坪廉投手は中学時代、硬式野球チームの高松ボーイズに所属していました。

中学3年時にはエースとしてチームを引っ張り、打線の中軸でも活躍を見せるなど、全国大会出場に大きく貢献していた選手の一人です。

2019春の中四国春季大会決勝・広島廿日市ボーイズ戦では最終回に同点打を放ち、高松ボーイズの優勝に貢献。

同大会では投手でも1回戦で完封、準決勝は先発で3回を無失点に抑えるなどの大活躍で、最優秀選手にも選ばれていましたね!

同じく高松ボーイズで主力だった俊足巧打の大谷哉斗選手も智弁学園に進路を決めており、二人は高校でもハイレベルなプレーを見せてくれそうです。

日本代表も経験

高松ボーイズを全国出場に導いた実力が評価され、イタリアで行われた世界少年野球大会の日本代表にも選出されていた大坪廉投手。

本戦では準決勝でも登板を果たすなど、主力投手の一人として活躍を見せていましたね。

ちなみに中学時代の日本代表で共にプレーした北村泰都選手とは、智弁学園でもチームメイトになります。

高校でも互いに刺激を与え合って、レギュラー奪取に邁進してほしいですね!

参考:北村泰都(智弁学園)は将来性抜群|枚方ボーイズでは中学日本代表

Sponsored Link

智弁学園・大坪廉は球速に注目の本格派

智弁学園でも活躍が楽しみな大坪廉投手ですが、大きな武器なっているのは力のあるストレートです。

球速は中学時代ですでに130キロ台中盤をマークしており、打者が差し込まれる場面も多く見られました。

低めのボールもかなり伸びてくるため、見逃し三振も非常に多い投手ですね!

コーナーにしっかり投げ分けるコントロールも持ち合わせていますし、特に右打者のアウトローへの制球力が高い点も大坪廉投手の強みと言えるでしょう。

やや細身な体格も高校でのトレーニングによって大きくなるでしょうから、球速・球質を磨いて1学年上の小畠一心投手らと強力な投手陣を形成してほしいところです!

参考:小畠一心(智弁学園)は球速に注目|ドラフト期待の右腕は二刀流

Sponsored Link

智弁学園・大坪廉は変化球での緩急も魅力

最速130キロ超のストレートだけでなく、大坪廉投手は変化球を使った緩急でも打者を翻弄していきます。

主な球種としてはスライダーとカーブの二種類を多投していますが、緩いカーブは特に、打者の打ち気をそらすために非常に有効なボールとなっています。

球速があり緩い変化球も使えるだけに、もう1つ縦の変化球が加わってくると本当に手が付けられない投手になってきそうですね…!

野茂ジャパンにも選出された期待の強肩捕手・角田蒼汰選手とはバッテリーで活躍する日が本当に楽しみです!

参考:角田蒼汰(智弁学園)は強肩に注目|中学日本代表の捕手は高校でも全国区に

Sponsored Link

大坪廉は智弁学園のエース候補として期待

中学時代は高松ボーイズで全国大会も経験し、日本代表として世界の舞台でも活躍を見せていた大坪廉投手。

高松ボーイズでクリーンナップを打っていた打力も含め、ポテンシャルは申し分ないだけに、智弁学園でどこまで成長を遂げるかは非常に楽しみです。

次期エース候補に挙がる投手であることは間違いありませんから、早くからマウンドを経験してほしいですね。

酒井優夢選手をはじめ同世代には優れた打力を誇る選手が揃いますし、守備の面で軸となってチームを支えるピッチングには大いに期待しています!

参考:酒井優夢(智弁学園)は強打に注目|中学日本代表は橿原ボーイズの主軸

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック