2022注目の投手

吉田雄亮(慶應義塾)は中学日本代表|緩急自在の左腕は球速も急成長

横浜中ボーイズの主戦で活躍し、2020春からは名門・慶応義塾に進路を決めた吉田雄亮(よしだ ゆうすけ)投手。

球速130キロ台のストレートと切れ味鋭い変化球を武器にする、左の本格派として注目されています。

中学時代は横浜中ボーイズのエースを務め、野茂ジャパンで日本代表にも選出された逸材ですね!

慶應義塾でもエース候補として期待が高まる、吉田雄亮投手を特集していきましょう。

吉田雄亮は横浜中ボーイズで進路が話題の注目選手

南関東選抜を経験

左投げ左打ちの吉田雄亮投手は横浜市立富岡中学の出身で、中学時代は硬式野球チームの横浜中ボーイズに所属していました。

中学2年の春から本格的に試合経験を積み、3年時にはエースを務めるなど主力で活躍をしていましたね。

全国大会出場など目立った成績こそなかったものの、横浜中ボーイズでの活躍が評価された吉田雄亮投手はボーイズの南関東選抜にも選出。

南関東選抜でも八千代ボーイズで活躍した習志野・鈴木颯太投手らと共に、チームの中心で活躍していました。

習志野も同じ関東の強豪ですから、関東大会などでの激突も非常に楽しみですね!

野茂ジャパンで日本代表

横浜中ボーイズのエースで活躍していた吉田雄亮投手は、野茂ジャパンの日本代表メンバーにも選出されました。

野茂ジャパンでは世代屈指の強打者として注目されている大阪桐蔭・海老根優大選手らともチームメイトで、共に主力で活躍をしていましたね!

日本代表選出のきっかけは、海老根優大選手が中学で所属していた京葉ボーイズとの試合で、吉田雄亮投手が3回を無失点に抑えたことだったんだとか。

またインタビューでは、海老根優大選手に投球を褒められたことが大きな自信につながった、という旨の発言も。

吉田雄亮投手がライバル視している相手は全国屈指の強豪・大阪桐蔭に進路をとっていますから、甲子園の舞台での対戦もぜひ見てみたいですね!

Sponsored Link

慶應義塾・吉田雄亮は球速が急成長

慶應義塾でも活躍が楽しみな吉田雄亮投手ですが、大きな武器になっているのは抜群のキレを見せているストレートです。

球速130キロ台の真っ直ぐはキレがあり、打者をグイグイ差し込んでいくピッチングでは球速以上のスピードを感じさせます。

ちなみに吉田雄亮投手の球速が伸びたのは中学2年の冬に筋トレをトレーニングに取り入れてからだそうで、下半身の強化に力を入れてから球速が10キロ以上アップしているんですよね…!

身長178cm・体重68kgと体格的にも伸びしろは十分ですし、高校で身体ができてくれば球速もさらに増してくるでしょう。

質の高いボールが投げられる左腕ですから、今後球速140キロを超えてくるとより攻略が難しい投手になることは間違いありません。

注目捕手の宮原慶太郎選手とのバッテリーはぜひ早い段階で観てみたいものです…!

参考:宮原慶太郎(慶應義塾)は中学日本代表|即戦力の逸材は世界一も経験

Sponsored Link

慶應義塾・吉田雄亮は変化球にも注目

中学3年時に球速で急成長を見せている一方で、切れ味鋭い変化球にも定評のある吉田雄亮投手。

球種の中でもカーブは特に素晴らしく、ブレーキの利いた落差のあるボールは一級品といえます。

緩急を操るピッチングは高校でも大きな武器になってくるでしょうし、吉田雄亮投手にはストレートとのコンビネーションで凡打の山を築いてほしいですね!

ずば抜けた守備範囲の広さを誇る外野手の村岡龍選手もチームメイトになりますし、慶應義塾は守備力にも大いに注目していきましょう。

参考:村岡龍(慶應義塾)は俊足巧打|世田谷西シニアで中学日本代表も経験

Sponsored Link

吉田雄亮は慶應義塾でもエース候補で期待

中学時代は野茂ジャパンで日本代表を経験するなど、吉田雄亮投手は慶応義塾でもエース候補として注目されています。

やや細身の体格がこれからどこまで大きくなるのか、進化を遂げてくれることに期待しています…!

言うまでもなく神奈川は全国屈指の激戦区ですが、同世代では吉野太陽選手をはじめ打力のあるバッターが揃います。

それゆえに投手を中心とした守備がどこまで失点を抑えられるかが躍進のキーポイント。

吉田雄亮投手はその筆頭となる投手だけに、大きな投手に成長してほしいですね!

参考:吉野太陽(慶應義塾)の強打に注目|中学は佐倉シニアでセンス抜群

2020ドラフト候補の逸材もチェック!
全国の注目選手はコチラ
2020新入生も超ハイレベル!
全国の注目選手をチェック